雰囲気のある壁はざらざらがいい

私の好みですが、つるっとしたペンキやクロスの壁よりはざらざらした粒感のある壁の方が好みです。

日本の昔の家の壁は土壁が多く、古臭く感じるかもしれませんが。

陶磁器を飾った時の背景は土壁や砂漆喰などのさらざらした背景だととても雰囲気あるものになります。
器に挿された葉の緑と鮮やかな花色を引き立たせるのは土ではないかと思います。
凛とした静の表情が癒されます。

ブログを書きながらちょっと話したいことがかわってきたのですが・・・
なぜ土壁を仕上げに使うのかというと、土が好きだからというよりは自然の色のものを使いたいからです。

特にこうして、植物や木などを並べるとそれはよくわかります。
自然の色に勝る色はないかなと思っています。

土壁に色粉を混ぜて色んな色を造ることもできるのですが、それはせず、
少し高価ですが赤土や浅葱土などを混ぜて使ってます。
色を着色すると、微妙に色あせるので何色だろうとちょっと違和感を感じます。

既調合のメーカーのいろんな塗り壁の色のものも使ってきましたが、やっぱり余計なものが入ってない土壁が一番しっくりきます。

前に土壁と土壁と同じ色の珪藻土を同じ家で使い分けたことがあるのですが、私は何も言わずお客さんの反応を見ていたのですが、みなさん「こっちの壁の色の方がいいですね」と仰ってました。

私だけの感覚ではないと確信しました。
人はより自然に近いものを選ぶのだと思います。

木においても素地で経年変化による色に勝るものはないと思ってます。
その他革とかも同じじゃないかなと思います。

タイトルとはちょっと主旨が変わってきましたが、
人も自然のいきものなので、自然のものに落ち着きを感じるのだと思う。
なんか月並みな話になってしまったような・・・

昨日お施主さんとカバンについて話していたのですが、
「綿はすぐ色あせるのでナイロンのほうがいいかな」と相談させてもらったのですが、「やっぱり長く使おうと思うと綿のような自然素材であじを楽しむ」
と話してもらったことが心に残りました。

家もそうなのかなとか。

最近、歳のせいか人の話は何でも吸収し「あ、それもありだなと」少しキャパが広がる方へと思っていたのですが・・・こだわりも大事なのかなと・・・
こだわりと意固地は紙一重(笑)

何が正解かはまだよくわかってませんが・・・
支離滅裂なブログでした。

 いよいよ本体の基礎工事へ 枚方の家

24坪の家、よう壁工事で約1か月掛り、いよいよ建物の基礎へと進んでいます。

隣地さんとの取り合いのよう壁工事が終わったこともあり少しほっとしていますが、続いては正面のよう壁兼建物の基礎がまた深く掘る工事になります。

土がもうどれくらい漉きとったかわからないくらいです。4tで30台近くかな。
いよいよ、棟上げに向けて進んでいます。

よう壁の表面に見える仕上げはコンクリート流し込んで型枠をはずしたままの状態「コンクリート打ちっ放し」仕様にしてるのですが、
でたとこ勝負ですが、なかなかキレイに仕上がってるように思います。
上からモルタルを塗ってきれいに仕上げる方法もありますが、よりシンプルで仕事の跡が見える少し露骨な仕上げがいいと思い選択しています。

ここは地盤調査の結果、支持地盤までは深くNGがでたので、地盤改良としてコンクリート杭を採用しています。

資料請求フォームの不具合を直しました。

ホームページから資料請求ができないとお電話頂き、確認したところ不具合がみつかりました。
自らホームページを作成していて、専門分野ではないので、短時間で原因判明がはっきりとはわかっていないですが、応急措置はしましたので、ホームページから資料請求できるようになっています。

ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。

早々に完全に直したいと思います。
問い合わせフォームのプラグインの設定で、ドメイン名のメールを設定しないといけないのですが、ドメインとサーバーが別会社で契約しているため、ドメイン名のメールを作り方がわからず、Gmail設定にしているためではないかと思っているのですが・・・

ドメインとサーバー別会社でのドメイン名のメールの作り方わかる方いたら教えてください(笑)

