日々の設計

現在新築工事の実施図面を描いてます。
明日打ち合わせなので、必死でしたが、なんとかまとまったのでブログを書きたいと思います。
お施主様の住まいを設計するにあたって、自問自答することが多いです。
まず敷地を見たときにどこがこの敷地のポイントなのか。
メリットデメリットをどう解釈し、どのように吸収しアウトプットするのか。
プランができた後に、ほんとにこれでいいのか?
たいがい、メインとしてとらえたところに固執してしまってることが多く、本末転倒になってしまうケースも多かったりします。
そのため、プランが終わってからまた一からひっくり返すくらいの気持ちがないといけないと思ったりで、まあいいかとはいかない。

プランが固まり、実施図面を描きながらも、寝る間際に「あ、そこはこうすればよりあの部分が引き立つんじゃないか」とか開口部の高さをいまだに1100mmがいいのか1300mmがいいのか200mmの寸法で一か月くらい悩んでいたりします。
私としてはそのシビヤさこそが大切なことかなと思ったりしますが、わかりやすい答えがはやく欲しかったりします・・・なかなか正解があってないような。

自然の一部である人の生活を幾何学として数値化することってほんと難しいし毎回問題と正解が違う数学の問題を解いてる感じもします。でもそこが面白いところかなと思います。 (よくわかんない話ですいません・・・)

「人はぴったりする家に住み、文字通りの身の丈にあった暮らしをすることが大切」巨匠のコルビュジェの 言葉で、
人が手を挙げた時の高さ2.26mを基準に、人の寸法を建物の基準尺度として取り入れた方ですが、確かに気持ちいい寸法比率のような・・・

昔の和室の床の寸法なども、昔の大工さんの経験則からくる決まった比率があって、寸法通りするときれいな和室ができたりします。

床に座っている時、目線とダイニングチェアに座った時、立ってる時それぞれの目線は違っていて、それぞれのシーンで程良い高さ、程よい縦横比率はあるはずなんですよね。

開口部、屋根の勾配、天井の高さ、家具の高さ、床の高低差などなど寸法があるところは全て悩みの対象だったりします。
図面を引いたり、スケッチアップで3D確認したりで、何度も確認します。

より、考えれば考えるほどいい具合に納まってきます。
お施主さんへは直接わかりにくところなのですが・・・

それを日々悩んでるのも何かと空虚な感じもしますが、うまくはまればとても満足なことにもなります。
なんかだよくわからないブログでした。

カテゴリー: BLOG

藤井寺の家 いつもの風景

先週末に大工さんと打ち合わせをしてると、お施主さまがふらっと見学に来てくれてました。
目の前がご実家ということもあり、よく来てくれます。

建物よりも、土いじりがお好みみたいですが・・・
いつもの通り、靴ぬぎ石のあたりでスコップをもって遊んでるふたり。
寒くないんだろうか・・・

今はまだ何もない状態なのですが、今からどんどん形になっていきます。
職人さんの仕事の過程を見てもらうと、自分たちの家のつくりの中身がなんとなく理解できた感じもするし、見えなくなるところへの不安も軽減されたりします。
また、職人さんと会うことで、安心感もでてきます。
人が造ったものなので、なにかと傷や少しのミスもあるのですが、人を見てもらえることで、愛着としてとらえてもらえることにいつも助かってます。

いつもきれいな現場なので、気分がいい。
大工さんがきれいにしてくれてるおかげで、周りの職人さんも汚せないという好循環。
これを見るたびに自分の仕事廻りの環境をしっかり整えてクオリティ高い仕事をしないとなと反省します。
中間検査25日に向けて構造金物、基礎断熱を進めてます。

随時ブログをあげていくので、皆さまも過程を見て頂ければ、家づくりの楽しさがなんとなくわかってもらえるかなと思います。

リビング階段 鉄骨 藤井寺の家

明日金物屋さんと打ち合わせのため、鉄骨の階段の図面を描いています。
今回はこじんまりしたリビングの一角の階段ということもあり、できるだけ主張しすぎないすっきりとした階段にしたかったので、鉄骨階段にしました。
手摺、手摺子(支え柱)のサイズをあらかじめ図面で検討し、明日職人さんにこだわりを説明し、どこまでできるか決めていきたいと思います。

木ではサイズ感がごついなと思うところに鉄を入れるとなかなかすっきりとした表情になります。
和歌山の家ではポーチ柱には鉄を使ってます。

四日市では手摺だけ鉄でしましたが、今回は踏み板以外は鉄骨の予定です。
1階床から80㌢上がったリビングの一部にすっきりとした鉄骨階段がどんな感じに納まるか今から楽しみです。

