中庭の工事 藤井寺の家

藤井寺の家、中庭の植栽が入りました。
いつもそうですが、現地の風景が植栽を入るとがらんと変わります。

この庭は昨年完成した親世帯と今回の子世帯が集う庭になります。
なるべき平屋の建物が影になりすぎないように今回の建物を配置させ程よい幅の庭になってます。

どちらも向い合うようにしてデッキがあり、違う角度から同じ庭を眺めるようになっていて、真中には奥の自転車置き場へのアプローチがあります。

この中庭は 水刷けを良く するために少し土を盛り上げていて、少しアップダウンさせることで自然の雰囲気になるようなアプローチになっています。

先代が集めた多くの石は親世代の時には北の和室の足元に並べたのですが、まだまだ残っていて、今回土留めとしても利用したガビオンの中へ敷き並べました。

庭師さんは石が丸いので見栄えがしないと言ってましたが、私にはあんまりわからずいい感じでした。

庭師さん、いつも一個一個石の向きを気にしてるのですが、私にはわからないこだわりがあります。(笑)そういうこだわりがあって石がキレイにみえるのだと思います。

今回の子世帯の住まいから中庭の方角は北になるのですが、北庭は順光になるのでキレイで少し心地よい暗さの北の室内からだと庭が際だって明るく見えます。
室内を土の壁・天井で包み込んだのも庭が引き立つためでもあるのですが・・・
お施主さんにしっかりとお伝えできてないこともあったかなと反省しています。

今回の軒は平屋の時と違って水平の軒にしています。また違った見え方のするのもいいかなと思って。ヒノキの板がとてもマッチしてるかなと思います。

今週末22日(土)23(日)に完成見学会があります。
室内はまだ完全に終わってないので写真をUPできないのですが・・・
お庭を見るだけでも面白いです。
お時間ありましたら是非ご参加ください。