カテゴリー: BLOG

24坪の家 枚方市 の取組み

現在取り組んでいる枚方市の24坪の家の図面がほぼ完成しました。

今回の取り組みを少しご紹介したいと思います。
比較的都会である大阪府枚方市の閑静な住宅街の一角の38坪の敷地です。

北一方が道路に面していて、三方は住まいに囲まれている閉鎖的な土地で、こまったことに、道路と敷地との高低差が約2mあり、駐車場を設ける必要があるため、隣地側と正面にはよう壁工事が必要になってきます。

全体を考慮すると、できるだけ隣地に近いところによう壁を設ける必要があり、地中の基礎を考えると3m近く掘るよう壁工事を隣地に干渉なく施工するにはなかなか難易度が高いです。想定していた予算よりも大幅に嵩みました。

今工事の状況をみると、費用がかかるのはわかるくらい難しく手間のかかる工事でした。


土地を購入する際には不動産屋さんがあまりよう壁のことは触れないケースが多いので、高低差のある敷地を購入する場合は建築士に相談することをお勧めします。

さて、よう壁ですが、
駐車場のためのよう壁をぐるりと三方作るといった通常のやり方だと、
建物も小さくなる
よう壁のコストも増す

そのため今回は、
正面は建物の基礎とよう壁を兼ねた深基礎とすることで建物の奥行きを確保しました。
もう一方の側面側はよう壁を造らず30度以下の勾配の法面としました。
この面はアプローチを兼ねてることもあり、坂を登って玄関へとアクセスするようなちょっと面白いものになればと思っています。

お子さん2人計4人の家族の住まいで、できるだけ家族が集うLDKを広くとることを優先し、他はぎりぎりの寸法を確保し計画しました。

2階にLDKを設け、ワンルームのように開放的な空間とし、1階に寝室、こども室、水廻りを押し込みました。

寝室は3帖で小さいが、クイーンサイズのベットのように段差を設け、マットレスが置けるようにし、寝る以外のものは一切ない空間としました。ベットサイズで考えると広いので、寝室で寝るだけと考えるとベットさえあれば十分ではないかと思う。この空間はとても見どころかと思います。

子供室においては、二人で8畳くらい。
余白さえももったいないので、寝室同様、シングルベットも造り付けとし、それ以外の机も引き出しのあるカウンターを造り付けで設けるようにしました。その他収納も付属させているので用途しては充分なものになっています。 

2階の一部に3畳強のウォークインクローゼットを設けてここに服などを効率よく収納できればいいかなと思っています。

限られたスペースの中に、唯一ゆとりのスペースとしてバルコニーを設け花壇を付属させることで、外との自然のつながりを持たせ、広がりのある空間にしました。

図面がほぼ完成し、いい空間になることは浮かんではきてますので、今から完成までとても楽しみです。

お施主様がアパレルにお勤めであり、デザインなどに敏感で照明の球の大きさ・形、扉の取っ手、コンセントのプレートなど細部まで意識を持ってくれているため打ち合わせをしていても面白く、趣味の良いいい家になるのではと思っています。

家づくりはお施主さんとの共同作業ですので、お金では買えないお施主さんが持っているデザイン面のポテンシャルが引き立つ家になればと思っています。


あえて繋げない

設計するにあたって悩んだところなどを少し残していこうと思っています。
今回は少し微妙にわかりづらく表現しにくいことなのですが・・・

藤井寺の家の見学会で、プロの方から質問もあったことでもあるのですが・・・

庭に面する窓の話で、
写真をみてもらうと、窓には少し小壁(垂れ壁)がありその外に軒があります。

この垂れ壁を設けず、軒とつなげると中と外の一体感と広がりが生まれます。
設計の方なら図面を書いてるとつなげたくなりますよね?

庭への見え方と室内を広く見せるにはつなげて連続性を出した方がいいのですが。
今回あえてた垂れ壁を設けています。

なぜかというと、ダイニングキッチンを土で覆い包み込むことで落ち着きを出したかったからです。
垂れ壁によって影ができ、明る過ぎない心地よいこもりが作れています。

わかりにくいですか?
木陰にいる心地よさといえばわかりやすいでしょうか。

あと、軒は外部ですので、軒の天井を室内と同じ土壁ですると雨が気になるのでほかの素材を選ぶことになり、
垂れ壁をなくして天井を連続させても色や素材が全く違うと一体感は生まれません。

この2点を考慮し垂れ壁を設ける選択としました。


たかが10センチくらいの垂れ壁なのですが、室内の雰囲気は変わります。

このリビングダイニングは北に位置しており皆様ご存じのとおり直射日光は入らず天空光の明かりのみになります。
あえてこの空間を白の壁天井とせず、色のある浅葱の土壁にすることで「静」の落ち着いた空間としています。それを最大限引き出すために垂れ壁を設けてます。

