御津の家 竣工1年訪問

1年前に竣工した御津(みつ)の家に行ってきました。
半年前に行って以来です。
中国道、山陽道がかなり空いていたので、すんなりと約1時間20分くらいでいけました。
植栽がそれぞれキレイな花を咲かせて出迎えてくれました。すっかり周りと調和てるなーと感じとれました。
外部の木製建具は竣工してちょっと経ったころは反ったりなどしてましたが、木も生活になれたんだろね、馴染んでいて、スムーズに開閉できるようになってました。
外部のデッキもウッドロングエコを塗ったので、はじめからシルバー色でしたが、ますますシルバー色が増してました。

あとびっくりなのが、浴室の桧が新築時と同じくらい綺麗でした。
皆さんも銭湯で桧の変化を見たことあると思いますが、どうしても水に触れると黒づんでくるんです。
黒くなったらだめってことでもないのですが、1年経って新品同様なのは、小まめに拭いてくれてるみたいなのと、セラミック塗料がきいたかなー。
内部の木もいい感じに経年変化していってました。
床の杉は、夏は涼しく、冬は温かくで快適見たいです。
その代り、やわらかい木なので、傷は結構いってますが、肌触りのメリットから考えると、生活してもそれほど気にならないと皆さん話してくれます。
室内の気温や湿度によって木が動いて、床のフローリングに隙間が若干出てくるのですが、それほど気になるところはなかったです。

ダイニングカウンターのチェリーのかなり濃くなってます。
1年前よりも暮らしてもらった1年後の方がお施主さん色に染まっていい家になってました。
木や植栽、土壁など経年変化を楽しめる家ってあらためていいなと思いました。

ご夫婦とお子さんに会うのが楽しみで、最低でも1年に一回は行きたいなと思いました。
あら、ギャッベが敷いてありました。いいなー。

祝上棟式 藤井寺の家

藤井寺の家、すでに棟は上がってますが、昨日あらためて上棟式でした。
登り梁のキレイな室内で会は開催されました。
お施主さん家族はお孫さんまで参加してくれて、工務店さんは輝建設さんの会長さん、社長のきょうさん、川さん、横田さん、大工さん、電気屋さん、水道屋さん、たくさんの方々と一緒に上棟を祝うで賑やかな会になりました。
豪華な食事を用意してくれました。
お施主さんと業者さんが腰を据えて会話できる唯一の機会かなと思います。お施主さんと実際にお会いしてお話ができることは、顔を知らないよりもやっぱりやりがいを持ち仕事に取り組めるかと思います。
私も誰かわからない家族の図面は描けないので・・・

帰りにおみあげまで頂き、至れり尽くせりの一日でした。
このご厚意に添えるよう、「楽しみ」ながら邁進していこうと思います。

屋根仕舞 藤井寺の家

棟が上がり引き続き屋根の工事に入ってます。
構造骨組みを濡らさないように、屋根の工事は素早く取り掛かってます。

帰り際にブルーシートを家全体に覆って、また次の日にまた捲っての毎日は大変なので工事的にもいち早く屋根工事を終わりたいところです。

といっても今回はいつもよりも屋根は手間かかってるので大工さん泣かせです。

写真のように構造(登り梁・野地板)が室内から見える仕上げにしてるのですが・・・

ちょっと話脱線しますが・・・
完成見学会で、構造が見えているので、天井(屋根)に断熱材入ってないと思われて「暑いんじゃないの?」って
よく言われるのですが、断熱はちゃんと入ってますー。

さっきの写真のキレイな天井材(野地板)の上に、垂木を架けてその間に断熱材を入れてます。
その上にまた野地板を張ってガルバリウム鋼板の屋根が架かります。ですの室内から見えてくる野地板と断熱材の上の野地板と2重になってます。

写真をもう一度見てもらうと、
垂木の間の断熱材の隙間という隙間をしっかりと塞いでもらっています。

軒先部に注目して欲しい。
網を張ってるのがわかりますか?
その網のある軒先から断熱材の上に通気できる層(空気が通る)を設けるのですが、軒先から棟に抜けるようにしています。

