明日明後日完成見学会 藤井寺の家

藤井寺の家明日22日明後日23日完成見学会をさせて頂けることになりました。

打ち合わせを約半年工事が7か月といつもより少し時間掛りましたが、なんとか完成を迎えました。

お施主さんとは御実家の新築の時からお話をしてましたから、ずいぶん長いお付き合いになります。

家づくりにおいて、長い付き合いになるので何かと取り繕うことなどできず、私の人としての未熟なところも見えてきます。

また工事においての色々と問題点などが必ずでてきます。

今回は頻繁に見てもらえたし、休憩時間には飲み物などを持ってきてくれて、職人さんがしている仕事を見てくれていることもあり、必ずしも機械でするような完璧なものでない時もあるのですが、人が作っていることを尊重してもらえたと思います。

人が作ることで愛着を感じてもらえているのはとてもありがたいことで、造る側も仕事以上のやりがいも感じることができるのだと思います。

私の仕事は直接建てるわけでもなく、職人さんの仕事を割り当ててまとめることなので、委ねることになるのですが、職人さんに気持ち良く仕事をしてもらうこととお施主さんのご希望を沿うためとどちらサイドも迷惑をかけないようにと思ってやっていますが・・・事なかれ主義の私にはむずかしくもう少し繊細な配慮が必要かなと思いました。

日に日に出来ていく家を見るとほんと嬉しくなります。
嬉しいというかちゃんとできていくか心配で気が気ではないなのですが・・・

養生がはがれ、仕上げたものをじっーと見ると、見えない努力の結晶が見えてきます。そこを見るのが私は好きで、

・キレイな木を作ることも簡単なことでもなく、時間をかけて木配りを丁寧にしてくれたのだな・・・とか。
・見えないところまで丁寧に仕事してるなぁとか。
・図面に描いてないのに、ここまで丁寧に仕事してるなぁとか。

当たり前のことでもなく、よりいい家にするためにしてもらえてることにありがたく思います。

仕上がった家はたわいもなく、職人さんたちに依るものだと思います。
丁寧にしてくれたわかりにくいところをより多くの方に見てもらって伝えていくのが私の仕事かなと思います。

お施主さんの家族らしい家にしたいと思い取り組んでいるのですが、設計において不満足なところも多々あるかと思いますが、とても素材がきれいで職人さんの技術が光った家になったと思います。

写真でみると素材感まではわからないので、実際に見てほしいです。

プラン提出 奈良香芝市 

先週の土曜日に新築のプランを提出させて頂きました。

何かと試行錯誤して全然プランがまとまらず、1か月ちょいくらい悩みましたが、なんとか提出できました。

何悩んだかというと、敷地は100坪あり、整計で接道は北で南も開けてます。
いっけんなんでもできそうなプランなのですが・・・

条件が良すぎました。
南隣の敷地は1.3mくらい下がっていて、その上平屋建て。
その南の遠景にはキレイな山が。

2階の南が一番条件としていいのですが・・・。
敷地が100坪あるようなところで、2階にLDKを持っていくようなことはない。
平屋建てでも可能で、その上庭を作る面積も充分にある。

かといって、一番いい2階の南に寝室や子供室をもってくるだけでは何かもったいない。

んーーーーーん。
贅沢過ぎる悩み。
敷地が大きいけれど、コストのこともあり、それほど自由にできるわけでもない。

色々と悩んだ挙句今のプランになったのですが、悩んだら悩んだだけのものはできるのかなと思います。

お客様の気に入ってくれたので今から設計が楽しみです。

さあ、遅れを取り戻していきたいと思います。

地鎮祭でした 枚方市

先週地鎮祭をさせて頂きました。

当初から取り組んできました双子ちゃんのご住まいです。
お施主さんは皆様もご存じのアパレルメーカーにお勤めになっていて、夫婦共にオシャレな方です。
打ちあわせは毎回面白く、私の知らない作家さんなども教えてもらってます。

