自分でできる家の診断「耐震診断」

こんにちは、水谷です。

以前、家は、災害の苦い経験を基に進化してきている、とお話させて頂きました。

進化してきているということは、建てた時期によっては、今起こりうる地震に耐えられないものもあります。

みなさんの住んでいる家が、どのくらいの性能の家かを知ることは、今後、安心して住みつづけるためにも必要なことだと思います。

性能を知るためには、耐震診断 をした方がいいのですが、私たち建築士に頼む以前に、自分でも簡単に耐震診断することができます。

簡単な質問に答えるだけで、今後の地震に対する対策を判定してくれます。

「誰でもできるわが家の耐震診断」 (財団法人日本建築防災協会)

簡単内容の質問が10項目あります。

一度試しにやってみて下さい。

やってみて分からないことがありましたら、お気軽に質問してくださいね。

※この診断は木造平屋建てか2階建てが対象で、3階建てやマンションには使えません。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

家の健康診断

今、ちょうど仕事場の近くのお家の耐震診断をしているのですが、

そもそも「耐震診断って」みなさんあんまりよくわからないですよね。

耐震診断は、何を診断するかというと、家の基礎や柱や壁などの主要な部分の位置や劣化部分を点検し、それをもとに構造計算をして、想定される地震に対して安全かどうか確かめるのです

阪神・淡路大震災の際、昔の基準で建てられた家が主に倒壊したため、

国や地方自治体が、地震による破砕・倒壊を未然に防ぐために既存の住まいに対して、耐震診断の強化をはかっています。

私も以前に少し勉強して、耐震診断士の修了認定を頂きました。

耐震診断は、私にとって好きな仕事のひとつなのです。

というのも、今は家の設計をしていますが、以前は、大工さんと共に現場で作業をしていたので、床下を潜ったり、天井に登ったりすることに全く抵抗がないですし、劣化した部分をみるとすごく勉強になるので。

ただ、机の前に座っているよりも、外で作業している方が楽しいからですけど

健康診断と同じで、耐震診断はリフォームを考えているいない関わらず、一度はしておいた方がいいと思いますよ。

自分の体と住まいの健康管理は大事ですよ。

耐震診断は補助制度もあって、大阪の豊中市だと、条件があえば、5000円くらいで診断できる場合もあります。

各行政機関によって、条件、金額が異なるので、ご興味のあるかたは、気軽に聞いてくださいね。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

リフォーム・リノベーションするなら

何年か住むと当然リフォームする時期がくるのですが、

畳をフローリングに替えたり、壁のクロスを張り替えたり、キッチンを入れ替えたりすることもリフォームなのですが、これらはいわゆる、「模様替え」にあたります。

みなさんは「模様替え」と言えば、季節が変わるごとにカーテンや部屋の家具の位置を変えたりすることを指しますよね。

建築で模様替えもそれと同じかんじで、柱や土台といった建物の主となる構造部を全く触らず、部屋の汚くなった部分を綺麗にすることになります。

車に例えると、エンジンやその他の内部の機械を全く触らず、ボディの塗装だけをして、見栄えだけを良くするような感じです。

見た目はよくなっても、寿命は変わらないですよね。

住まいは私が生まれてから震災や資源の枯渇などを背景にずいぶん建て方や考え方が変わってきて、ずいぶん改善されているのです。

リフォームをする際には、模様替えだけでなく、家の中身をしっかりと見てもらって、構造部分の劣化を強化したり、今よりも夏涼しく、冬暖かく過ごせるような住環境を整えることで長~く快適に過ごせるようにしてもらってくださいね。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!