松について

今回は、「松」まつについてお話しますね。

【松】 花言葉「不老長寿」「永遠の若さ」「勇敢」

一般的に「松」と言えば、「クロマツ」や「アカマツ」を指すことが多くて、冬にもずっと緑の葉を茂らせることから、松は昔から「不老長寿の象徴」とされてきました。

「松竹梅」と言うように、梅や竹と並んで、おめでたい樹木なんです。

日本の風景を描いた絵の中に、とてもよく登場するのが「松」の姿ですが、能の舞台にも背景として必ず松が描かれていて、歌舞伎や狂言の世界でも松の背景が多く使われてるそうです。

松は、最も「日本文化を象徴する木」と言えるかもしれませんね。

前回もお話しましたが、杉は豊かな土地を好み、桧はそれより少しやせた土地、さらにやせた土地で生きるのが松なんです。

環境が悪いなかで育つのですから、たくましいですよね。

松の仲間は、明るい場所が大好きで、栄養の少ない土地にも耐えて生長することができます。だから、何かの理由で森が消失してしまったような場所に、真っ先に生えるのが「松」なんです。

逆に、色んな樹木と一緒に日の光を分け合って生長することは難しく、そういった環境の中では子孫を残せない木でもあります。

ところで、みなさんの大好きな「マツタケ」って松の中でも「アカマツ」にしか生えないんですよ。

さて、住まいづくりに使える木として今回ご紹介したい唐松「カラマツ」。

カラマツの特徴と言えば、何と言っても「紅葉」。

杉や桧、松などの針葉樹(葉が針のように細長い樹種)は、紅葉しないものがほとんどで、日本ではカラマツが唯一、黄色く色づく針葉樹(写真)なのです。

すごく美しい黄色なんですよ。

無意識に、カラマツの紅葉を目にされている方、意外と多いと思いかもしれません。

カラマツは、他の松と同じく、明るい場所が好きで、生長が比較的早いので、杉や桧と同じように、戦後たくさん植えられました。特に、中部地方より北の寒冷地でよく見られます。

「松」と聞けば、自由奔放にねじ曲がった姿を想像されて、家づくりに使う木として、不向きると思うのかもしれませんが、カラマツはそれほどでもなく、上手に乾燥・加工する技術もあるので、フローリングなどに十分使うことができます。

かたさで言えば、柔らかい杉とかたい桧の、ちょうど中間といったところでしょうか。適度に肌触りが良く、傷もつきにくいです。

色は、全体的に赤味がかった綺麗な色をしています。油分が多いので水にも強く、住まいの色んな所に使うことができ、月日が経つと飴色の艶が出て、とても味わい深い色になります。

杉や桧が、茶色や黄色がかった色に変化していくのに対し、年月を経ても赤味が一番良く残るのがカラマツかなと思います。

私は、フローリングの中ではカラマツが一番好きですね。

「杉」「桧」「松」とお話させて頂きましたが、それぞれ木には特徴があって、実際に育っている木を見て、それから加工された木材を見るとより楽しめると思います。

また、それぞれに共通するのは年数が経てば経つほど、いい色に染まって味わいが出てきます。

住めば住むほど、楽しめる「木の家」ってよくないですか?

その他にも、水や腐れにとても強い「槇(マキ)」や、白アリにめっぽう強い独特の匂いが特徴の「青森ヒバ」、さらには、テーブルやイスなど、家具に使うととても綺麗な桜や栗と言った広葉樹など、本当に様々な樹木がありますが、また、後日お話したいと思います。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

無垢板のススメ

前回からの流れで、今回は「無垢板のススメ」についてお話します。

なぜ、合板フローリングが使われるようになったか?