何のためかというと話すと長くなるので、一言で。
屋根の換気です。
湿気や熱を脱がすためのものです。

先ほどの、断熱材と垂木に隙間ないようにしているのは、
隙間があると、通気層に入った空気が隙間を通って室内側に入っていくと、室内の空気と触れて結露しちゃうので、しっかりと隙間を埋めてくれてます。
といっても断熱材の下に防湿シートを張ってるので、隙間が万が一あったとしても、室内に結露水が出ることはないのですが・・・
念には念を。

そんな感じで屋根の工事が進んでます。
平屋なので少しやりやすいかな。

和歌山市の家 地鎮祭


和歌山市の家、地鎮祭をしました。
前日はあいにくの雨でしたが、なんとか晴れてくれました。

地鎮祭前には昼食をごちそうになり、お施主さん、工務店さんと一緒に色々とお話できました。
午前中はお子様の入園式でかわいい制服のまま地鎮祭に参加です。

私もいつも鎌入れをさせて頂くのですが、いつになっても慣れることなく少々緊張しました。
今何もない敷地に、私が設計をしたものがもうすぐ実際に形となって建っていきます。

設計をしてる時は実感があまりわかないのですが、この地鎮祭でご家族の背中を見ていると、ご家族が暮らす家への責務を少し感じます。
できる限るのことをするのみなのですが・・・

ご家族のこれからの色んな人生の中でこの家が一番落ち着く場になればいいなと思います。

テントの回りの笹が風で揺れるのを気にしてる間に地鎮祭は終わってました。

さて、まだ確認申請も出しておらず、これから急ピッチで出して、2週間をめどに着工できればと思っています。
今回は、地盤改良から始まり基礎、上棟です。

まだプレカットの打ち合わせも残ってるし、図面も詳細図まだなのでちょっとピッチを上げぎみに仕上げたいと思います。

私の設計ではめずらしく外壁はガルバになり、敷地が横長で正面がとてもよく目立つので、周りとの景観も意識して、無機質にならないようにどのようにするかがカギかなと思っています。

棟があがりました 藤井寺の家

こんにちは。
最近ブログがワンパターンだと友人よりご指摘を頂きましたので、少しパターンを変えて、丁寧にお話していこうと思います。(笑)

さて、藤井寺の家 棟が上がりました。
今回平屋ということもあり、私が昼過ぎに行ったらもうすでに棟は上がってました。

事前に大工さんが化粧垂木や面戸の加工をしてくれたおかげで、スムーズに進んだのだと思います。

現場に行き真先に見たところは登り梁(垂木)です。
LDKの天井に登り梁(垂木)が見えてくる仕上げにしていてここがメインの空間になるのですが、

いつも勾配天井でも平の天井でも木を天井に張る際は、節が少ないものをと決めていて、あらかじめ製材所には材の等級(節の多少の違い)を指定し、木配りしてもらいました。
今回も丁寧に作ってもらいました。

製材の時の写真を頂きましたので参考に。
なかなかキレイでしょ。
丸太からの木の取り方によって節がでるでないなどがあって、この製造過程が通常よりも手が掛ってるのですが、以前に建てさせて頂いたお家の際に製材過程の話をブログに書いたたので、見てもらえると面白いかなと思います。
→御津の家 LDKの登り梁の過程が面白い

この材たちが上棟すると、こんな感じです。
結構迫力があるでしょ。
キレイな材をどこに配置させるのかなど、いっけん多数の木を一本一本吟味し並べることはめんどくさいことかもしれませんが、それを怠らず木配りしてもらった成果として、このように鮮やかな空間になっているのだと思います。
天井も程よく高さを絞って、登り梁のサイズと間隔をうるさくならないように計画時に検討し決定しました。
それがうまくはまってるか、上棟をする前から気になってたところなのですが、お施主さんにも確認してもらい、いい感じなのかなと思ってます。

あと、シビヤに検討した項目として、軒先です。
構造として必要な寸法を確保した上で、軒先はすっきりと見せたいので、垂木を軒先に向けてスッと細く仕上げれてもらってます。
このひと手間って結構重要だと思っていて、いつもあんまり部分的には気づいてもらえないのですが、全体のバランスには大きな影響がでるかなと。

