杉の赤身が一番好き

家づくりに使う木として、戦後に家づくりの資源して植林された杉・桧がたくさんあることから、杉、桧が比較的安価なこともあり、構造材や下地材に杉、桧はよく使っています。

杉・桧以外では、欅、楢、桜、松なども使うのですが、希少ということもあり少し高価なので、ここぞっていう箇所に使っています。

杉・桧が家づくりのメインになるのですが、
以前にお話しした、杉は空気を多く含んでいるため、柔らかく温かいのでフローリング材に最も適した材なのです。
ここで使う杉は節もあり比較的手に入りやすい材を使ってます。
(それでも少し選別して赤身勝ちって材をつかってるのですが)

家一軒の中で一番杉が多く使われているのですが、
そんな手軽な杉でも一部分の赤身だけは木の中でも一番高価で美しい木とも言われています。

杉は丸太を見るとわかりやすいのですが、中心部と外側で色が違います。
中心部の赤い部分を赤身というのですが・・・

この赤身の部分でも節があまりなく(中心部なので特に)、目が通ったきれいな赤身はとても希少で、それがとても美しいんです。

写真の色がちょっと悪いですが、この柾目の通った密な赤杉はかなり貴重なもので、大工さんが寝かしていたもを使ってくれました。

私も実際みて切れ端を持って帰って家に飾ってます。
いい赤身はピンク色していて、光沢があってとてもきれいです。
ずいぶん昔に、赤杉で作った水屋の写真だと色味が少しわかるかも。

赤身だけの材を木どりして頼むのは高価になってしまうので、
赤身勝ち(赤身の部分が多くなるように)という形でいい赤杉を家づくりに組み込ませるようにしています。

杉は産地や育て方によってさまざまで、
一本の丸太でも木取りの仕方によって性能、色、見た目が全然違うんです。

魚に例えるとマグロみたいな感じですかね。
大トロが今回いう柾目の赤身杉って感じです。

いつも杉を頼む際には色味と節の多少、目の通り方などを指定して頼んでいるんです。

杉はそれだけ奥が深いです。

皆さん家づくりの際に使う杉材こだわって見ると面白いですよ。