小さい家の7つのメリット

はじめに

24坪の家

長年家づくりを設計してきて、一番とも思える問題点は家の大きさです。
結論として家は小さいに越したことないです。
大きくすることがあまりにもデメリットを多すぎて後にどうしようもない問題点に直面します。
デメリットは後にお話しするとして、
今回は大きくすることの問題点ではなく、小さい家のメリットを7つ紹介したいと思います。

質を上げることができる

面積の大小は費用に大きく影響するところ。面積が小さくなれば、別のところにお金を回せます。
家そのものの維持費や光熱費などのランニングコストをトータルに考え、できるだけいい素材を選ぶことは、長い目で見れば賢いコストバランスだと思います。

日当たりが良く、風が抜ける家づくりができる

敷地が北側の道路一方しか開いておらず、残りの三方は隣の家が境界線ギリギリに建っている家。都会ではよくある光景です。
敷地いっぱいに家を建てようと思うと、日当たりは日射が入りない北側にしか期待できません。

日照条件のよい、南側に開けている土地を探しても、そういう土地は大抵高くてなかなか手が出せません。

小さな家にすれば、比較的方角を気にせず家を配置できるので土地の条件に縛られることなく、日当たりのよい家づくりができます。

冷暖房効率が高いので光熱費が安い

小さい家は当然冷暖房に使うエネルギーも少なくて済み、毎月の光熱費の負担は軽減します。

従来のように部屋ごとに暖めたり、冷やしたりすると結露やヒートショックの原因にもなりますので、家の中をできるだけオープンにし、空気を循環させ家全体を一定の温度にすることが大切です。

空間利用率が高い

部屋に行くためだけの廊下や来客のための客間などの利用頻度が少ない部屋を省くことで、すべての空間を効率よく使えます。
部屋が小さくても、外に庭を設けたり視界を通すしたり、吹き抜けを設けたりするなど、部屋を圧迫感を感じないようにする工夫はたくさんあります。

また、子供が巣立った後のことまで考慮した間取りにしておくことも大切でより効率的に利用できます。

緑やアプローチを充実させて生活にゆとりがもてる

自分の家で自然を感じながら生活できることはとても贅沢なことです。
庭に咲く四季折々の花を眺めながらの食事や会話は家事や仕事の疲れを癒してくれます。

居心地のいい空間は部屋の広さや機器などの利便性が解決してくれるものでもなく、大切なことはやはり自然を感じることだと思います。
土のある暮らしは心身を癒してくれるだけでなく、夏の日射しを和らげてくれたり、隣地とのプライバシーを緩和してくれます。

掃除が楽

単純にスペースが少ないので、掃除が楽です。家が建った後の建物のメンテンナンスも少なくできます。
多忙のあなた、老後の出費をできるだけ減らしたいあなたにとって、掃除が楽でメンテナンスも少なくなることは魅力的ではないでしょうか。

無駄なものを置かなくなる

片付けられない悩みの解決方法として、スペースを限定するといいと聞きます。
スペースが多いとモノが溢れかえり、どこに何があるか分からず、かえって使いづらくなります。
小さいスペースはすっきり暮らすための意識改革を促してくれます。