四日市の家、定例打ち合わせ、左官打ちあわせ

先週の土曜日に四日市でお施主さん、工務店さん、左官屋さんと打ち合わせでした。
今回は左官屋さんに外壁の見本を持ってきてもらうことになっていたので楽しみにしてました。
頼んでいた内容として、
土を混ぜて
水にもある程度強く
耐久性があり、
自然な仕上がり。
パターンとしてかき落としだけでなく、何かおもしろいもの。

すごく抽象的な要望にも関わらず、期待以上のものを持ってきてくれました。
土でもいろんな種類もの、仕上げも左官用語でわからない・・・
少しメモってきました。

まずは、
伊勢の赤土、砂、白セメントでブラッシング仕上げ。
伊勢の赤土って結構色が特徴的ですね。着色しているような濃い目の色ですが、なんも施していない土そのままの色。
仕上げはワイヤーブラシで横にすーと引く仕上がりで、これは馴染みのある仕上げ。
家が上品に仕上がります。あまり強く引き過ぎると目立ち過ぎるので、光があたった時にわかる程度のうすく仕上げるのがいいかなと思います。次は先ほどの伊勢の赤土に床土を混ぜたもの
だいぶ色が変わりました。
仕上げは芝削り。
仕上げは落ち着いた表情なので私はこれが好みかな。色合いとしては先ほどの赤土の色が勝ってるほうが明るくていいかな。
赤くても着色してないので、他の素材とマッチすると思し、室内も中塗り土があるので少し違う色合いがいいかな。
下の写真は真砂土、珪砂、セメントパターンとして右は掻き落とし、左は削り出し
んーーーーん。
見本の大きさでは芝けずり、削り出し、掻き落としの違いがよくわからないです。
外壁になれば面積も大きいので表情変わるのかな。
馴染みの土の色に一番近い色かなと。

この日は雨だったので、また晴れの日に見たいと思います。
どれも着色してない土なので、自然な感じでまとまるのでどれを選択してもいい感じになるので楽しみです。

土といっても全体の10~15%であとはセメントなので外壁を剥がれ落ちるってことはないです。

外部の木は保護のため着色するのですが、木の着色と外壁の色とを照らし合わせてみました。
最近木部の塗装として、できるだけ色が強調されないものを選ぶようにしています。
木の色が濃く表現されるものではなく、ほどよく馴染む淡い色を選ぶようにしてます。そのほうが馴染むような気がしてます。

楽しみです。

藤井寺の家 書類地獄(笑)

今日は、午前中はもうすぐ着工する藤井寺の家の開発の有無の事前相談の結果がでたので、市役所まで行ってきました。
敷地が1000㎡を超る場合は相談書を提出し、開発行為の有無(都市計画法29条 開発行為の許可)を役所に確認しないといけないのですが、今回2件新築する予定があるため、微妙だと言われていたのですが。

開発行為になるとこれまた大変。
結果、開発許可が不要ということでほっとしてますが・・・
引きつづき、古墳が近くにあるため、景観地区、埋蔵文化財の確認などがあり、これまた書類地獄です。
景観の図面や書類が多く必要で、緑の位置や屋根・塀の色などマンセル表示しないといけないし、立面図も着色しないといけない・・・
そんな景観を損なう色なんて使わないのに・・・口頭で許してほしい・・・
そんな訳にはいきませんね・・・

公への書類が一番嫌です。(笑)
一番ネックなことは、書類がめんどくさいだけではまあ私が苦しむだけなのでいいのですが、書類が受理されるのがかなり遅い・・・
30日掛りますってのがざらで結構待たされるのでつらいです。

今回手引書みたのですが、まずは申請する前に事前相談の書類を提出してその後申請という形をとるみたいで、
事前相談で30日以上かかって、その後申請して受理されるのに30日以内となってる。

長い・・・ 
そんなかかるかな書類を受理するの。
自分の目線や都合で人の作業の大変さを計るのはよくないですね。反省。

建物の解体があるので、少し時間は稼げますが、それにしても早く提出しないといけないかなと思います。
少々愚痴ってしまいましたが、景観を守ろうとしてることは、いいことなので前向きにと言い聞かせながら励んでます。

これ終わると長期優良のまたまた書類が・・・

つげの家 完成見学会のお知らせ

奈良市都祁(つげ)で新築工事を進めてきました「つげの家」完成見学会のご案内です。
12/09(土)・10(日)10:00~16:00で開催できることになりました。
名阪国道 針インターから車で5分
完全予約制(お申し込み頂いた方に地図をお送りします。)

 今回、この家の特徴として玄関を入ると通り抜けできる通り土間があって、北の田、南の庭(畑)に靴を履いたまま、行き着できるようになっています。
通り土間に隣接して洗濯、手洗い、室内物干しできる洗面土間を設け、農作業をしてもそのまま土を落としたり、洗えたりできるようになっています。

