服は一か所にまとめる。

各部屋にクローゼットを設けるよりも、大きめのウォークインクローゼットを設けることが多いです。
ウォークインクローゼットを設けて家族全体の服をすべて置いて、着替えもそこでする。
着替えるところを一か所にすることで各部屋の大きさはぐっと小さくできます。

服の出し入れ収納も各部屋にもっていかなくてもいいのでかなり楽になります。

家から帰ってWICLで着替えて、脱いだ服を洗面脱衣所へ。
洗濯した服は外へ干して、室内で服をたたんで全部WICLへ。

WICLと洗面脱衣所、物干し場の動線をできるだけスムーズにすることで家事への負担はかなり減ります。


以前設計した家の例です。

ちょっと見にくくてすいません。
玄関土間から洗面で手を洗って、一直線でWICLで着替えてそれを洗面脱衣へ。
再びWICLへ行って着替えて、リビングへ。

洗濯時は洗面脱衣所で洗濯をして、WICLを通って物干しへ。
物干しからリビングへもっていってたたんで、WICLへ。

洗面、WICL、物干しの配置をうまくすることによって動線はかなり短くなります。
家事の動線と来客者や家族との動線とが交わらない裏動線になっているので気兼ねなく家事できます。