素材を好みで選ぶというよりは、 空間の雰囲気を作るにあたって 素材・色味、大きさは自ずと決まってきます。

親世帯の和室の土壁の部屋を見るとなんとなく土の部屋の「静」の落ち着きの意味がわかるかなと思います。


室内から庭を見るための軒

ブログのネタがかなり溜まっていて、頻繁に書きたいのですが、図面に追われる日々で・・・
もっとシビヤに仕事に向き合えば書けるのでいいわけですが。

忘れないうちに書きたいことを・・・

藤井寺の家において、親世帯、子世帯の共有の中庭があるのですが。
庭をより眺めやすくするために、それぞれ縁(デッキ)があり濡れないように軒を深く伸ばしているのですが。

室内から庭を眺めるにあたって当然軒も見えてくるのですが、間延びしないように切り取り美しく見えるように軒の高さをきめています。

親世帯においては、昔の日本家屋によく見る桁の上に垂木が架かった勾配天井にしています。何か前の家の趣を出したかったことと室内の垂木と連続させたかったこともありそうしました。

今回子世帯の家において、親世帯と同じように中庭の見え方をするのは何かと味気なく面白味もなく、世代も違うことから変化させることにしました。

このあたりのことをお施主さんへ説明し理解してもらうのは抽象的な表現になってしまうので、難しく完成して気に入ってもらえることを確信しあまり話していませんでした。 (確信はしてません、ヒヤヒヤでした・・・)

結局どうしたかというと、限りなくすっきりと見えるように桁・垂木を消して水平ラインを強調させた軒としました。

親世帯とまた違った庭の眺めになっていて、よりすっきりと庭が眺めれるようになっています。

柱においては、できるだけ存在が薄く、その上お子様が抱えれる丸の鉄を使うことにしました。(おそらくお施主様は工事途中にこの柱はなんだ?と不安を抱いたことだろうと思います)

完成しお子様が登り棒のように遊んでくれていたのでよかったです。

室内で見えてくる柱に八角形を使うことが多いのですが、それはデザインとかではなく、小さなお子様は柱などがとても好きで、抱きかかえる姿をよく目にしてましたので、できるだけ抱えやすくするために面を取ったら八角形になったという感じです。


また、デッキにおいても小世帯の方は親世帯よりも高さを高く設定しています。
それは室内の一部として室内から利用しやすいようにするためで、より走り回れる環境になればと思い高さを決めました。
外用としてのデッキの高さに設定すると、お子様が靴を履いてからデッキを利用することになるのでなかなか利用しにくい。(靴のままデッキにのることも避けたかったこともあります)

靴を履いて庭で遊んでからデッキに座るのか。
室内から気軽にデッキに出て庭で遊ぶのか。

デッキの高さによって行動パターンがことなるのです。

庭と室内をより身近なものとし、外へ遊びたくなるのは室内から利用しやすくした方がいいのではないかと思い室内に合わせたデッキになっています。

親世帯の方は庭に腰掛けれる高さにデッキがなっているため、皆さんで外でバーべキューなどをしてると、気軽にすわれるので庭からのアクションとしては親世帯の方が使いやすいです。

同じ敷地に2棟建てることを利用してデッキの高さを変えたり、軒の見え方を変えることで、2倍楽しめるのではないかと考えました。

それがうまくはまったのではないかと思います。
お施主様にはわかりにくく、説明下手な私ですが、暮らしてみてなんとなく理解してもらえたら嬉しいです。

庭の植栽の話はまた別の時に書きますが、庭の植栽も庭師さんに親世帯と子世帯の植栽は「統一感を考えた上で樹種や雰囲気は変えてほしいと」お願いしました。一見矛盾した話ですがとてもよく表現できているように思います。
お施主さんにも何となく届いているようにも思います。

事務所兼住宅進行中 堺市

なにかと用途が多く、敷地建ペイ率ぎりぎり一杯になんとかおさまることができました。

それでもお施主さんも新築時にはだいぶものを処分することになるので、何かと大変かと思いますが、いい機会になったらいいなと思います。

お子様3人なのですが、今回は小学生、中学生、高校生と少し大きなお子様で、ラガーマン一家で、多校からスカウトが来てるみたいで・・・
脚のサイズが30センチ。ですので下駄箱はいつもよりも大きくしないと・・・