農作業を終えたご主人が汚れた服を室内に持ち込まないように考慮した点です。
なかなか便利なんじゃないかなと思います。

また、通り土間には和室を1部屋設けたので、家族のLDKと離れのようになっているので、来客さんがお泊りするにも遠慮なく過ごせるかなと思っています。
計画当初、留学生を受け入れることもあることと、ご主人がくつろげるスペースとして設けました。

私の狙いとして、敷地を初めて見たときに、遠くに見える山がとてもきれいで、敷地内にある柿の木もとても印象的でした。この借景を室内からきれいに見えるように、開口部を切り取ろうと思いました。
そのあたりもどう見えるのが楽しみの一つです。
北にはお施主さん所有の田があり、そことのつながりみたいなものを作りたくて、屋根付の縁をもうけ、田を眺めたり、田仕事で休憩する際に利用できるように造りつけの腰掛けを設けました。
またご近所さんとの井戸端会議としてもいい空間かなと思います。

外部の焼き杉も日に日に地域に馴染んできてます。
まだまだ書ききたいことはありますが、ホームページの「通り土間のある家 ブログ」を⾒て頂ければ幸いです。

国産材を使う


今回、構造材は三重県熊野の杉・桧を使っています。
柱、梁は主に杉を使っていて、土台や水回りには水やシロアリに強い桧の芯持ち材、見える柱は杉の芯去り材を入れてます。

日本の風土で育った木を使うことは安全面、耐久性、健康面、居心地、全てにおいて満足できるものです。
また、今回たくさんの国産の木を使って頂いたことにより、日本の山は活性化し、循環させることができ、次世代へいい状態で受け継がれていくことができます。
とても意義のあるありがたいことです。

杉、桧だけではなく、広葉樹もそれぞれの特徴を活かせる形で使っています。
年数が経ってくると、それぞれの木が違った色に変わっていくのも後の楽しみです。

自然素材

●1階のほとんどの壁には中塗り用の土壁、天井には本漆喰を使っています。

塗り壁は落ち着いた空間を作ってくれるところも魅力です。

今回のこの見学会は「これから家づくりを考える方に参考にしてもらえれば」というお施主さんの温かいご好意により開催することができました。
見学会は10:00~16:00の完全予約制になっています。お手数ですが、下記の申し込むフォームにご記入よろしくお願いします。
お申し込み後場所等の詳細を送らせて頂きます。
※お申込み時に車か電車かどちらでお越しになるかお聞かせください。ご案内をお送りいたします。
※事前にご予約頂いた方のみご参加頂けます。当日の飛び込み参加はお断りさせて頂きます。
※会場では手袋着用の上ご見学頂きます。現場保護のため、小さなお子様にはご配慮をお願い致します。

12/09(土)・10(日)完成見学会のお申し込み



<完成見学会のお申し込みは下記をご記入ください>

お名前 (必須)
 例 水谷 賀一

お名前ふりがな (必須)
 例 みずたに よしかず

〒番号 (必須)
 例 663-8124

都道府県
 

ご住所 (必須)
 例 西宮市小松南町2-4-10

電話番号
 例0798-46-8918

メールアドレス (必須)

ご希望日程
3/9(土)3/10(日)

交通手段
電車

メッセージ本文

アンケート
●当社のホームページを知ったきっかけをお聞かせください。
今後の活動の参考のため、具体的に教えて頂けると幸いです。


 

四日市の家 外部内部大工工事施工中

四日市の家、現場には行けてなく、来週にはいく予定をしてるのですが、現場サイドが写真を送ってくれました。
一番難しい外部の造作の木部建具がほぼ完了してるみたいです。吹き抜けのあるこの開口部には1階、2階連続して片引き戸+FIXがあるため、結構難しい大工造作になりますが、現場からあんまり質問もなくあっさり仕上がってます。
建具が入り内装が仕上がって、室内から外への眺めがどのように写るかとても楽しみです。また写真UPするので楽しみにしてください。

2階の天井を張ってくれてます。
棟木や母屋が隠れるように、天井板を張っているのですが、板を棟部に向かって張るようにしてるので、棟部で板と板合せることは結構むずかしいんです。
通常であれば木が合わさったところに木(見切り材)をつけて、接合部を隠してシビヤな仕事を避けるものなのですが・・・
今回、無理は承知である程度板と板がそろってればいいかなと思って見切り材をいれずにやってもらったのですが・・・
びっくりしました。目がそろってます。
4m材を半分に切って棟部で目が揃うように張ってくれたみたいです。
大工さんすごいですねー。

