吉野の製材所に行ってきました

今日、吉野の製材所に行く予定にしてたのですが、朝早くに「こっちはかなり雪降ってますよ」と電話。

大阪は寒かったものの、雪は降っておらず、まあ大丈夫だろうと車を進めたのですが・・・

吉野はこの冬一番の大雪。チェーンもなく、スタッドレスもはいていない車だったけど、行けるところまで行くことに。

ところで、雪山はほんと美しかった。

あっという間に製材所到着。結構いけるもんだな。

ここの製材所は決して大きくはなけど、とても誠実。
担当の若い青年は親切で、やる気に満ちてる感じがいつも清々しい。

ここは、主に無垢板のフローリングを扱っているのですが、吉野ならではの艶があってとても綺麗。
しかも木の乾燥がしっかり出来ています。

乾燥?

木は伐採した際はとても多くの水分を含んでいて、その水分を含んだままでは、家づくりに使うことはできません。
生活の場の環境に適合するように、製材した木を乾燥機にかけて乾燥させる必要があるのです。

乾燥がしっかりできていないと、生活した際に、板が収縮し、動いてしまいます。

ましてや、床暖房をするとなれば、部屋は過乾燥になるため、普通よりもさらに乾燥された板が必要になってきます。

ここの材は厚さ30mmの杉のフローリングで含水率12%。かなり優秀なんです。
床暖房のフローリングとして充分使えます。

桧も綺麗でした。

リフォーム・リノベーションするなら

何年か住むと当然リフォームする時期がくるのですが、

畳をフローリングに替えたり、壁のクロスを張り替えたり、キッチンを入れ替えたりすることもリフォームなのですが、これらはいわゆる、「模様替え」にあたります。

みなさんは「模様替え」と言えば、季節が変わるごとにカーテンや部屋の家具の位置を変えたりすることを指しますよね。

建築で模様替えもそれと同じかんじで、柱や土台といった建物の主となる構造部を全く触らず、部屋の汚くなった部分を綺麗にすることになります。

車に例えると、エンジンやその他の内部の機械を全く触らず、ボディの塗装だけをして、見栄えだけを良くするような感じです。

見た目はよくなっても、寿命は変わらないですよね。

住まいは私が生まれてから震災や資源の枯渇などを背景にずいぶん建て方や考え方が変わってきて、ずいぶん改善されているのです。

リフォームをする際には、模様替えだけでなく、家の中身をしっかりと見てもらって、構造部分の劣化を強化したり、今よりも夏涼しく、冬暖かく過ごせるような住環境を整えることで長~く快適に過ごせるようにしてもらってくださいね。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!