国産の木を使う理由

日本の国土の2/3が森林で、世界の先進国をみても、フィンランド、スウェーデンに次いで第3位の森林大国なんです。

「エコの国」として有名なドイツでさえ国土の1/3しか森林面積がないのです。
皆さんご存知でした?

私たちの世代では、生まれた時から緑が身近にあって、森があるのが当たり前なんですよね。

しかし、海外ではそうではありません。
乾燥が激しく、一度植物が途絶えればたちまち砂漠化してしまう場所が多く存在します。
そう考えると、私たちはとても恵まれた環境で育っているのです。

日本の森林は約2500万haあって、そのうち約1300万ha(約5割)が天然林、1000万ha(約4割)が人工林、残りが無立木地、竹林です。

その約4割の人工林は戦後、後の日本の資源として植えられたのです。
木を伐採し、その伐採した場所に苗木を植え、伐採した木は資源として利用して有効に利用してきたのです。
しかし、この豊かな日本の森林が危機的な事態に陥っています。

木は50年~60年くらい月日が経って、家の柱や梁として使うことができます。
戦後に植えられ、多くの人によって育てられた木が使うことができるまでに成長しました。

地産地消で日本の森は需要と供給のバランスを保ってきたのですが、
高度成長期を機会に「商品化としての量産の家づくり」が増え、ピンチヒッターだったはずの輸入木材にシェアを奪われてしまったのです。

せっかく育った日本の木が使われなくなったのです。

では、「放っておいても育つんじゃないの?」と思うかもしれませんが、人の手によって植えられた木は、人が手を入れてあげないとちゃんと育ちません。
山に関わる人たちは、木材が売れないとを育てることさえもできません。

手入れされず、荒れ放題になった人工林はやせ細った木ばかりとなり、根が弱まり、保水力を失ってしまい土砂崩れなどを引き起こす原因にもなっています。

これから数十年後、日本の森はどうなってしまうのでしょうか?
建築に携わる私たちが未来にできることは家づくりに日本の木を使うことなのです。

家づくりに使う木は、気候と向き合って育った国産の木を使うことが一番自然で適正ではないかと思います。
>>家づくりに使う木
>>無垢板のススメ
>>木にもイロイロ「無垢板と合板のちがい」

>>国産の木「杉」について
>>国産の木「桧」について
>>国産の木「松」について


人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

築90年「土壁の焼鳥屋」

先日、大阪で築90年の長屋の焼鳥屋に行ってきました。

建物を見る楽しみとおいしいものを食べられる楽しみ。

こんな幸せなことはありません。

日本人は特に、昔から食と住とは、すごく密着していて、桜や紅葉など綺麗なロケーションで、食事をしたり、お酒を飲んだりすることが好きですよね。

居心地の良い空間で、食事をすればなんだか気分がいいです。
(ここの店は料理だけでもおいしいです)

家においてもそうで、奇抜な空間よりも、落ち着いた居心地の良い空間のほうが、食は進みます。

料理に自信のない方は、発想を変え、シチュエーションでごまかしてみてはどうでしょか(笑)

ちょっと脱線しました。ここの店は、土壁にカマド、土間など、昔ながらのアイテムがたくさんで、京都のおばーちゃん家にいるみたいでいい気分でした。

料理もこだわりがあって、特に鳥の刺身が美味しかったです。

写真一番左が肝。これ特におススメ。

想像通り、中庭もありました。長屋は縦長の建物なので、部屋全体に光や風を入れるためには中庭は必須です。

ここの中庭は2坪くらいの大きさで、夜でかなり蒸し暑かったので、、光と風を感じることはできませんでしたが、いい雰囲気を漂わしていました。

蚊取り線香のにおいがして、少年時代の思い出がよみがえりそうで、団扇を扇ぎながら、スイカを食べれば、いい絵が取れそうです。

トイレの洗面ボールには釜を使っていました。斬新ですね。
なんともオシャレ。写真撮り忘れたので、次回撮りますね。

その周辺にも長屋のカフェや洋服屋がありその一部の町だけが昔にタイムスリップした街並みになっています。

あまりよく見てないので、また探索にいこーと思います。

大阪でも昔ながらの空間を楽しめるところがあるのって、いいですよね。

一度行ってみてください。

ちなみにこの店、オーナーが自ら改装したみたいです。

いいセンスしてますね。

イミテーションをつけて飾ろうとしてしまいがちですが、うまく建物の歴史を継承したものになっています。

ホントお勧めですよ。

可真人(カマド)
大阪府大阪市北区浮田1-5-23

大阪駅から谷町線中崎町駅 一番出口 徒歩5分です。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

土壁のススメ

こんにちは、水谷です。

今回ご紹介するのが昔懐かしい土壁

写真のように、土壁は壁の中に竹を編み込んで、そこに土を塗り込んで造るんです。
今では、こんな手の込んだ作業は、なかなかみることはありませんよね。

ところで、皆さんの生まれ故郷はどこですか?
地域によっては、まだまだたくさん土壁の家が多く残る所もあると思います。

夏休みに故郷へ帰省し、ひんやりと澄んだ空気に触れ、心地良く感じたことはありませんか?
「エアコンの風」とは一味も二味も違った、凛とした清涼感、それこそ、まさに「土壁」のなせる技なのです。

なぜ、土壁は涼しいかというと、土が空気中にある湿気を調湿してくれるからです。

軽石を想像してもらえば、わかりやすいと思います。
軽石に水滴をつけると一瞬のうちに水を吸い取りますよね。
それが、石や土は吸湿(放湿)作用があるからです。

 

夏の場合は、土が湿度を吸ってくれるので、室温が一定だとしても、室内の湿度が下がるため、涼しく感じるのです。

逆に冬の場合は、土が湿気を放湿してくれるため、室内が乾燥せずに快適に過ごせるのです。

土壁の家は年間通じて40~60%の湿度に保たれるので、人が心地良く、快適に生活できる湿度なのです。

そう、土壁の家は、高温多湿な日本の夏にとって最適な家なのです。

一方、冬の土壁の家は、昔の民家のイメージから寒いと思われがちですが、現在の断熱材を付加することで、暖かく、また、土壁は蓄熱作用がありますので、一度暖められた室内はなかなか冷めることがありません。

「土」ってすごく良くできていますよね。

快適に過ごすためにやっぱり自然のものを使うのが一番ですよ。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!