こだわって取り組んだところで結果どのようにお施主さんへ還元できたのかなど、過程を見ながらお伝えしていけたらより面白く違いも理解してもらえるかなと思います。

では、今回はワンパターンの「楽しみです」「がんばります」で終わらないようにしてみました。(笑)

4月スタート 現在の進行状況

今年もはやいもので、もう4月です。
4月といえば、何かとスタートの時期なのですが、
私も今月に藤井寺で上棟を迎え、和歌山では地鎮祭とまた新たに動き出します。
そしてまた新たな家づくりのプラン作りも待って頂いています。(もうすぐなのですいません)

藤井寺で上棟を迎える家づくりは、平屋になっていて、終いの棲家として暮らしやすい家になるように設計しています。
以前に住んでいた古民家も少し意識し、少し懐かさもありながら垢ぬけた家づくりを目指します。

キレイな材ができたと聞いていますので、上棟が楽しみです。
工務店さんと一緒にがんばっていきます。

また平屋のメリット・デメリットなど後日ブログで書きたいと思っていますが、
後のメンテナンスのことを考えても、平屋だと、簡単に屋根に登れるし、壁のやりかえや補修などもたいそうな足場もいらないので、メンテナンス費もかなり浮くのではないかと思います。

和歌山は今週末に地鎮祭です。
お施主さんは忙しい中、遠方までたつのの家や西宮の家を見学して頂き、依頼して頂きました。
小さなかわいい女の子2人とご夫婦の家づくりです。

周りの借景もよく、静かな場所で間口がとても広いため、細長の家づくりなのですが、とてもよく目立つところですので、周りに溶け込む落ち着いた佇まいにしたいと思っています。

じつは藤井寺の平屋の家の横にもう一件計画中です。
若い仲の良いご夫婦の家づくりなので、それを活かした間取りを検討中です。

少しばたばたとしてますが、すべて楽しみな家づくりになっています。

まだまだ取り組めるので、ぜひお声をかけてください。
建設中の家づくりも見てもらいたいので、これから家を考えてる方お気軽にみてください。

カテゴリー: BLOG

外壁 床土・真砂土入りモルタルシバ削り仕上げ

四日市の家でのチャレンジとして、外壁にも土を使っています。

着色したものではなく土の色そのままの表情をだそうとお施主さんと信念を持って取り組みました。

土(床土、真砂土、赤土)、白セメント、砂ってところでしょうか。

左官屋さんが色々と見本を作ってくれました。

土の種類と仕上げ方で表情は様々で面白いなと思いました。
木の塗装の色などと合わせながら現場で確認し、床土をメインとしたシバ削り仕上げに決定しました。
土の割合が多いと雨があたる箇所は心配なので、土は全体の15%以下くらいにしてます。

丁度寒い時期で、白華現象が起こるか気になっていたのですが、気温が高く晴れの日を狙ってなんとかなりました。

緑が入ってより周りと調和し、やわらかく涼しげな表情の壁となりました。

いかがですか

伊勢赤土中塗り切り返し仕上げ

四日市の家では特徴のある塗り壁を室内・室外共に使いました。

今回は室内の壁についてすこしお話します。

室内にはいつもと同じく、中塗り土仕上げとしてます。
そもそも、中塗り壁を使う理由として、
既調合された製品(水を混ぜるだけで塗れるもの)の塗り壁よりも左官屋さんが土や砂、藁などを混ぜて作る壁の方が好きなんです。

既調合されたものと左官屋さんが作るものとの違いは、
インスタントラーメンかラーメン屋のラーメンか ちょっと違うかな?
だしの素かかつおや昆布でだしを自らとるのか違い。
こっちのほうがしっくりいくかな。

料理と同じで、やっぱり仕上げ(味)はより手間をかけた方が深みがあるのと、職人さんによって混ぜる砂、スサの量大きさにより表情が変わってくる個性を活かしたものを使いたいので中塗り土としています。