私も昔はよくラグビーの試合を見ていたので、話を聞くのが面白いです。
(姉の旦那さまが花園に出たこともあり私も見に行ってました)

明日打ち合わせなのですが、1階の一部が事務所、アトリエ、住まいの水廻り、寝室2階にはワンフロアーのLDKと子供部屋の構成で、できるだけ圧迫感がなく、広く感じる建物になればと思っています。

部屋数が多いので、大きな総二階となってしまったのですが、外観を少しすっきり見えるように今検討中です。

打ちあわせ一日前にいつもあれやこれやとバタバタと急いで準備しているのですが・・・

なんとか準備はできました。

今回もまた準防火地域ということもあり、軒は包む予定ことになります。
2階はワンフロアーぽい感じになるのですが、空間が間延びしないように、空間ごとに勾配天井を変化させるようにしています。

そこが今回の楽しみのポイントかなと思います。
まだまだこれからなので、打ち合わせを重ね進めていきたいと思います。

今日は祝日で現場は止まっていますが、枚方の現場見に行ってきました。
電車に揺られ、駅から少し遠回りしながら町並みを眺めながら現場まで行ってきました。

とても穏やかな地域で、小さなお子さんの声があちらこちらから聞こえて、暮らしやすいのではと思いました。

私にとって、先月藤井寺の家が完了し、また次の現場ということになるのですが、お施主様にとっては一生に一度の大きな買い物。

軽い気持ちにならないように、できるだけお施主さんのその想いを浴びるように感じたいと思っています。

今日現地に行ったのも、工事が始まったことを肌で感じたくいきました。
事務所に帰りまた、図面を見直して(まだ詳細図面は完了してませんが・・・)身を引き締めました。

お施主さんと陶器や照明などを一緒に見に行ったりして、自分の引き出し以上の趣味趣向を取り入れることができ、 お施主さんから学ぶことはとても大きいです。

今の私の蓄積は今までのお施主様のおかげだと思ってます。

私のできる限りのことをして、お施主さんをちゃんと直視でき、お施主さんとずっと共に笑って家に遊びに行ったり、食事をしたりつながりを持てたら幸いだなと思っています。

そのためにもしっかりとさらに力を注ぎたいと思います。


カテゴリー: BLOG

24坪の家工事スタート 枚方市

いよいよ枚方市で新築工事が始まりました。

敷地と道路に高低差があることによって、
駐車場を造るための擁壁工事が必要になり、敷地の状況からして隣地からそれほど距離をとれない。
また、擁壁をした上で、少し距離をとって建物を建てるスペースも難しい。
この二つの問題点と宅地造成規制法がからんでくるので、なるべく、負担のかからない方法で検討し隣地側の擁壁はH鋼を利用しある程度自重のある逆L型のものとし、建物側は擁壁の上に建物を載せるいわば深基礎?高基礎とすることにしました。

構造屋さんと打ちあわせを重ね仕様を決定し、当初予算取りしていた擁壁の費用よりも膨らんでしまいましたが、何とか工事ができるまでにきました。

残念なことに地盤調査の結果、杭を打つことも必要になりましたが、建物において妥協できる個所ではないのでしっかりとした仕様で取り組むようにと思います。

この敷地の問題点はもう一つ。
道路に面して水路があり(建物を建てるにあたって道路に2m以上接道しないといけない)このままでは道路と敷地が接道していないため建物がたてれない。
接道のための水路使用許可が必要で、通常建築基準法43条の但し書きによる許可(例外的適応)を受けなければいけないのですが・・・

今回は水路の幅が1m以下であったため、43条許可はいらず、水路を所有している枚方市上下水課に使用許可(法定外公共物使用等許可)を取ることで接道できました。

しかし、水路に設けるグレーチングは水路に支障がないようにすることが命じられたのですが、支障という言葉の見解がなかなか曖昧で・・・

水路に一切干渉しないでグレーチングを敷くということなのですが・・・一切触れないで道路と敷地で浮かしてグレーチングを施工するって・・・
むずかしい・・・

たかがグレーチングがされどグレーチングになってしまいました。
水路所有の水道課と施工方法も渋々まとまって、使用許可が無事受理されました。

こうして手間がかかる敷地になってしまったのですが、この敷地だからこそ

少し高台にある
建物までのアプローチがおもしろい
などのメリットもあるので、最終この敷地でよかったとなるように励みたいと思います。

建物をどこに配置させるか 藤井寺の家

藤井寺の家、親世帯、子世帯の2棟が完成しました。
2年半にも及ぶ計画だったのですが・・・取り組んだことを少し記録としてブログに書きとめておこうと思います。項目にわけて思いついた順にラフに何回かにわけて書きたいと思います。

