子供室の作り方

間取りを作るにあたって、子供室の優先順位は低いです。
子供はいづれ巣立ってくので、巣立った後で使い道を考えないといけません。
まずは家族が集うLDKを最大限活かしたうえで、子供室の大きさは決まってきます。

その限られたスペースの中で無駄ななく作るようにしています。

24坪の家を例にお話ししていきたいと思います。

24坪の家は1階が12坪2階が12坪の限られたスペースでの家づくりで、
2階がLDKで開放的なLDKを作るために、子供室や寝室を1階に押し込む感じなのですが、

お子様は小学生の双子くんで、二人部屋です。
二人で10帖になってます。

中途半端な無駄なスペースを作らないために、机、ベット、収納はすべて作り付けにしました。
ミリ単位でシビヤに作りました。

シンメトリーになっていて、反対側にもベットがあり970幅で二つ作りました。
マットレスのクリアランスを含めて1000幅とったほうが良かったかなと・・・

机(引き出し付き)が3.3mもあって充分すぎる大きさです。
机の上部には本棚、反対側には収納スペース。
机下にもモノを収納できるようになっています。

二人で10帖で収納付き。一人で割ると5帖しかないですが、でかい机など遊んだり、勉強したりする環境には充分すぎます。
家具を置くとなるとこんなスペース効率の良い空間はできなかったと思います。
すべてがギリギリの奥行きで設定したからこそだと思います。

子供が巣立った後でも机もそのままで書斎として使えますので、空間は無駄にはなりません。

いかがですか?