さて、今回はボードの上に厚みは15mm、二回塗り。
切り返し仕上げというのは、中塗り壁を一回塗った後に乾燥させず水持ちがある状態で仕上げとして中塗りをもう一度塗ることなのですが、
名前に由来は仕上げに混入する藁すさを何度も切り返して使うからという説と本来の行程を切り返してまま省いた仕上げという説とあるみたいで・・・
いつもと違う点として、一般的な中塗りを1回塗るところまでは同じなのですが、仕上げに伊勢の赤土を使いました。

色合いとして、いつもは緑かかっているのに対して、赤土は赤というよりもこげ茶であったかい感じです。
朝昼は日が射してそもそもの壁色よりも明るくなって夜には濃くなって落ち着いた雰囲気になります。
塗り壁において、みなさんもメーカーの見本帳で色を選べたりしますが、その色は色粉を利用してるケースが多いのですが、
色粉の表情よりも土の色そのままの色土の方は、より目に優しく心地いい空間になります。
土の壁と無垢板が造る空間は優しい空気が漂い、光が射した時の表情は格別です。

今回伊勢の赤土を使いましたが、篠山赤錆土や豊田赤土など色んな産地の土があり、使ってみたいです。
あと赤土だけでなく、白土、黄土、などいろんな表情の色土があります。

また、切り返し仕上げだけでなく、糊を入れたり水のみで仕上げる手法がありまたきめの細かい表情になります。

糊土仕上げ
角又など海藻のりを炊いてできた糊(のり)に色土と藁すさ、砂を混ぜて薄塗りしたもので、中塗りは主に下地材として利用された少し荒い仕上がりに対して、この糊土は昔から仕上げ材として使われてました。

水捏ね仕上げ
糊土はのりを使うのに対して、水捏ねはのりを一切使わず水と土、砂、スサだけで作った材で土壁でいう最高級仕上げです。
主に、数寄屋、茶室、高級料亭で利用されるもので、とても上品で繊細な表情です。

土の壁仕上げとして、じゅらくって言葉は馴染みあると思うのですが、
和室でよくみますよね。

じゅらくの由来は京都の聚楽第(じゅらくだい)で採取された土を使って、糊土仕上、水捏ね仕上げしたものの総称なんです。
メーカーさんでもじゅらく壁って製品があるのですが、あれは表情を似せて作ってるもので本物ではないんです。

偽物本物は私としては表情が良ければどちらでもいいのですが、やっぱり全然違うかなと思います。
今回見学会に来て頂けた方はなんとなく土の壁がもたらす空間の心地良さは感じてもらえたと思います。

私の家づくりのこだわりの一つです。
いかがですか。

四日市の家完成見学会 賑やかな2日間となりました。

先週末24(土)25(日)に四日市の家完成見学会をさせて頂きました。

一足早く、兵庫県から小さなお客さんが来てくれました。庭を眺めてるのか何をしているのかわかりませんでしたが、とにかくかわいい。
陽が射した杉床はほんのりあたたかくなっていて、気持ちよかったのかな、終始笑顔でした。
八角形にした柱は定番なのですが、八角形にする目的としては、
構造上しかたなく、柱が室内の真ん中にぽつんと出てしまった柱を四角形から角を落とすことで見た目てきにもやわらかくすることと、面を八面とすることで、触りやすくなるかなと思って八角形にしました。
こうやって遊んでもらえると結果がでたようで、うれしく思います。

お子様の無意識の動きが快適性のヒントになるなといつも思います。

見学会当日は少し早くに来て緑に水をやり、皆様が来るのを待ってました。
施工者の棲栖舎 桂の桂山さんがすこし動画とってくれました。

雨続きだったこともあり、庭のアプローチの石畳はまだ未完成ですが・・・小笠原庭園さんが見学会のために先に緑を入れてくれました。
うれしい気配りです。

桂山さんや事務所のスタッフさんも朝早くに来ていて、少しでもきれいに見てもらえるように掃除をしたり、室内を飾ってくれたりしてくれる姿を見るとしみじみとありがたいなと感じました。
一緒に造り上げた喜びは共有できたのかなと思っています。
大工をはじめ基礎、板金、電気、水道、左官、家具作家さん他の皆さんの技術がギュッと詰まった家になりました。

