屋根の形状・向き・勾配の根拠 土壁の家 豊能郡

「ホタルの家」足場がおリました。
P2010139
施主さんと建物を眺めてる写真。平和だなーと改めて思います。

写真では大きい建物のように見えますが、1階30坪であとはロフト(天井1700mm~2300mmあるので2Fですが)なので、それほど大きくありません。

「屋根の形がインパクトあるね」とよく言われるのですが、意匠的にというよりも、必要な高さ、空間取りをするとそうなったんです。

何がいいたいかと言うと意味もなくこんな形になった訳ではないですよーということなんです。(笑)

屋根の計画したときをちょっと振り返ってみます。

この土地の周辺には、360°建物がなく、東西南北それぞれ違う景色があって、それをどのように家に取り込むのか?そのために、屋根を東西に流したほうがいいのか?南北に流したほうがいいのか?

悩みました。

北の方角の山の形が綺麗で、優雅な感じがしたので、家の中からでもこの山や空が見えたらいいなと考えていたんです。
131126_150649

そのためには高いところにガラスがいるので、屋根が下ってくる軒側には高窓を造るのは難しいかなと漠然と考えていたんです。
けらば(軒がない方)側の矢切の部分にFIXガラスを入れるのがいいかなと思っていました。

また、アプローチは西からなので、玄関は平入(軒がある方)の方がなんとなくイメージが沸く。
(昔から妻入り(△側)、平入(軒がある方)って昔から意味のあるもので、建物や用途、地域などによって決められていたみたい。)

そのなこんなで東、西に屋根を流すことに決めました。

高台にある隣接した南面道路が屋根のようなUP、DOWN勾配になっているので、車でそこを通ると、屋根に登って、降りていく感じになるんで、調和してる感じがします。

、屋根の軒を玄関庇と兼用としてすっきりとさせてます。
P2010140

■屋根の勾配

玄関の庇を付けるのはあんまり好きではないので、玄関の庇と軒は兼用と考えていて、軒を玄関の庇の高さにあうように、できるだけ軒は低くしたい、

また、昔の家のように、柿とかその他野菜など、軒にぶら下げて乾かせるよう、手が届くほどの軒の高さにしたい。
軒先から屋根に登って遊ぶってのもいいかなとか想像してました。
a1380_000869

ちょっと間取りの話を挟みます。
LDKは開放感がある少し高い天井が欲しい。その他の洗面・トイレ・浴室・寝室の部屋は高い天井は必要としない。

そのため、洗面、、トイレ・寝室などを東側にまとめて配置し、その上にロフトを設けることにしました。

ロフトの勾配天井の最低寸法を一般男性の身長の高さ1750mmとし、先ほど決めた玄関の軒の高さと線で結んで、勾配を決定しました。その結果3.2寸勾配になりました。

反対側の短い屋根は、ロフトの中心部に棟をもっていき、棟の点と1750mmと設定したロフト桁高の点を結んで、屋根の勾配を決めました。西面の大屋根とは異なる2.2寸勾配になっています。
名称未設定-1
両側で勾配が違うというのも珍しいですが、違和感なくできました。

屋根の形はいろんな要素が混ざってこのような形になったんです。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

25坪の家

こんばんわ。

「小さな家で豊かに暮らす」をテーマに以前24坪の家を手がけたのですが、今回は1坪増えて、25坪の家を計画中です。

詳細図面と構造図面を作成中です。

お客さんの限られた予算の中でどれだけのことができるのか?
現在金額調整中で、我慢してもらわないといけないところがあるのが心苦しい。

でもいい家になりますよ。
同じことを何度も言ってますが、メリハリだと思う。
適材適所、バランスの良い計画。

ですので、面積(25坪)もこのぐらいが丁度いい。

打ち合わせも終盤に差し掛かり、いつも「自分の家ならどうだろうか?」と意識的に振り返るようにしています。

お客さんにとって一生に一度の買い物なんですが、私にとっては、毎日取り組んでいること。
ですので、取り組みの重大さを意識的に感じるようにしています。
008

まあこんなもんでいいか・・・

なんてことのないように。

最後まで、隅々まで注げるように。

自分目線にならないように。
固定概念にとらわれないように。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

小さな家で豊かに暮らす セミナー

こんにちは、水谷です。

今日、「小さな家で豊かに暮らす」という題で講師をしました。

人前で話ことが大の苦手で、避けれるのであれば避けたいところだったのですが・・・

普段から、頭の中でインプットされたこと・持論などをアウトプットするのは得意ではなく、いつも言葉が頭についていってない感じです。

建てたあとに、快適にくらすために、楽しく暮らすために、余計なメンテメンテナンス・維持費をかけないために

質の高い家づくりを目指す。

今の時代からすると、

必要最小源のスペースでハイスペックの家づくり。

つまり

小さな家で豊かに暮らすなんです。

キッチンや洗面化粧台を買うように光や風はお金では買えない。

土地の条件というより、設計の工夫次第。

居心地のいい空間は広い部屋、利便性のよい機器では満たせない。

自然を感じながら生活することで豊かに暮らせるんだと思います。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