暮らしを楽しんでもらえる家へ

藤井寺の家、入居後の見学会の告知を先日させてもらいました。
改めて、自分の想いなどを書けたらと思います。

家は暮らし始めると、どんどんその家族らしい家になっていきます。
それは施主さんだけでなく、「工事途中もどんな家ができるんだ」と少し遠めから見ていたご近所さんも、経過する日々に当たり前の風景として定着して馴染んでいってるように思います。

お施主さん宅に行くたびに、お施主さん色に染まる様が楽しみでもあります。
「飾りたくなる家」にすることは私のテーマのひとつとしており、
飾りスペースに季節ごとに変化する生ける花が、キッチン廻りにはオシャレな生活雑貨が、ふとした棚や壁にも置きものや絵が飾られ、
お施主さんの暮らしが豊かになり、楽しんでいる感じが嬉しく思います。

私も今の家の風景が当たり前のように感じつつありますが、
思い起こせば、庭木が密集し、薄暗くジメジメとしていたアプローチ、薄暗く肌寒い室内(打ち合わせ時にストーブを私の50センチくらいのところにおいてくれたことを思い出します)など生活することを楽しむというよりも、悪条件を回避することで精一杯の感じがしました。

休み無しの毎日の家事という業務を少しでも楽しんでもらえるようにと思っています。

そして、またこれからの家づくりとして私自身の色を入れ過ぎないようにお施主さんの色を引き出せるようにと思います。

カテゴリー: BLOG

藤井寺の家 完成後の暮らし&子世帯工事途中見学会のお知らせ

昨年11月に完成しました藤井寺の家、お施主さんのご厚意により、実際に暮らしているところを見学できることになりました。

完成見学会の日が台風直撃でこれなかった方、
完成時には家の雰囲気などは伝わりましたが、実際の暮らしは実際どうなのか気になった方
施工写真だけではでイメージしにくい方、
などなど
実際住んでみてどうなのか?とても気になるところだと思います。

私としてはもろ刃の剣で、完成時が建物としては一番キレイに写る時なのですが・・・
家は完成時がピークではなく、お施主さんらしい暮らしでき、さらに豊かになるようにお施主さんと一緒に綿密に打ち合わせをしました。
ですので、暮らしを見てもらうことで、私の設計が伝わるかなと思っていてやってみたかった見学会です。

もちろん反省点や好みの違いなどはありますが、そのあたりを共にお客さんとお話できればとも思っています。

キレイなところだけでなく、ありのまま見てもらえることでお客さんとまた家づくりをお互い向き合ってやれるのだと思っています。

お施主さまと計画時にキッチンや収納のことなど念入りに打ち合わせをし細部までこだわったところを見てもらえてたらと思います。

この冬の室内の環境は?
床下エアコンの効果は?
家事の動線は?
収納(ウォークインクローゼット、キッチン、洗面など)の使い勝手は?

収納はすべて納まったのか?
床の杉の足触りは?

キッチンの使い勝手は?
土壁は?
風通しは?
光の入り具合は?

結果家づくりを完成し、
家づくりにとって大事なことは?
優先順位は?

などなど完成見学会ではわからなかったところを見たり聞いたりしてみてください。
また、こうしておけばよかったとおもったところなど、気軽に聞いてみてください。

現在、敷地内にもう一件子世帯の住まいを建設中です。
そちらも見てもらおうと思っています。
完成すると隠れて見ることができない仕事を見てもらうことで、より理解も深まると思います。
「この部分はこうなったんだ・・・」
「この窓低くない?と思ってたところが完成すると丁度よかったり」
「天井が低いと思ってたのだけど、完成見てると丁度よかったり」

なぜそうなったかなどは工事途中を見ると、わかったりします。
いつも工事完成間際に現場監督さんに「設計の意図が見えてきました」と言ってもらえるので、
工事途中から見るとより面白いかと思います。

完成前、完成後すべてを見ることができ、家づくりを考えてる方にとってはとても勉強になる見学会だと思います。

住宅展示場や完成見学会では味わえない、暮らしを感じることができる貴重な体験となっています。

実際に暮らしている住まいですので、多人数は厳しく、又、色々とお話できる環境を整えたいと思っていますので、少人数制にしたいと思っています。
これから家づくりを考えてる方のみの限定とし、密にお話できればと思っています。
数を限定しますので、お早めにお申し込みください。

藤井寺の家計画時のブログ
藤井寺の家完成写真


<3/23(土)見学会のお申し込みは下記をご記入ください>

お名前 (必須)
 例 水谷 賀一

お名前ふりがな (必須)
 例 みずたに よしかず

〒番号 (必須)
 例 663-8124

都道府県
 

ご住所 (必須)
 例 西宮市小松南町2-4-10

電話番号
 例0798-46-8918

メールアドレス (必須)