1階平屋部分の天井板も張ってくれました。

2階の天井板とくらべて色が全然違いますよね。でも同じ杉材なんですよ。色も塗ってません、どちらも素地です。

2階は源平といって白と赤が混じった材で、この1階の材は杉でも、赤の部分のものを選んで使ってます。
赤はマグロでいえばトロのようなところで、少し高いですが、この仕上がりを見ると、価値あるなと思います。

進んでいく過程を見るのはとても面白いです。
こまめにブログUPするのように心がけますので、また見てください。

奈良都祁の家 もうすぐ大工工事完了

なにかと、バタバタとしていて、ブログ更新して無かったです。
反省。

さて、奈良の都祁の家が間もなく大工工事完了です。
大工さんはじめ現場監督さんがこまめ連絡してもらって、色々と配慮をしてもらったと思います。
図面だけでは表現しにくい部分やわかりにくい部分など、細かいところの納まりまで、随時聞いて頂いたので、キレイな仕上げになっていると思います。
今回、この家の特徴として玄関を入ると通り抜けできる通り土間があって、北の田、南の庭(畑)に靴を履いたまま、行き着できるようになっています。
通り土間に隣接して洗濯、手洗い、室内物干しできる洗面土間を設け、農作業をしてもそのまま土を落としたり、洗えたりできるようになっています。

農作業を終えたご主人が汚れた服を室内に持ち込まないように考慮した点です。
なかなか便利なんじゃないかなと思います。

また、通り土間には和室を1部屋設けたので、家族のLDKと離れのようになっているので、来客さんがお泊りするにも遠慮なく過ごせるかなと思っています。
計画当初、留学生を受け入れることもあることと、ご主人がくつろげるスペースとして設けました。
私の狙いとして、敷地を初めて見たときに、遠くに見える山がとてもきれいで、敷地内にある柿の木もとても印象的でした。この借景を室内からきれいに見えるように、開口部を切り取ろうと思いました。
そのあたりもどう見えるのが楽しみの一つです。
北にはお施主さん所有の田があり、そことのつながりみたいなものを作りたくて、屋根付の縁をもうけ、田を眺めたり、田仕事で休憩する際に利用できるように造りつけの腰掛けを設けました。
またご近所さんとの井戸端会議としてもいい空間かなと思います。

外部の焼き杉も日に日に地域に馴染んできてます。

12月初に完成見学会をさせて頂ける事になりました。
なかなか建物をお見せできる機会が少ないので、ぜひご参加ください。
また詳細は後日お伝えします。

四日市の家 左官屋さんと打ち合わせ

最近何かと遅れ気味でバタバタとさせて頂いていて、ブログ更新もさぼり気味ですが、現場の進行状況を記録としてもまめにUPしていかなければと反省してます。

先日、進行中の四日市の家の現場に行ってきました。

今回、外壁・内壁ともに特徴のある左官仕上げとする予定で、現場で左官屋さんと打ち合わせしてきました。
外壁は石灰、中塗り土、スサ、白セメント、砂など調合して掻き落とししてもらう予定で、どんな感じになるか今からとても楽しみです。

あと中はいつもの中塗り仕上げにするのですが、少し塗り方、仕上げ方を変えてみてもおもしろいのかなと思っています。

現場は着々と進んでました。
天井断熱も防湿シートを連続させるため、配線スペースを確保し、天井下地上で断熱材を入れてくれてました。

勾配天井の断熱は外張り断熱とした上で、内部にも袋入りの断熱を入れました。私にしてはハイスペックです。ケースバイケースですね。

住まいの特徴として、全体的に高さをぐっとおさえて、重心を下げ絞っているので、うまく切り取れて庭に向かってきれい映ることを期待していますが、下地の状態からでもいい感じなのがわかります。
下の写真は玄関の中からポーチを見てるものですが、天井には杉板を張り、すっーと通ってみえる予定で、仕上がるとなんとなく伝わると思うので、また楽しみにしてください。

つげの家 現場確認

昨日、奈良つげの家を工事状況確認してきました。

いつも大工さんはじめ現場監督さんが「こっちの方がいいんじゃないか」など電話やメールでアドバイスをくれるのでとても助かってます。
今回、外壁の焼杉が仕上がり、二階の木製建具も入ったので、外観を見るのを楽しみにしてたのですが、とてもいい感じで仕上がってました。
焼杉の黒はとても特徴があるので、周りとの調和は大丈夫かなと少し気になっていたのですが、違和感なくよかったです。
それにしても焼杉は黒い。

緑が入るとよりよくなるのですが、今回は無しでお客さんが住んでからのお楽しみということで・・・
暮らしながら少しづつ変わっていく感じも楽しみだなと思います。

中も2階は大工工事はほぼ完了してして、1階の赤の杉の天井を張り始めていました。

南北に通りぬけできる土間はいい風が通るみたいで、とても楽しみです。
玄関建具上の明かり取りもなんとかきれいに納まりました。
12月の初には完成し、見学会もさせて頂けることになりましたので、またよかったら見学してください。