見学会2日間たくさんの方とお話することができました。
兵庫西や京都、大阪など3時間かけて来て頂いた方もいてとてもありがたい会となりました。

皆さんと造り上げた家をより一般の方に見てもらえるのはうれしいことで、これから家づくりをする人へ少しでもヒントになれたら幸いです。

見学会一日目のの夜には工事をしてくれた棲栖舎桂の桂山さんが職人さんを集めて打ち上げをしてくれました。
すこし長くなったので、続きはまた次回。

基礎工事 化粧型枠一体打ち基礎

藤井寺の家 基礎工事が進んでます。

ちょっと専門的な話なのですが、「化粧型枠一体打ち基礎」をしています。

基礎の断面図を見るとわかりやすいので。

一般的には基礎は2回に分けてコンクリートを打つんです。
図面の継ぎ目を境に平らな部分を先に打って、立ち上がってる土台がのる所は後から打つのですが

わけて打つと仕事がしやすいので一般的にはこのやり方です。
仕事がしやすいということは精度が安定してて、比較的安価でできるということなのです。

このやり方で充分なのですが、

知り合った基礎屋さんにより、一回で打つことが可能だったので、それを機に今ではこのやり方にしています。
一体打ちのいいところは、当然なのですが継ぎ目がないということ。

継ぎ目がないと何がいいかというと、

強度も上がる
シロアリ進入防止にもなる
地面の土の水分が継ぎ目から入らない。
基本継ぎ目よりも5センチ下を地面とするので、土の水分は入らないのですが、多少地面に高低差ができたとして、安心です。

いいことだらけの一体打ちのように思いますが、
なんでもそうですが、メリットもあればデメリットもあるんです。
メリットだけのものはこの世にないんですよ。

そのメリットデメリットを理解した上で何を選択するかが重要かなと。
それと予算に限りがある以上正論だけでは成り立たないのでどこまでするかも重要な要素です。

よく色んなご質問で○○は何がいいですか?
とかこれって決めて欲しいご質問が多いのですが、
完璧なものはなく、それぞれのメリット・デメリットがある中で、メリットが上回ったものを使うといいですよという返答をしています。

さて、コンクリート一体打ちのデメリットをお話します。

一体打ちにしようとすると、型枠の施工が難しいです。
先ほどの断面図をもう一度
コンクリート立ち上がりの部分の両側に型枠を設置するのですが、内側の型枠は浮かさないといけないのです。

ポンプ車を使ってコンクリートを流すのですが、コンクリートが流れるときの圧はかなりなもので、しっかりと型枠を設置しないと型枠が崩れてしまいます。
別の写真を見てもらうと、型枠にかなりの量のつっかえ棒があるのがわかります。それだけコンクリートが圧が掛かるってことなんです。
浮かしてるということは外側よりも固定しにくいのでより難しい工事なります。

二度打ちするよりも手間暇かかっているため、当然施工費が高くなります。

また、コンクリートを流したままの状態を仕上げとしています(コンクリート打ちっぱなし)が

ポンプ車を使ってざっと流すので、荒が出やすいので、コンクリートの上から左官で塗り仕上げとするのが通常なのですが、
後からモルタルをキレイに塗る仕上げよりもコンクリートそのままの表情が好きなのでコンクリート打ちっぱなし仕上げとしています。

デメリットとして、荒くなりやすく、そのまま仕上げとするので、やり変えはきかずでたとこ勝負です。
腹をくくるしかないないです。
私の考えだと、少々荒くなったとしても、キレイに塗るより表情がいいと思って採用しています。

型枠もキレイな仕上げにするために木製の新品の型枠を使うことになり使いまわしもできません。
仕上げと下地では施工の慎重さ時間手間は当然違ってきます。

コンクリート一体打ちさらに打ちっぱなし化粧は腕が良くないとできないことなのであんまりやりたがる方は少ないかなと思います。

ちなみに今月24(土)25(日)で完成見学会をする四日市の家の基礎も一体打ち、打ちっぱなしなので、見てると面白いですよ。