きっと、今みなさんが木だと思っているものの多くが、実は合板が多いので、どれが無垢板か合板かわからない人がほとんどだと思います。

写真のように断面をみればわかるのですが、表面からみるとわからないですよね。

表面は同じように見えても、木としての機能があるもの(無垢板)、ないもの(合板)とでは、まったく違うものなのです。

なぜ、こういった合板がたくさん使われるようになったかというと、合板は、無垢板のように湿度によって動いたりすることがなく、扱いやすいからです。

そのため、ものを造るのに、都合がよく、さらには安く、木の製品を造ることができるのです。

ただ、これらの製品には、木が本来もつ効果は期待できず、そういう意味でも、合板と無垢材とは全く違うもので、比較できるものではないのです。

また、無垢板が動くのは湿気を吸ったりはいたりしているためで、一本一本それぞれに個性があって、動き方も様々です。

昔から、大工さんは、そういった木の個性を見ぬいて、加工し留めつけていたのです。

よく無垢板を使うと、動いて不都合が起こるのではと心配される方がいらっしゃいますが、熟練された大工さんがしっかり仕事をしてくれるので、大丈夫なのです。

大工さんの仕事については後日書きたいと思いますのでこのあたりで。

あと、無垢板のフローリンは手入れがしずらいのではとご心配される方はいらっしゃいますが、そんなことはありません。

昔と同じで、固く絞った雑巾でたまに拭いてやれば充分です。

ワックスも自然系のものを一度塗るだけで大丈夫です。

こまめに手入れしたい方は、毎年大掃除のときにでも塗り直せばきれいにつやが出ます。

あと、少し傷つきやすいのですが、多少の傷なら、水をつけてやると元にもどリます。

傷は生活していくとあまり気にならないようになりますが、どうしても気になる方は、サンドペーパーの細かいもので、少々削ってください。色が少し変わりますが、月日が経てば周りとなじんできます。

合板の場合はきずがつくとそのままだし、こまめに油性のワックスを塗る必要があるので、無垢板のほうが手入れは簡単だと思います。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

木にもイロイロ「無垢板と合板のちがい」

みなさんのお家でも木のものが身近にあると思うのですが、木と思っていても、見ためだけのものが意外と多いんですよね。

中でも、無垢板と合板の違いがわからないという事を耳にすることが多いので、今日はこのテーマで。

 

写真はフローリングですが、左側が「合板」で、右が「無垢板」です。

断面を見ると、無垢の木には「年輪」が見えるのに対し、合板は5枚の板が貼り合わせられているのが、わかると思います。

無垢板は山から伐採されて、家のフローリングになっても、「木」が本来もつ機能が失われないので、次のような効果を得ることができるんです。

▼調湿効果

無垢板のフローリングは、以前お話した土壁と同じく、湿気の多い時は水分を吸収して膨張し、乾燥している時には水分を放出して収縮します。

無垢の木が伸縮すると言われているのはこのためなんです。
膨張と収縮を繰り返すことによって、室内の湿度が調整され、快適な状態を保ってくれるのです。

▼安心な素材

無垢のフローリングには合板フローリングに使われているような接着剤が使われていませんので、安心して使うことができます。特に幼いお子様がいるご家庭や、化学物質過敏症の方には安心です。

▼無垢材の断熱性

無垢のフローリングは、合板フローリングに比べ、木の繊維に多くの空気を含んでいるため、断熱性や保温性が高く、夏にはひんやり、冬には暖かく感じます。

そのためスリッパを履かなくても、素足で歩いても快適に過ごせるんです。
また、暖房器具を利用して、いったん室内が暖まると、無垢のフローリングは温かさが冷めにくいので、快適に過ごせます。

冷房を利用した場合は同じようにも快適に過ごせます。


▼経年変化

前にお話しましたが、無垢フローリングは、月日が経てば経つほど艶がでて、味わい深い色に変化するめ、経年変化を楽しむことができます。

▼その他の効果

木の多い所へハイキングに行ったり、散策したりした時に爽快感を感じたことないですか?

木がもつ、本来木が外敵から身を守るために作り出す、フィトンチッドという物質がリフレッシュや消臭、殺菌に効果を発揮するんです。

以上をみると、やはり無垢板を使う方がいいですよね。

木の節って何?

今回は木の節の話をさせて頂きます。
ちょっとマニアックな話ですので、雑学と思って読んでください。

みなさんのよく目にする木製品は節のないものが多いんじゃないですか?

そもそも節って何?

節は写真の茶色の点の部分のことなのですが、この点は、「枝」の跡なんです。

樹木は枝を張って葉っぱを茂らせて初めて、太陽の光を集めることができ、生きていくことができるので、枝のない木などないのです。

となると…節のない木って??どういうこと???

じつは、節の無い木は、ただ「表面に節がない」ということなんです。

昔は柱を隠さずに家を造る(真壁工法)ことが主であったため、見た目に美しい節のない木が良く使われたため、そのニーズに応えるための山側が意識して
節のないの木をつくったのです。

では、どうやって無節の木をつくるのでしょうか?

まず、1本の木から柱をとるためには、丸い丸太を四角く製材する必要があります。

例えば、4寸角(12cm四方)の柱をとるためには、最低でも直径17cmの丸太が必要です。

図の四角の部分が柱だとすれば、この表面に節が出ないように育てればいいわけですね。
(ちなみに、切り落とした枝がもう一度生えてくることはありません。)

なるほどねって感じですよね。

ですから、節の無い木は節のある木と比べて手間ひまがかかっているです。

節のあるなしは見た目だけの問題で、家の強度には関係ないので、魅せるところに節の無い木をそれ以外は節のある木を使い分けれることによって、密度のあるいい木の家ができちゃうんです。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!