大きい家は立派な家ほど、後に困る 藤井寺の家 

藤井寺の家
スイッチ・コンセントなどの電気と各詳細の打ちあわせをさせて頂きました。
今後具体的に図面に落とながら打ち合わせを重ねて行きたいと思います。

お施主さんとお話した中で感じたこと。

現在ご立派な古民家に住んでいて、
今古民家ブームというか古民家をリノベーションが流行っているのですが、いろんな見解があるなと会話して思いました。

昔からあるものを大事にしそれを今に合うように継続させていくことはとても素晴らしいことだと思います。
店舗や展示スペースのように、継続して住むわけではない場合は見た目や雰囲気を重視することなので案外古民家を再生させることはそんなに難しくないように思うのですが・・・

実際に生活する場となると寒い、暑い、使いづらい、落ち着かないなど、デメリットが浮き彫りになって、
リノベーションするにしても大きすぎて、気軽に手を加えてもそれなりにしか納得がいかないし、全面すると新築と変わらないコストに。

第三者の私とかが一回みて立派でいいものに感じることと、その家に昔から住んでいて感じることは違う。
それは自分に置き換えてみるととてもわかるなと思います。
親が造り上げたものが立派なものだとしても、それに対して尊敬の念はあるものの同じようにいいなと感じるかは別かなと思います。
ちょっと冷たい感じですが、素直な気持ちなのです。

■その家にとても愛着があり、古いものをどうにか継続したい。
■受け継ぐことの大切さがかえって負い目になり重荷になる。

古民家を維持するのがいいのか?新築するのがいいのか?
答えはひとつではなく、どれが正しいかもなく、
「自分たち家族が今、これからの生活を楽しむために選択する」
でいいかなと思います。

第三者から見る正論と現実とは違う。それでいいかなと思います

今回新築することになるのですが、何かを継続して使わなければいけないこともなく、気持ちだけでも充分かなと思います。
周りの景観に配慮することは大切でそれは私の仕事してするべきことかなと思います。

今まで暮らしてきた住まいから新しい住まいへ
新しく家づくりをするのあたって、

リフォーム費用がかさむ、
減築するのしてもコストがかかる、
お掃除が大変
など大きくすることによって次世代はとても苦労を背負うことになることはわかりました。
ですので、必要以上に大きくしないことが家づくりってとても重要なことで、受け継ぐ受け継がないは次の世代には自由に選択できるようにしておいて上げるような家づくりがいいのかなと思いますし、それよりも自分たちの今を大事にしたらいいかなと思います。

つげの家 現場打ち合わせ

奈良つげの家現場打ち合わせ行ってきました。

室内もどんどん進んでました。
窓から見る景色はキレイで、壁などが仕上がっていくとより切り取った借景が際立つのを今から楽しみにしてます。

外壁の焼杉、張り始めてました。
色といい質感といい、なかなか特徴があり、この地にとても合ってると思います 。

そのあと、奈良五條に建具屋さんの工房へ行ってきました。
奈良は奥が深い。
この地もとても喉かでいいところでした。

木製建具はいつも気を配ってるところで、障子などの寸法を確認しました。
材種や金物などのお話も聞けたので、今後いろんなことをしていきたいなと思ってます。

この建具屋さんは古建具を再生してくれるので、昔の建具は手の込んだものが多いので利用して行きたい。
敷地内に竹林があって、
施工をしてくれてる輝さんが今週末「いしきりマルシェ」で流しそうめんをする竹を取りたいということで、
みなさんと一緒に竹を切ってました。顔には虫よけ掛けてなかったので、顔をやられました。(笑)

図面描くのに引き籠ってるよりも外にでて話してるほうが楽しい。

四日市の家 今日から棟上げ

2年くらい前から計画した四日市の家が、基礎も完成し、今日いよいよ上棟です。
スタートするにあたって先週の土曜日に打ち合わせをさせて頂きました。
今日も現場に行きたかったのですが、何かと詰まってきてますので、断念させてもらいました。

施工をしてくれる棲栖舎桂さんが色々と配慮してくれてるおかげかなと思います。
やはり、上棟の時は、計画したものが実際に建つ喜びなのが実感できるので、うれしいものです。

この家づくりは、ガレージのところに桧の門型フレームがあるので、その柱にピンポイントに合せるのが難しいです。
そのあたりは事前にチェックしてもらっており精度の高い基礎をしてもらってます。
基礎も一体打ちの上に化粧一発打ちなので、なかなかの難易度かなと思いますが・・・

土台も今日の上棟の先駆け敷いてもらってます。

施主さんも今日見に行ってくれているので、私だけ留守番ということで、近日見に行きたいと思います。

完成に向けて現場の職人さんとお会いできるのを楽しみにしてます。