収納のかたち

いい家を造っても、物をしまいこむ「収納」がなく、計画時に試行錯誤考えた、眺めの良いくつろげるスペースが「もの」で溢れかえって、台無しになってしまうケースがよくあります。

良い空間で、快適に暮らすためにも、「もの」をうまく収納できるように、考えておく必要があります。

「もの」は生活していると、増えたり減ったりするので、置き場をあらかじめ考えておくことは、難しいです。

そのため、生活しながら、必要となれば邪魔にならない箪笥などの可動収納をうまく使いわければいいのですが、できれば、必要不可欠なものを置くスペースくらいは家造りの際に考えておきましょう。

特に小さいお子さんをお持ちの方は、家の中に「もの」が溢れかえって、どのように収納すればいいか悩んでいる方、多いのではないでしょうか?

収納スペースをうまく計画し、ものの整理ができれば、部屋がすっきりし、効率よく「もの」の出し入れができます。

一番の収納法としては、物をなるべく置かないことです。
必要でないものは残さない。(私はO型で、掃除や片づけがあまり得意ではないのでこれを常に心がけています。後でこれ残しておけば良かったと後悔することも多々ありますが)

ものが多くなると、当然、今までよりも全体のスペースは小さくなりまし、片づけることも、物の置き場所を把握することも、困難になり手間が増えます。

ものを置かないように心がけることでだいぶコンパクトにまとめることはできますが、それでも年々保管して置きたいものは増えていきます。

次のステップとして、常日頃使わないものは、納戸にまとめて置いて、常に出し入れするものは使うところにコンパクトにして置くように考えるといいです。

注意点として納戸は大きくしすぎないこと。
奥さんと打ち合わせして、「できるだけ納戸を大きくしたい」と仰るのも知っています。
納戸を大きくしたら、大きくした分だけものが増えるのも知っているのです。
ですので、あえて納戸は必要以上に大きくしないようにとお話するのです。

家造りの際に考える収納として、それぞれの部屋に1個づつのウォークインクローゼットを設けるのは、余りにも雑ですし、また収納スペーをいたずらにたくさん設けると、生活する場が小さくなりもったいないです。

適材適所にものが収まるようにしたいので、いつも、プランの取りかかる前に、持ち込みたい家具などを計ってもらったり、本や荷物等の数えてもらっています。

もともと本が多い方は、わざわざ本棚を買ってきて、部屋に置くよりも、あらかじめ壁に造り付けの本棚をつくる方が、部屋がすっきりして、使い勝手がいいです。

本のタイトルがわかるように奇麗に並んでいると、気持がいいですよね。

私の家づくりのプランは廊下というものをは通るだけのものとせず、机や本棚をつくるようにしています。
そこにパソコンを置いて、書斎にするもよし、子供の勉強部屋にするのもよし、共用の自由な用途のスペースを造るようにしています。

下の写真は階段を上がってすぐの、夫婦の寝室と子供部屋を繋ぐ場所に家族が自由に使えるスペースを設けました。

今では、この空間が一番利用しているみたいです。(特にご主人さんが使うみたいです。寝室では、ちょっとした仕事できませんしね)

大きな収納をたくさん造ろうと思えば、少し頭をひねって、何かの部屋を小さくしたり、削る作業をしなければいけませんが、小さい収納は造ろうと思えば結構造れます。

また、収納は大きく一つ設けるよりも、用途別に小さいものが多く造るほうが、使いやすかったりします。

家族構成、趣味など、各家庭によって異なるので、当然収納の大きさや位置が異なるのは当たり前のことです。

家族が個性を生かして暮らしていくためにも、それをまとめる収納を考えることは大切なんです。

引越しして4ヶ月25坪の家 収納上手です。
中庭のある家 家族五人の住まい。たくさんものがあるにも関わらず、食品庫、シューズクローゼット見事です。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

柔軟な家づくり「動く収納壁」

以前、長く快適に暮らすためには、「構造骨組みを頑丈にすること」や「室内環境を快適にすること」とお話しました。

そういったハード面はとても重要なことなのですが、それ以外にも、家族構成の変化や子供の成長に、順応できることも必要だと思います。

そのためには、家を建てる際にきっちり間取りを固めてしまわず、後のことを考えて、柔軟に変化できるような家づくりをしておくのも一つの手段です。

以前、両親と小さいお子さん2人(3歳と5歳)のおうちをさせて頂いた時に、子供部屋に、「動く収納壁」を使って自由に、間取りが仕切れるよう計画しました。

consept————————————————–

子供が物心つくまでは、開放的なスペーズで、2人を遊ばせる。

物心ついて、各々が個室が欲しくなれば真ん中に収納壁を設け、個室をつくる。

子供が独立すれば、収納壁を端に寄せ、広い多目的スペースをつくる。

次世代になれば、繰り返し。

——————————————————————

固定した壁を設けたとしても、後に取り除くことは可能ですが、また、リフォームをしてもらわなければいけませんので、けっこう面倒です。

逆に自分たちで気軽に壁を動かすことができると、気分次第で模様替えすることができます。

今回の件でいえば、完全に2室に分けて、間仕切り壁を中央に設けると、奥の部屋に光や風が入り込まなくなるので、壁を天井まで設けず、上を空けたいという意図もありました。(写真参照)

家づくりは完成すれば終わりではなく、住んでからが肝心だと思うのです。

家族が成長し、変化していく中で、家も成長していければ、飽きることなく、楽しく暮らせます。

変化する家いかがですか?

今回画像にアニメーションgifを使ってみました。

動きがあってわかりやすくないですか?

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

個性のある家

こんにちは、水谷です。

以前、兵庫県の「ある山奥」にある佇まいを見学させて頂いたのですが、とても特徴があって印象深かったので、今回みなさんにご紹介します。

ここは、山と山に囲まれた湖以外は何も見当たらない自然豊かなところで、母屋と離れのある一軒だけがぽつんと建っていました。

その佇まいが見学させてもらったところで、一軒だけぽつんと建っているのは、さみしい感じもしましたが、空気も新鮮で、風景が綺麗なので、それをすべて独り占めできるのうらやましいさがありました。

とても静かな時間が流れているのだろうな

上の建物は離れの写真ですが、ここがとても印象的なところでした。

この離れの建物は東京の有名建築家さんが設計したらしいのですが、木造平屋建てで、平面が7m×7mの正方形の14坪のかわいらしい大きさの建物になっています。

屋根が「方形」(四方からの棟が中央の一点に集まる四角錐のようなもの)になっていて、とても綺麗でした。

昔の茶室はこの屋根が多く、「方形」は上品な家に多く見られたと言われています。

この部屋は何に使うかは、後にお話しますが、とても贅沢な空間ですよ。

上の写真は室内から屋根の中心部を写したものです。方形の屋根は4方から中心部に構造骨組みを集めて、中央部で骨組みを支えるのが特徴で、重心がしっかりとしているので、とてもバランスがいいです。

骨組みの見た目も整形なので、美しく、まるで傘のようです。

この建物の用途は、じつは、読書をするところなんです。

面白いことに、壁は窓以外全部本棚でできてるんです。

窓から映る四方はすべて借景を楽しむことができ、それ以外は本。

また、建物の外周りに縁もついているので、天気のいい日は外の空気を感じながら読書を楽しむことができるんです。

本好きにとってはとても贅沢な空間ですよね。

ここまでとはいいませんが、みなさんもそれぞれ趣味やこだわりがあると思います。

それを中心に家づくりを大胆に考えてもいいかもしれません。

個性のある家はいかがですか?

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!