国産の木を使う理由

日本の国土の2/3が森林で、世界の先進国をみても、フィンランド、スウェーデンに次いで第3位の森林大国なんです。

「エコの国」として有名なドイツでさえ国土の1/3しか森林面積がないのです。
皆さんご存知でした?

私たちの世代では、生まれた時から緑が身近にあって、森があるのが当たり前なんですよね。

しかし、海外ではそうではありません。
乾燥が激しく、一度植物が途絶えればたちまち砂漠化してしまう場所が多く存在します。
そう考えると、私たちはとても恵まれた環境で育っているのです。

日本の森林は約2500万haあって、そのうち約1300万ha(約5割)が天然林、1000万ha(約4割)が人工林、残りが無立木地、竹林です。

その約4割の人工林は戦後、後の日本の資源として植えられたのです。
木を伐採し、その伐採した場所に苗木を植え、伐採した木は資源として利用して有効に利用してきたのです。
しかし、この豊かな日本の森林が危機的な事態に陥っています。

木は50年~60年くらい月日が経って、家の柱や梁として使うことができます。
戦後に植えられ、多くの人によって育てられた木が使うことができるまでに成長しました。

地産地消で日本の森は需要と供給のバランスを保ってきたのですが、
高度成長期を機会に「商品化としての量産の家づくり」が増え、ピンチヒッターだったはずの輸入木材にシェアを奪われてしまったのです。

せっかく育った日本の木が使われなくなったのです。

では、「放っておいても育つんじゃないの?」と思うかもしれませんが、人の手によって植えられた木は、人が手を入れてあげないとちゃんと育ちません。
山に関わる人たちは、木材が売れないとを育てることさえもできません。

手入れされず、荒れ放題になった人工林はやせ細った木ばかりとなり、根が弱まり、保水力を失ってしまい土砂崩れなどを引き起こす原因にもなっています。

これから数十年後、日本の森はどうなってしまうのでしょうか?
建築に携わる私たちが未来にできることは家づくりに日本の木を使うことなのです。

家づくりに使う木は、気候と向き合って育った国産の木を使うことが一番自然で適正ではないかと思います。
>>家づくりに使う木
>>無垢板のススメ
>>木にもイロイロ「無垢板と合板のちがい」

>>国産の木「杉」について
>>国産の木「桧」について
>>国産の木「松」について


人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

隠れた美

昔、家づくりの現場で作業しているときに、いろんな職人さんの仕事をじっと見ていました。

かっこいいなと思った部分は、家が完成して、隠れて見えなくなるところ程、すごく丁寧に繊細に仕事をしているところです。

職人さんに「みえなくなるのだから、見栄えは気にしなくてもいいんじゃないですか?」と聞くと、

「見栄えを良くするしないとかではなく、家というのは、何十年も住むところなので、手を剥くとそこから、劣化してしまう。

見えるところは、悪くなるとすぐにわかるから、取り替えることできるが、隠れてしまうところは、すぐには替えれない。だから見えないところには慎重に仕事しないといけないんやで。

これは人生においても同じやぞ。」

と話してくれました。

多くの人に認められようと思えば、見えやすいところのほうがわかりやすいのですが、認められる認められないということではなく、家に住む人のことだけを思い造っているのでしょう。

写真は昔家づくりには欠かせなかった土壁の下地で竹小舞といって、土を塗るための下地で、仕上がると完全に見えなくなります。

格子状に編まれた竹は綺麗に並んでおり、美しいです。
思わず見とれてしまいます。こんな綺麗で繊細なものが見えなくなるんですよ。

人はみな美しいものに魅かれます。

私は、表よりも中の美に魅かれます。

なぜなら長く楽しくいれるのだから。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

和についてちょっと。

「和」を辞書で調べてみると、①和らぐ(やわらぐ)、和む(なごむ)②日本的なのも③足す、加える④混ぜる

といったことが書いてあるのですが、

これらを要約すると、「和」とは日本伝統的なものだけでなく、いろんな要素を混ざり合って、心が和むものをつくりだすことを意味しているように思います。

日本の歴史でいえば、常に海外からの影響を受け古代においては中国、近代はヨーロッパ、現代はアメリカの文化やや社会に仕組みを取り入れてきました。

影響を受けるといっても、今の中国のように、そのまま受け入れるのではなく、日本の良さを保ちつつ、「足したり、加えたり」して、自国の新しいものを生み出してきたように思います。

うまく吟味し、発展させるところが、日本の最も優れたところだと思います。

日本は昔から、繊細で清楚な美意識をもち、勤勉で、ものづくりに対して妥協しない姿勢が特徴で、今なお変わらず持ち続けています。

着物や織物、染め物などが代表的で、あの繊細美は日本独特のものでしょう。

最近、いろんなものづくりをする業種の方々と接する機会が多く、「中国に仕事が流れて仕事が減ってきて、今後が心配だ」とお話を聞くのですが、

中国にもアメリカにもできないものがあるはずです。

日本では到底成功しないといわれていた、自動車産業も今では世界一、その他でも今なお日本産のものは高級品として扱われています。

小さな島国では考えられない発展を成し遂げてきたと思います。
お人好しの人種なのですから、交渉能力で勝てる訳がありませんので、すべて技術のおかげでしょう。

短期間のことで考えれば、しんどいかもしれませんが、モノの価値観はやはり自国でしか生めないものだと私は思います。

自分の又自国の技術を信じ邁進してほしいなと思います。

それが日本って国なんですから。

今日はちょっと大きな話題でした。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!