ご希望日程
3/23(土)

交通手段
電車

メッセージ本文

アンケート
●当社のホームページを知ったきっかけをお聞かせください。
今後の活動の参考のため、具体的に教えて頂けると幸いです。


無暖房でも快適みたいです

昨日四日市の家のお施主さんから暖房なしてで快適ですと写真を頂きました。

少しお電話でお話したのですが、「住んでみての感想」を聞くと大変勉強になりました。

床下エアコンも何度か付けてもらったみたいで、色々と面白そうな感想を聞かせてもらったので、実際に体感してみたくなりました。
床下廻りの熱がどんな感じで流れているのか
2階まで熱は伝わっていっているのか・・・

ガラスは壁とくらべて当然熱が通しやすいので、大きな窓には障子とかハニカムを入れる方と効果があるようにも思います。
外部に造作の木製建具を採用しているのですが、サッシと比べるとどうしても気密が少し甘いので気にはなっていたのですが、それも障子やハニカムでしのげるのかと思いました。
木製サッシだと気密性がかなり向上するのですが、かなり高価なので使いたくないなと思っていたのですが、造作+障子(ハニカム)で目処がたった感じがします。色んなお施主さんの感想のもと、個人的な見解ですが・・・

木の経年変化も気になるし、お施主さんの料理も食べたいし、近々遊びに行こうかなと思います。

建てた後でもお付き合いできるのはとてもうれしいことだなとしみじみ感じました。

カテゴリー: BLOG

定例打ち合わせ 大阪藤井寺の家

上棟してからはお施主さんと工務店さんを交えて定期的に打ち合わせをするようにしています。
今回は打ち合わせることもなかったのですが、今の段階での施工状況を確認しました。

軒先の通気など図面ではわかりにくかったところを現物を見て、説明させてもらいました。
完成すると見えなくなるところも今の段階でしっかり見てもらうようにして、なぜこうなっているのかなどをご説明するようにしています。

しっかりとヘルメットをかぶって屋根の上も確認。 
なかなかいい眺めです。

上の写真ですが、軒さきの根元の部分に穴が空いていて、屋根の棟に向かって空気が通るようになっています。今回は軒天を張り垂木は隠れるので、今のうちに確認。

丁度板金屋さんが屋根の下地ルーフィング工事をしていたので、少し質問と細かな打ち合わせをしました。
板金って屋根や水切といった雨を切るための工事なのですが、加工の仕方は様々で私は、しっかりと水を切る役割を果たした上で、少し意匠性を持たせて「機能美」として見せること好きで、今回も色々と加工の仕方などを聞きました。
面白い板金の使い方をしているところがあるので、またでき上がりをブログで見てもらえたらと思います。

ガルバリウムの樋の話で、サンダー機械でガルバリウムをカットした後そのまま利用すると錆びてくるので、カット後ハサミを入れてひと手間かけることで錆びにくくなる見たいです。見えない手間なので、職人さんの技量とモラルが関係してくることだと思いました。
私は職人さんが自らの仕事のこだわりを話してくれるときが一番おもしろいなと思っていて、できるだけ持ってる力を活かせる仕事内容にしようと心がけています。

打ち合わせの後は、ご実家の新築藤井寺の家であたたかいコーヒーを頂きました。
床下エアコン20度設定で少しぼーっと寝てしまいそうになるくらい暖かい室内でした。トイレも洗面も暖かく、温度差がないのも快適です。
床下エアコンはなかなかいいですよ。
やはり肌が触れる足元を暖かくすることは重要ではないかと思います。それと、暖かくなった空気が上昇していって熱が逃げないように屋根の気密も重要かなと思います。

お施主さんにできるだけ職人さんと顔を合せてもらい、仕事をみてもらいたいです。
家づくりはより愛着がわくのではないかと思います。

新築工事打ち合わせ 24坪の家

24坪の家、新築に向けて打ち合わせに行ってきました。
電車を降りてお施主さんのご自宅まで少し距離があるのですが、
とても面白そうな建物がありそうなので、色んな路地を入って建物を眺めてました。

目的地がない散歩が結構好きで、面白い建物を偶然見つけるのが楽しいです。

今回2階建で2階にLDKということもあり、1階と2階に何を配置させるか少々むずかしい。
平屋のようにすべてを1階で済ませることができないので、1階と2階を行き来するのに、お施主さんにとって効率良い動線は何かを確認するために朝と夜の行動をおおざっぱに聞き取りました。

奥様
朝起きて顔を洗ってキッチンに向かって朝ごはんを作る。同時に洗濯の準備をして、お子さんを起こして、朝食を食べさせて、着替えさせる。その後洗濯機を回す。
お子さんが帰ってきて、制服を部屋着に。
夕方ご飯を作りつつ、洗濯ものを入れて子供とお風呂に入る。
ご主人
朝にお風呂に入ることが多い。できらばLDKより離れた位置がいい。

お風呂洗面は2階とし、洗濯機だけを下にするか?
家族の服をまとめて入れるウォークインクローゼットは2階か?1階か?
洗濯ものはどこに干すのか?干した後にどこでたたむのか?
洗面に置くタオルと下着、ウォークインクローゼットに収納する普段着をどこで仕分けをするのか?籠を2つ置く?
服をたたむところやアイロンをかけるところはどこでするのか?