敷地に高低差があるため、擁壁工事があるのですが、なかなか難しい工事になりそうです。

また、敷地に面して水路があるため接道がされていないため、接道させるために水路占用許可を取る必要もありで接道方法に厳しい指定を受けたのでなかなかてこずりました。

擁壁や建物の深基礎、接道なので費用がかさんでしまったのが誤算でしたが、建物はできる限りリーズナブルな材を駆使して計画しています。

延べ床面積も24坪とコンパクトな住まいで、寝室はベットだけが置けるスペースにするかわりにLDKを広く取り、メリハリの利いた住まいになっていて、お施主さんのセンスの良さが引き立つ家になればいいなと思っています。

キッチンのペンダント照明に使うものを京都まで一緒に作家ものを選びにいきました。ちょっと先走ってるかもしれませんが、なかなか手に入らないものなので・・・
今から取り付けるのが楽しみです。

詳細図面や細かい部分はまだ完成してないので、つめていきたいと思います。
いい住まいになるように現場と共に励んでいきたいと思います。

今回はこまめにブログで進行状況をお伝えできればと思います。

中庭の工事 藤井寺の家

藤井寺の家、中庭の植栽が入りました。
いつもそうですが、現地の風景が植栽を入るとがらんと変わります。

この庭は昨年完成した親世帯と今回の子世帯が集う庭になります。
なるべき平屋の建物が影になりすぎないように今回の建物を配置させ程よい幅の庭になってます。

どちらも向い合うようにしてデッキがあり、違う角度から同じ庭を眺めるようになっていて、真中には奥の自転車置き場へのアプローチがあります。

この中庭は 水刷けを良く するために少し土を盛り上げていて、少しアップダウンさせることで自然の雰囲気になるようなアプローチになっています。

先代が集めた多くの石は親世代の時には北の和室の足元に並べたのですが、まだまだ残っていて、今回土留めとしても利用したガビオンの中へ敷き並べました。

庭師さんは石が丸いので見栄えがしないと言ってましたが、私にはあんまりわからずいい感じでした。

庭師さん、いつも一個一個石の向きを気にしてるのですが、私にはわからないこだわりがあります。(笑)そういうこだわりがあって石がキレイにみえるのだと思います。

今回の子世帯の住まいから中庭の方角は北になるのですが、北庭は順光になるのでキレイで少し心地よい暗さの北の室内からだと庭が際だって明るく見えます。
室内を土の壁・天井で包み込んだのも庭が引き立つためでもあるのですが・・・
お施主さんにしっかりとお伝えできてないこともあったかなと反省しています。

今回の軒は平屋の時と違って水平の軒にしています。また違った見え方のするのもいいかなと思って。ヒノキの板がとてもマッチしてるかなと思います。

今週末22日(土)23(日)に完成見学会があります。
室内はまだ完全に終わってないので写真をUPできないのですが・・・
お庭を見るだけでも面白いです。
お時間ありましたら是非ご参加ください。

庭工事 藤井寺の家

藤井寺の家、終盤を迎えました。
去年竣工した親世帯の家づくりの際にメインアプローチである、北側の庭リフォームさせて頂いたきました。

ちょっと庭工事を振り返ってみることにします。

はじめてお施主さんの住まいにお伺いした時は、北アプローチはうす暗くじめじめしていて、歩くことさえ困難なくらい木が生い茂っていました。
正直この庭を触るのは困難で、庭師さんと悩みました。

お施主さんの意向を踏まえた上で、庭師さんと話をして、扱いにくい木と今後成長しない木は思い切って処分しようという決断になりました。
すごく、難しい決断で面影を残すには切り過ぎるのもよくないし、庭師さんとしても今ある木を処分するのは苦しいことです。
でも、手入れをしていくお施主さんと鑑賞する側とは違うのです。
木を好きでいてくれるためにも手入れをしやすいことを優先し決断をしました。
私たちだけでなく、先代が植えた木を処分する罪悪感と処分にも費用がかかるお施主さんの決断は苦悩なことだったと思います。

解体をした時は、正直、取り除き過ぎて、面影がなくなってしまったのではないかという不安と寂しさがありました。

庭工事が進んでいくにつれて、その喪失感は薄れていきました。
さすが庭師さんです。
前の面影は残ってましたし、その上で今の時代にあった手入れのしやすい庭に変身しました。