小さくてもゆとりある贅沢な空間を

こんばんわ。

ももちゃん家が完了してほっと一息と行きたいところですが・・・

ももちゃん家は1階12坪、2階12坪、計24坪のお家だったのですが、見学会で子供を抱き抱えた若いご夫婦さんたちには「このぐらいがちょうどいい」と好評でした。

私はももちゃん家をする前から「小さい家」が好きでした。
学生のころ、「9坪ハウス」の写真を見てこれいいって思ったんです。

増澤邸。

増沢洵さんの設計。

その名の通りご自身の自邸。

1952年(昭和27年)に造られたもの。

200坪の土地にポツンと建築面積9坪の家(1階9坪2階6坪)

ですので、敷地が狭いからではないんです。

住宅金融公庫から借りれる金額が少なかったらしいですが。

3×3坪の正方形の家。

こんな小さいのに吹き抜けを3坪も造っているんです。
とても思い切った設計です。

家って必要なものをおしつめるように、面積を最大限大きくとろうとするもの。
しかしそうすると実用的な要素しかなく味気なく、ゆとりがない。

贅沢な空間をもうける。
これってとても大切なことなんです。

吹き抜けであったり、長いアプローチ、坪庭、中庭
必要空間を最小限にしても余裕のある空間をもうけると、生活にゆとりがでます。

しかも家にいることが楽しくもなります。

決まっていい家にはこういった空間が存在します。

いざお客さんも図面をみると、
長いアプローチは距離があるので、できるだけ玄関を近くにってなりがちなんです。

駅から歩くことを考えると敷地の中の動線って結構短いんです。

自邸のアプローチで庭花をみて散歩もいいもんですよ。

吹き抜けももったいないから部屋をもう一部屋又はそれぞれの部屋をできるだけ大きくってなりがちです。

しかし、吹き抜けは光や風を家全体に取り入れることができるし、空気を家全体に循環することができる。
そのため、それぞれの部屋がとても豊かな空間になるんです。

「ももちゃん家」も24坪ですが階段のところが吹き抜けになっています。
そのおかげで、1階2階すべての部屋が明るく、風が通ります。

面積を大きくするか小さいけれど快適な空間とするかなんですが、

小さくても、家を精神的なくつろげる空間とするほうがいいように思うのですが、

いかがでしょうか?

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

24坪の家完成見学会

ももちゃん家、無事見学会終わりました。

おかげさまでたくさんの方々がきてくれました。

ありがとうございました。

小さなお子様をもった30代のご夫婦の方が多かったです。

施主さん「ももちゃん」も来てくれました。

ももちゃんを筆頭に家の中、子供たちが走り回ってけっこう大変でした。


足触りが良く、柔らかい杉の無垢板を使ってるせいか、寝転がって遊んでる子供が多かったです。

気兼ねなく寝転んだり、這いつくばったりできる素材を使うって、とてもいいことだなと再認識できました。

来てくれたお客さんの反応は、

「24坪とは思えないくらい広く感じるね」。
「とても明るい家ですね。」

というご意見が多かったです。

天井を高くとったことと、東と南から光を充分に取り入れたからだと思います。

今回のチャレンジの一つとして、
1階の東には窓を全く設けずに(厳密には設けれなかった)いかに東面にあるリビングを明るくできるのか。
部屋の隅々まで光を通せるのか。

2階の階段吹き抜け部の東窓を大きくとり、1階東のリビングないし西のキッチンまで光を通す。
2階の吹き抜け部の南面も窓を大きくとり、リビングに光を通す。

夏、冬の太陽の角度を計算し、試みました。

それがうまくいきました。

東の階段吹き抜け部の窓。木のルーバーを付けることで優しい光が入ります。


南面階段茎抜け部のFIX窓と風を通す横滑り出し窓。奥にみえる格子はベランダの手すり。

スケルトンの階段から光が漏れています。自然美ですね。

光って工夫次第で、うまく取り入れることができることが分かりました。
大きな収穫です。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

