木を選ぶ

登り梁・垂木の製材の写真を送ってくれました。

今回西宮の家では、LDKの室内に登り梁幅60mm高さ150mmが455mm間隔で化粧として見えてきます。

部屋の天井をすっきりと見えるように、登り梁には節の少ない木を製材側にお願いしています。

その製材過程は
節の多少を気にしない、意匠的に見えてこない下地材(一等材)とは全く違うのです。

ちょっと登り梁の製材写真で見てみると、
まずは、幅60mm高さ150mmの登り梁なのに、これだけ大きな丸太から取っていくことにびっくり。
とても贅沢な感じがします。
丸太の断面を見てみると、かなり目が詰まっていて(年輪と年輪の間が狭い)年輪を数えてみると60個つまり約60~70年生だとわかりました。
戦後すぐに植えられた木がこうして今回の家づくりに使うことになるのですが、よーく考えるとすごいことだなと思います。
2
目が詰まってるということは一年に育つ量が小さいということなのですが、家づくりに使う木としては、時間をかけた目が詰まった木を使う方が強度も高いのです。
丸太の大きさで強度の大小が決まるわけではなく、育った年数の方が関係深いです。
225
25
木に枝があるように、当然のように家づくりに使う木にも節があるのですが、木取りによって節の少ないキレイな材を得ることができるのです。
どこまで削れば節がでるのか想定しながら、丸太の外側から徐々に加工していくのです。まさしく職人技。
26
写真のとおり、節がでてきてない、おみごとです。
60×150の大きさに整形し、表面をキレイにして登り梁の完了です。
残った材は節の具合にもよりますが、家の表面に見えてこない梁や柱、その他下地材などに使われるそうです。
贅沢に木取りをしても、残った丸太を無駄なく利用することも大事で、下地材も同じ木からとれたものを同じ家に使うほうがいいのです。
30
並べて見ると、かなりきれいです。
上棟するのが待ち遠しいです。

この材は写真で見る方向には節がないですが、反対側には節があるのです。
部屋からよく見えるところだけを狙ってきれいな面の木を見せるようにしてます。
11793751_869229209825074_1284823693_o

このように、木をどのように見せるかによって製材の仕方は変わってくるのです。
そして、見てもらった通り、キレイな木に仕上げるにはそれなりの手間が掛ってきます。
ということは節の大小を選ばない一等材とくらべて少々コストも掛ります。

そのため、木においても「適材適所」、木のどこを見せてどこを隠すかメリハリをつけることが肝心だと思います。
今回のこの登り梁、垂木も節の少ないところを利用することで、割れにくいという機能性に加え、見た目もきれい。
その代りに、見えないところの柱、梁にはコストダウンを図り機能面だけを優先し節の多少、強度に支障のない割れは気にしない。

見えてくる登り梁一つに対しても、全部の面に節のないものではなく、一面だけとかそういう頼み方をすることで過剰にならないようにする。

木をどのように見せるか「意匠性」を高めることは大事で、それはあくまでも、見た目だけでなく、機能性を兼ね備えたものであること。
意匠性を追及することで、製材側の努力は活かされ、より家の価値は高まるのだと思っています。

木の見せ方をより良くすることは、設計者だけでできることでもなく、製材側とのお互いの取組を理解し、協力がなければできないことだと思います。
また、顔の見える「国産の木を使った家づくり」だからこそできる唯一のことです。

この過程を知ってもらい、できれば見てもらえれば、完成した時に木の家づくりの面白さ、木に対する愛着はより一層わいてくると思います。