劇的によくなったのは当初の一番の悩みの水刷けの悪さと薄暗さ。
灯籠や石は残してくれていて、一個一個丁寧に向きを気にしながら置いてくれたのを覚えています。お婆さまの手作りの灯籠も片隅に入り、しっかり前の庭を継承した庭になったと思います。

ホントに劇的に変わりました。ぱっと明るい気持ちのよいアプローチになりました。
薄暗い庭を見てますので、私たちはほんとに感銘深い庭です。

いよいよ1年経過して、庭工事の最終章となる親世帯と子世帯の中庭工事に着手しました。

親世帯と子世帯をつなぐ大事な中庭。
家族みんなで、バーベキューしたり、また家族の自転車でも通れる道であったり集える庭になります。

その中でもメインとなるのは大きな石。
この石は以前に建っていた先代の家の沓脱石と使われたもので、かなりでかいんです。
今の時代ではこんな大きい石は手間がかかるのであまり使われないかもしれません。

先代の家を解体し、親世帯の平屋の家を建てる際に石を敷地の端へ移動し、子世帯の家を建てる際にまた移動し、今またキレイに見えるように石を据え直してくれました。

簡単に動かせる大きさでもないので、いろんな職人さんが手間暇かけてくれたのですが・・・

手間暇かける意味は十二分にあり、何物にも代えがたい存在なのかなと思います。
こうして中庭に据わることが必然であったのだと思います。

口にはださないのだが、こういったことを踏まえて見せ場として大事に使ってくれる庭師さんのお庭がとても楽しみです。

家づくりというのはただ建てるという行為だけでなく、その家族の思い出も繋げていく意味の深いストーリーがあるなと思います。
その家族のソフトなものも大事にしながら家づくりに参加できることにとてもありがたく感じます。

今は無邪気に遊んでるお子様も将来この石の存在を感じ、どんなにめんどくさくても、今回のように家の片隅でもいいので移動して使ってくれたらうれしいなと思います。

藤井寺の家子世帯 完成見学会のお知らせ

大阪府藤井寺市で工事を進めてきました「藤井寺の子世帯の家」完成見学会のご案内です。
6/22(土)10:00~16:00 23(日)10:00~15:00で開催できることになりました。
藤井寺IC(西名阪自動車道)からから車で5分
近鉄南大阪線 土師ノ里駅から徒歩10分
完全予約制(お申し込み頂いた方に地図をお送りします。)

今回の住まいは、昨年建てさせて頂いた親世帯の平屋の家に引き続き同じ敷地に子世帯の若いご夫婦の住まいになっています。

親世帯よりも少し和を柔らかくし、コンパクトにした約30坪の2階建てになっています。
特徴として、 北にあるキッチンダイニングに光りを差し込めるように 南のリビングを1FLよりも80センチ上げています。隣接した南の平屋建ての目線をずらすことにもなっています。
それほど面積的に大きいものでもないので、リビングに圧迫感がないために、鉄骨階段を採用しています。
2階とリビングのとの高さの差が約180センチで、身長ようりもすこし高いくらいなので、1階、2階をつなげる効果もあります。
80センチあげた床下は収納庫として利用するようにしているのですが、かなりの収納力になってます。

縁側天井は水平を強調させるような軒天となっていて、桧がとてもキレイです。

国産材を使う

今回、構造材は三重県熊野の杉・桧を使っています。
柱はすべて桧、梁は主に杉(一部桧)を使っていて、土台や水回りには水やシロアリに強い桧の芯持ち材です。

構造計算のもと、特に強度の必要な箇所にはヤング率130のものを入れました。
今回出来上がって木がそのまま見える箇所として、リビングの登り梁があり、その部分には強度だけでなく、少しキレイな材を用意してもらいました。

以前書いた構造材のヤング率の話
上棟のブログ

日本の風土で育った木を使うことは安全面、耐久性、健康面、居心地、全てにおいて満足できるものです。
また、今回たくさんの国産の木を使って頂いたことにより、日本の山は活性化し、循環させることができ、次世代へいい状態で受け継がれていくことができます。
とても意義のあるありがたいことです。