などなど色々と想定し考慮した上、ベターな選択で間取りを確定することができました。

さてさて、間取りはほぼ決まったところで、細かい打ち合わせに入りました。
余分なスペースを省くためパチバチに寸法を決めていってます。
ウォークインクローゼットに入れる服のサイズなども確認し、棚の奥行きを決めていってます。

キッチンに関しては造り付けとなるので、
炊飯器はどこに置く?
米びつはどこに?
パントリーは何を入れる?お菓子、ペットボトル、缶詰めなど
奥行きはどのくらい?

図面に描きとり確認し、住んでからあたふたせず、想定内になるようにしています。
だいたいで、余裕を持たせたスペース取りをすると、全体の面積が増えるため、使わないスペースに余分な費用をかけることになるので、もったいない。

24坪で家族4人の家づくり。
濃度高く豊かな暮らしになるようにと思っています。

打ち合わせのためキッチン図面を描く 24坪の家

現在、現在計画中の24坪の家の図面製作中です。
次回キッチンの打ち合わせをするにあたって、ベースとなる図面を描きました。
それをもとに現在のご自宅をおじゃまして、キッチン収納や電気機器の置き場所などをあてはめていきます。

図面の寸法だけだと把握しずらいので、今お使いのキッチンで確認してみると、とてもわかりやすいです。しかも現在調理スペースや収納スペースで使いにくい幅や奥行きなども改善できたりします。
打ち合わせ後、奥様に図面に描きこんでもらったりして、確認してもらってます。

別物件ですが、以前お施主様に描きこんでもらった絵です。
絵がとても上手で、ここまで丁寧に描かなくても大丈夫ですが・・・
今あるものをもとに、ここまで検討していると、建物が出来上がってから収納が足らないとか、使いにくいとかはならないです。
キッチンは奥様が毎日使うところでなので、奥様と一緒に念入りに考えて造るようにしています。

たつのの家キッチン
つげの家キッチン
四日市の家キッチン

どの奥様も皆さん収納の多さ、場所、使い方、並べ方が全然違いますので、奥様が使いやすいように聞きとりをしっかりして、誘導できればと思っています。

祝上棟 藤井寺の家

前日に土台敷きが終わっていたので、
午前中に見に行かないと、見せ場を逃すといけないので9時半くらいに現場行ったのですが・・・・
2階床梁まで完了してました。
速い・・・

下の写真
柱の上部の凸部分をホゾというのですが、
梁の凹部分にこのホゾを カケヤで叩いて押し込んで緊結させるのですが。
このホゾは通常よりも長くしてます。
金物のビスに頼らず 、できるだけ 木と木で 引き抜き抵抗を上げるようにと思ってます。そんな対した話でもないですが・・・

丁度昼に棟が上がりました。
五人大工さんで作業したとしても午前で棟が上がるのは速いです。構造の架け方がシンプルでやりやすいのかな・・・

昼食は親世帯の平屋の家でまたまたごちそうになりました。
ご飯を食べながら、建て方をしている側を見るとこんな感じです。(下写真)
良く見えるし、室内暖かいし、ここで現場監理もいいなあ。(笑)


向き合うように家が建ち、中庭で家族が集えるように計画しています。
緑が入り、親・子のそれぞれの家から写る景色がどうなるか、今から楽しみです。

さてさて、午後からメインの登り梁が入っていきました。
昨日のブログで登り梁については書いたのでまた見てください。

リビングと2階バルコニーは登り梁が見える仕様にしているので、
登り梁の上にキレイな桧の板を張って完成。

2階の足場から平屋の家を見るとこんな感じです。

2階建の建物ですが、 平屋の家への南からくる光を遮らないように、できるだけ全体の高さを抑えました。
写真ではわかりにくいですが、なかなかいい高さかなと思います。
今日の工事はここまで。
明日からは大工さんひとりで垂木をのせていくみたいです。
基礎しかなかったこの一か月が、一瞬で家らしくなりました。
さあ、これからがスタートです。
お施主さんから頂いた赤飯を食べて気合をいれ、
明日からまた気を引き締めて取り組んでいこうと思います。