鋸目仕上げ

木を室内や外に張る場合サンダーや超仕上げ(専門用語なのでわからないですよね)をして、表面をつるっとしさせてできるだけきれいに見えるようにするのですが、

最近の私の流行りはあえて鋸目(のこめ)を残す仕上げがいいなと思っています。
あえてって何って感じですが、あえて粗くする感じです。

室内において土壁同様に粒感が好きで、つるっとしたものよりも、粗い感じの雰囲気すきなんですよ。

写真みてもわかりずらい。アップにすると何となくわかるくらいなんですが・・・
全体仕上がったらもっとよくわかるかな。今から楽しみです。

何かすべてがきれいにぴかぴかつるつるっとしてるのが苦手なんです。(これはあくまでも私の趣味ですので・・・)

私の人間性によるものかなと。
何か完璧な雰囲気よりもすこしぬけた感じがすきというか、その方が落ち着くような気がするんです。

土もそうですが、昼にはふつうに明るくなって夜になると影が深く落ち着くんですよ。

話それましたが、少し粗いとか、少しぼてっとした雰囲気とか何か逃げ場というかどんくさい部分もあれば心なごむ感じがするのですが・・・

これあんまり共感してもらえないかも(笑)
でも板の仕上がりはかっこいいです。

カテゴリー: BLOG