今回は桧をアプローチの壁天井、2階デスクカウンター、書斎の壁・天井、軒天など仕上げ材によく使いました。
アプローチの壁にはあえて、目透かし面とりなし(板と板を透かし、板の角を面を取らない)を作ってもらいました。壁と天井の隙間を揃えて張ってもらってます。ちょっとマニアックですが、なかなか手が凝ってます。
あと、この壁と同じ材を使って建具を製作してもらい、壁と板幅も合わせることで、隠し扉見たいになってます。写真の右側の青の部分が建具の手がけなので、いっけん壁にしかみえません。(笑)

杉、桧だけではなく、カウンターや腰掛けなどには広葉樹を使っています。
年数が経ってくると、それぞれの木が違った色に変わっていくのも後の楽しみです。

土を使う

よく土壁の中塗り仕上げは採用するのですが、今回はキッチンダイニングに浅葱土を使った中塗り壁を取り入れました。この色私結構好きで、お施主さんも喜んできれてます。
緑や青やグレーといった色が複雑に混ざったようなはっきりしない色なのですが・・・。

北面のキッチンダイニングの壁も天井もあえて、くすんだ浅葱土を塗ることで、
外の庭の緑が引き立つように、 南の白壁の明るいリビングがより引き立つようになっています。なかなか言葉で表現するので、実際に空間の明暗による心地良さを感じてもらえたらと思います。

なかなか完成したお家をお見せできる機会が少ないため貴重な日となっています。
素材の陰影から生まれる空間の柔らかさは写真では表せず、実際に見ないと感じ取れないものだと思います。
ひとつひとつの性能から素材を選ぶのではなく、それぞれの良さを引き出す相乗効果により心地よい空間を作り上げるものだと思っていて、それを感じてもらいたいなと思います。

家を建てる建てない、どこで建てる建てないも関係なく見て頂き参考にしてもらえれば幸いです。 今回のこの見学会は「これから家づくりを考える方に参考にしてもらえれば」というお施主さんの温かいご好意により開催することができました。
見学会は10:00~16:00(23日は15:00まで)の完全予約制になっています。お手数ですが、下記の申し込むフォームにご記入よろしくお願いします。
お申し込み後場所等の詳細を送らせて頂きます。
※お申込み時に車か電車かどちらでお越しになるかお聞かせください。ご案内をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

行ブログ


<6/22(土)6/23(日)見学会のお申し込みは下記をご記入ください>

お名前 (必須)
 例 水谷 賀一

お名前ふりがな (必須)
 例 みずたに よしかず

〒番号 (必須)
 例 663-8124

都道府県
 

ご住所 (必須)
 例 西宮市小松南町2-4-10

電話番号
 例0798-46-8918

メールアドレス (必須)

ご希望日程
6/22(土)6/23(日)

交通手段
電車

メッセージ本文

アンケート
●当社のホームページを知ったきっかけをお聞かせください。
今後の活動の参考のため、具体的に教えて頂けると幸いです。


カテゴリー: BLOG

鉄骨階段 取り付け 藤井寺の家

一か月もブログを放置。
何かとバタバタしてて、書けなかったと言い訳したいのですが・・・
まめさが欲しい・・・

さて、藤井寺の家が着々と進んでます。
今日、鉄骨階段が入るとのことで、現場行ってきました。

図面を念入りに描き、鉄骨屋さんと何度も打ち合わせを重ねました。
角はRを、足元は座が見えないように。
小じんまりしたリビングの一部に階段をかけるのですっきり見えるようにと思い細部をこだわってみました。

2階のホールの手すりと階段の手すりは連続させることにしたのですが、

上の写真は2階のホールの手すりのつく前のもので、足元に凸があるのわかりますか?
あらかじめ木の中に仕込んでおいて、手すりの縦地のパイプをするりと凸の部分に入れ込んで固定します。
縦地に座つけて木に打ちつけるのが通常のやり方ですが、足元の座をなくすためにひと手間加えてこのようなことをしています。
今は養生してるので、見えませんが完成した時にまた紹介します。

2階ホールと階段の手すりを合わせています。
手摺と手摺をぴったりとつなげるが難しそうです。
工場で一体で組み立てておくと少し楽そうですが、そうすると室内に搬入できなくなる・・・
なので、ホールの手すりと階段手すりを現場でこのようにつなげてくれてます。
角はRで曲げてつなげて欲しいとお願い、難易度を上げたのですが、これがとてもキレイだなと思いました。ちょっとしたことですが・・・
下の写真の横桟の角が曲げてるのわかるかな?