まずは、最初に訪問した時の写真ですが
懐かしい・・・

これから敷地内にある母屋と増築した平屋、3つの家を解体しました。
庭もお手入れがしにくいものはすべて撤去しました。
また庭の話も書きたいと思いますが後日。
解体工事だけでも結構な規模でした・・・

敷地の中にどこに建物を配置させるのか・・・
当初から2棟建れるようにと聞いていましたので、建物の配置をどこに並べて設定するのかでまず悩みました。

この敷地は準防火地域で、敷地から3m(2階は5m)の以内の範囲(延焼の恐れがある範囲)には木製の建具や大きめの開口は設けることができません。
その上、範囲内での木の利用も制限されてきます。

開放的な庭の計画も考えていたこの敷地で窓が小さく風情ある木製建具を使えないのはちょっと厳しい。
以前住んでいた古民家のような趣のある家にするために木を制限されるも厳しい。

親世代の家においては東西南北延焼の制限がかからないように、四方とも敷地境界から最低3m(軒の含めて)は離しました。
2階建てにすると、5mの延焼ラインになるため敷地境界から5m離すと、 子世帯の家の配置が大きな木製のもの使えない位置になるので、2棟を考慮して、親世帯の平屋した方がいいかなとこの時感じました。
終の棲家として、平屋にする方がいいなと最初から思っていたので・・・
後押しのキッカケになったかなと思います。

子世帯の家においても、親世帯との共通の庭である中庭には大きめの木製建具を使いたいので、子世帯の中庭側(北側)のせめて1階くらいは延焼ラインがかかないように敷地から3m以上離す形で中庭の奥行きを確保しました。

また子世帯においては中庭は北になるので、南からの光を少しあてにしたいのと、南側の隣地と近すぎるのも厳しい。

そのため、南を多少確保し中庭との距離感を考え、微妙な配置をしました。

一つの敷地には一つの住まいしか建てることができませんので、敷地を区画し、それぞれの敷地として建物を配置させます。
先ほどから話している通り、延焼の範囲をうまく越せるように、この敷地の2つの区画と2つの建物配置はずいぶん悩みました。

結果、親世帯の家の南開口部、子世帯の家の北開口部は木製の開放的なものを使え、室内から眺めのもお互いが向い合うように中庭ができました。

親世帯の家から中庭の眺め
子世帯の家からの中庭の眺め

また間取りのことは別のブログで触れたいと思いますが、親世帯と子世帯の向かい合う窓は少しずらすようにしました。そして庭師さんに植栽で少し目線をほどよく切ってほしいとお話をしました。
庭師さんとは古くからの付き合いなので、意思疎通は容易にできたのでよかったです。

ある程度広い土地で準防火地域の制限がある場合は建物の配置は、位置によって開口部の大きさや種類、木の見せ方は変わってきますのでとても重要になってきます。

プランを始める前に最初にある程度決めておかないといけないことで、今回親世帯の計画の際に子世帯も建てることをお伝えしてもらったので実現できたことは大きいです。

藤井寺の家 子世帯

■設計主旨

建築地   大阪府藤井寺市
家族構成  ご夫婦、お子様3人
用途地域  第一種低層住居専用地域
構造規模  木造在来軸組2階建て
敷地面積  324.93㎡(98.29坪)
延床面積  99.77㎡(30.18坪)『1階56.95㎡(17.23坪)2階42.82㎡(12.95坪)』
施工 輝建設(株)
写真 今西浩文
<主な仕上げ>
構造材   三重県熊野材
造作材   三重県熊野材
床材    三重県熊野材 杉赤勝ち節有210mm幅、30mm厚 杉赤節有180mm幅
屋根    ガルバリウム鋼板縦はぜ葺き
外壁    ガルバリウム鋼板小波葺き
内壁    浅葱土中塗り仕上げ・フェザーフィール塗り・桧ピーリング
天井    浅葱土中塗り仕上げ・桧ピーリング張り