寝室の大きさについて

以前にも寝室についてブログを書いたことがあるのですが、その際は「寝るためには落ち着く空間にする」などを書きましたが、今回は大きさについて書いてみたいと思います。

現在取り組んでいる住まいで、
家族が集うLDKをできるだけ充実させるために、他の部屋を必要最小限のスペースとし、メリハリを付ける計画をしています。

そのため、一つひとつの部屋の用途を掘り下げて明確にしスペースを確保するように計画しています。

そもそも寝室とは・・・
何をするための部屋なのでしょうか・・・

奥様においては寝るぎりぎりまではLDKにいるか、家事をしているか、旦那さんにおいてもリビングかダイニングにいるか。
寝室にいる時といえば寝るとき以外はあんまりいないような・・・
子供室だと勉強など籠ることはあっても、寝室は起きてるときにはあまりいないかもしれません。

そのため、子供室と違って、ベットだけ置ければ充分かもしれません。 今回、服などは、2階にあるLDKの一部にあるウォーキングクローゼットにまとめ収納し、着替えもそこでするように計画したので、寝室には服収納もいらない。 ですので、ベットの置けるスペースを寝室の最小スペースとして大きさを検討しました。

シングルベットを二つ置く。
幅980mm×丈1950mmが2つなので、最小スペースとしては1960mm×1950mm
ダブルベットを置く。
1400mm×1950mm
クイーン(高級ホテルのスイートルームでも使用される。夫婦ひとりひとりのスペースが確保できるサイズ)
1600mm×1950mm
キングサイズ 
クイーンよりもさらにゆったりで夫婦に子供1人いてもゆったりできるサイズ 1800mm×1950mm 小さいお子さんがいるところはお子さんと一緒に寝るのでこのサイズが欲しいですね。

セミダブル1200×1950mmをふたつおいて距離をあけて寝る場合も多いかもしれません。

ベットの大きさや数によって部屋の大きさを決定すると効率の良いスペース取りができるかなと思います。

今回はキングサイズのベットを置けるスペースを確保し、マットレスを利用するのでその部分だけ25センチ段差をつけて造り付けベットのようにしています。あと、入口からアクセスできるスペースと少々収納できるスペースを確保しています。計4畳強くらいの大きさです。なかなかいいサイズです。
無駄に8帖を確保することを考えればその半分のサイズ。

寝室はむしろ籠れる空間の方がいいので、いいスペースかなと思っています。
目覚ましとか、その他いろいろ置くものはこれからお施主さんと話して棚類はつけていきたいと思います。どこまで最小限にして快適な空間にできるか・・・

今回はベット(マットレス)を置く想定の話なので、畳の場合はまた書きたいとと思います。・・・布団をなおせるスペースとかいるとか。