つないだところを現場溶接してもらって、塗装して完了です。
できるだけ圧迫感がないように華奢でシンプルなものにと心がけたのですが、なかなか感じのいいものができました。色もいい。

見学会で出来栄えを見てください。
来月の22.23日を予定してますので、お気軽に見に来てください。

広葉樹 選んできました。藤井寺の家

構造材や造作材(建具の枠など)には針葉樹の杉や桧を使っているのですが、針葉樹とまた違った重厚感のある広葉樹などを部分的に 使うと家がとても引き締まります。

今回は、 窓際の腰掛け、キッチンカウンター、TV台に使う広葉樹を選んできました。

木を選びにいく目的として、
木は自然のものなので、いろんな樹種のいろんな表情のものが、その時その時あるものが違っていて、旬なものを選べるのが楽しい。

今、北海道産のカバ材がいいの入ってるよと教えてくれたので、見せてもらいました。

キレイな材だな。使いたいなと思ったのですが・・・

厚みが大きいので、今回使うには歩留まりが悪いので断念しました。
その他にもなら材、栗、桜など様々なものがありましたが、家にイメージとして
当初から考えていた、ホワイトオーク材の3.1m材があったので、それにしました。
沢山の山から好きな目のものを選べるので、嬉しい。

素人的なことを言ってしまいますが、木材が仕上がってない荒材の時って、出来上がった時のイメージがわきづらいんですよね。

今回少し削ってくれるとのことで、

表面を少し削るだけで、うまれかったくらい綺麗な表情になりました。
少し感動的でもあります。こんなに変わるものなのか。

一件表面的には地味で到底キレイとは言えない材が少し削ると、とても美しい表情をもっている。 私の好きな感じです。

私の主観ですが、あまり自分を見せることに特化せずに、地味に黙々と仕事をこなしてる人が、実はいいものを持っているってのが私は好みです。

そういう方と仕事をするととても楽しいんですよね。
飽きる自己主張がないというか・・・
濁りがない感じがします。

3枚接ぎにしてもらって、現場入りしてくれました。
大工さんが取り付けて、この木がイキイキとした表情でお施主さんが座ってくれるのを楽しみにしてます。

四日市の家 一年点検

四日市の家、竣工してはや一年が経ちました。
はやいもんです。
一年点検に付き添ってきました。
といっても、私は何もしてないですが・・・
建具の立て付けなど、自然素材ゆえに動くところなどを中心に工務店さんに調整をしてもらいました。

私の別の目的のひとつとして、暮らしを聞きとること。
住んで見てなにが便利で、何が問題点なのか・・・

収納を見るのがいつも楽しみなのですが、
どの住まいも皆さんとてもキレイです。
というか、私が開けて写真を撮るのをご存知なのでしょうか(笑)

キッチンの収納は皆さんそれぞれ色々と個性的に工夫されているので面白い。

今計画中の住まいのキッチンはオープンキッチン(アイランドキッチン)を計画しているのですが、
この四日市の住まいがちょうどオープンキッチンで、使って見て不自由がないか聞いてみました。

オープンにしておくと良くも悪くも何かと見えるので、常にきれいにしとおかないといけないプレッシャーを感じたりするのか・・・

不自由やプレッシャーもないみたいです。
向いの配膳台には壁があるのでそこに色々とモノが置けるので、シンクの前にそれほど置くものがないく、洗剤はシンクの中へ置けばあまり目立たない。

私が見ても 、急いでお掃除した感じでもなく、
すっきりとしていてキレイだなと思いました。

キッチンの前には色々とものを置きたい方もいるので、これは好みに依るかなと思います。

問題点としては、射し込んできた南の日射しがステンレスに反射して眩しいみたいです。ですので、タオルなどを置いてるみたいです。
階段吹き抜けの窓は開放感を得るために、もっと大きくすることも検討していたのですが、落ち着きを持たせるために、結果少し高さを抑え気味にしたのですが・・・