ももちゃん家完成間近

こんばんわ。

以前からブログで紹介している「モモちゃん家」が今週で完成します。

あと、金木犀、シマトネリコなどの植栽・郵便ポストなどを取り付けると完了です。

完了する安堵感と終わってしまう寂しさとで複雑な心境です。

今回の取り組みは30代の同世代のお客さんとかわいい「3歳のももちゃん」でした。

素材・構造には妥協はせずに、面積は無駄なスペースを省いた24坪そして1000万台のお家です。

同世代のお客様と取り組むことが以前からあまりなく、どちらかというと年配の方が多くて、
同世代は目線が近く、話も合うので、とても身近な感じがしました。

楽しくそして、私を必要としてくれたことにとてもありがたくやりがいのあるものでした。

このお客さんと出会い、家づくりを計画してるなかで、節々に「水谷さんがそういうならそれで」とか、「いつもありがとうございます」、「無理をなさらないように」と

終始お気遣い頂いて、取り組んだ日々はとても充実した毎日で私の存在価値を少しでも感じれたひと時だったように思います。

いい家づくりができたと自負しています。

いい家づくりはものでもなく予算でもなく、技術ではなく、信頼関係がすべてではないかと改めて感じました。

やるのであれば、楽しんで取り組むもうっていつも自分に言い聞かせて日々がんばろうとしています。

しかし、自分のやる気以上に、お客さんから期待するお声を頂けることが一番のやりがいとなりました。

おそらく、私が取り組めた環境は贅沢なことでとても恵まれているのだろう。

ありがとうは私の方だったんだろう。

家づくりは完成し住んでからのほうが肝心です。
これからも長くお付き合いできればいい道へ進めるような気がします。

ももちゃんからもハートの折り紙、沢山の元気をわけてもらいました。

ありがとう。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

階段かかりました 24坪の小さな家

ももちゃん家階段かかりました。

なかなかいい出来です。

ももちゃんもお気に入りかな?

それほど大きくないリビングの一角に階段があるため、できるだけ重くならないように、又、上の窓から光が入るように、ストリップ階段(踏込板がない隙間のある階段)にしました。

後ろから見た様子。

杉の質感の柔らかさと開放感のある階段がなかなかいい感じにマッチしてる。


かわいいももちゃんとおっさん大工さんとの光景はミスマッチのような・・・
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

基礎工事スタートです。

地盤改良が終われば、すぐに基礎工事。

基礎工事は「基礎」というように、とても大事なところです。

主に仕事の流れとして、

まずは、やり方といって、建物の位置や高さを機械等を使って、しっかりと測ります。

建物が建つ部分の地盤面の位置(設計GL)を基準に高さを確定していきます。

設計GLの決め方として、これは設計者が決めるのだけれど、

間取りの状況、駐車場と道路の高さ、地盤の高さ、敷地内の最終の枡(汚水、雨水)の高さ、隣地の高さ(水は高いところから低いところに流れるので隣地よりも少し高くしたい)、基礎工事における土を掘る量などを考慮して決めます。

今回は駐車場のところの地盤と建物の地盤は別に考慮して、玄関からのアクセスが良く、あまり土を取らなくてもいい位置に設計GLを設定しました。

位置、高さが決まると、土を掘削します。

掘削が終わると、砕石を敷いて、充分に転圧します。

その上に、地面から湿気が上がらないように、防湿シートを敷き込みます。

引きつづき、捨てコンといって、鉄筋や基礎の位置を墨出しするために、コンクリートを打ちます。
土のままだと、印つけれないですからね。ただそれだけのためです。

続きはまた後日。

基礎工事の説明してもあんまりわからないですかね?

とにかく、しっかり工事してるかどうか監理します。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

格子のススメ

昔の家、特に京都の町家によく見ることができる格子。
窓先に取りつけたり、装飾的な効果もあるため欄間や襖、障子等の内部建具にも付けられていました。

でも、最近ではあまり見かけなくなりました。
なんでだろ??手間暇がかかるからかな。

周期的に木が並んでいる姿はとっても美しいです。

見た目のデザイン性から生まれたわけでなく、室内の採光と通風を確保しつつ、外部からの進入と視界を制限できる効果としての機能から生まれたものなのです。

日本人は昔から、家の中でも外の風景を楽しむといった、家の中にまで自然を取り込む習性にあります。
そのための手段として、格子は大変役に立つアイテムなのです。

規則正しく並んだ格子の影や反射した光はとても風情があってなぜか癒される。
夜になると、室内の明かりが外の格子を照らし、建物が行燈のような雰囲気がでます。

格子こそ機能美だと思います。

以前の施工例

>>光や風、自然を取り込む家 土壁

いい感じのモダンなアプローチ

こんにちは、水谷です。

最近めっきり寒くなりましたね。

夏は強いのですが、冬は苦手で、休日は、家から一瞬出たくなくなりますが、じっとしているのも我慢できないので、
できる限りの完全装備で出かけます。

先々週、先週、神戸でなかなかいいモダンなアプローチを2つも見つけました。
ですので、ちょっと紹介。

JR三ノ宮駅近くのGREEN HOUSE Silva

林の中を通って店へアプローチ。

斬新。

店の方角は西。ということは、木たちがキツイ西陽を遮って、程よい陽をあたえてくれる。
その上、林を通って流れる風は森林浴のような心地よさ。

短いアプローチですが、その一瞬で自然を感じ取れる。

なかなか勉強になる。これやってみたい。

夜も木をうっすらと照らしまた違った雰囲気を楽しめる。

続いて、三ノ宮駅と北野のちょうど真ん中くらいのサ・マーシュという食べログでも高評価のパン屋さん。

店を入るまでのアプローチが結構長くて、両サイドに木の塀が。

夜に行ったので、照明と木塀がいい感じでした。

以前に木の家の施工例でアプローチのお話させて頂きましたが、
アプローチって結構いいもんで、目的地までのすごく短い散歩が、癒しをあたえてくれる。

家なら玄関までのアプローチが、仕事モードからプライベートモードに切り替えさせてくれる。

こんなスペースって贅沢だけど、できれば取り入れたいですね。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!