開口部が当初のもっと大きく、日射しがきつく奥まで入っていたら、タオルどころではなく、調理しにくかったし夏はきつすぎたように思います。

私はいつも開口部はできるだけ絞るようにしているのですが、
明るく、光をできるだけ入れたいというご要望って多いのですが、適度にしておかないと苦痛を感じてしまうこともあるので注意が必要かなと思います。

一段目の引き出し。
包丁はここに入ってるんだーーー。
調味料入れもガスコンロ下に少しあるのですが、そこだけでは入りきらないのでここに。後、カトラリーと調理するための小物。
なるほどなるほど。
皆さん参考にしてみてください。

恒例のパントリーを確認。
びっしりときれいに収納されてます。

パントリーの中は皆さん共通してる感じがします。
箱(奥行30センチ)に細かなものを収納
下部にはペットボトルや調味料のストック、缶詰め、干しもの、ジップロック、サランラップなどのストックなどなど。

パントリーを見ると、このスペースがないとキッチン廻りが恐ろしいことになっていたのでは・・・といつも思います。
パントリーを設けてるおかげで、キッチンの引き出し収納に食器類が収納でき、食器棚がいらないのだと思います。
キッチンの引き出しに入れる方が断然使いやすいかなと思います。
パントリーを設けるか、食器棚を設けるかだと、パントリーの方が省スペースでいけるような気がします。

ウォークインクローゼット。
アップしたらだめだったかな・・・
キレイに収納されてるので大丈夫かな・・・
ウォークインって結構便利で、季節外のものを収納するスペースとしてだけでなく、 普段の服をここに収納し、ここで着替える。
玄関から入ってすぐにWICLがあり、 洗濯場も近くにあるので洗濯かごにスムーズに洗濯ものを入れれて、部屋着に着替えて家事動線でもある裏出入口からダイニングへ行けるようになっています。
キッチンの右扉がWICLの出入口です。

なんだこれは・・・

加湿器みたいです。
バルミューダの加湿器。
今の家電って性能だけでなく見た目もかっこいい。

一年前に見学会で飾ったユーカリを今も飾ってくれてました。
少し白くなったユーカリもまた味があってきれいでした。
小物が何気にかわいい。
奥様が飾って楽しめる飾り棚もキッチンには必須のような気がします。
皆さんの好きなものを見つけては飾ってもらえるのは私としてはとてもうれしいです。

今にも花が咲きそうで、いよいよ春が来るかな。
家の庭木で春を感じれるのもいいですね。

またゆっくりできるときに、奥様のカレーを頂きながら家を眺めたいなと思いました。

外壁の見本を作りに左官屋さんへ

藤井寺の家、現場はもう外壁の塗り壁の下地板を張り終えてたので、そろそろ左官の仕上げの色を決めないといけない時期にきました。

いつものように左官屋さんの作業場へ行ってきました。

今回はグレー色がご希望なのですが、古墳近傍地域の藤井寺市の落ち着いた町並みとお隣の親世帯の土色とバランスを考慮すると、グレーでも、少し落ち着いた色合いがいいかなと思い、浅葱土をもとに作ってもらいました。

浅葱土って少しブルーや緑が混ざった感じの土で何色って一言では言えない複雑な色をしてます。 またケバケバしくもなく、落ち着いた淡い色なので今回の外壁には合うかなと思ってます。

すぐに浅葱色の見本ができるかなと簡単に考えていたのですが、何色を混ぜたらいいかわらない。青、緑、茶、黄色。いろんな色を入れてみました。んーーーん。単純な色ではないなとこの時に気づきました。
黒の色粉が少ないと色も付きにくい。

グレーの色が根強くなかなか色がつかない・・・
何となく色ができたのですが、実際に塗って乾かして、描き落としをしてもらうことに。

塗りたての色はとても濃くて参考にはならないです。

乾いて、ぐりぐりと掻き落とした時に表情がでて、色も落ち着いてきます。

3日くらい経ったらサンプルができるみたいなのでまた見に行って確かめたいと思います。
楽しみです。