天井に構造登り梁を見せるver堺

天井の仕上げとして、構造の一部である登り梁を見せるケースもしばしばあります。

堺の家では2階にLDKを設け、天井は登り梁を見せる仕様にしました。
毎回登り梁のサイズと間隔は微妙に変化させるようにしていて、今回は45幅の180幅の大きさで228mmの間隔です。
今までで一番間隔を狭く、その上勾配も変化させているので、とても動的な天井になっています。
その分壁などはシンプルにして調和させています。

天井はいつも節がほとんどないものを使ってすっきりとさせています。
なぜ、連続した天井の中で、勾配を変えているかというと、
勾配の天井はだんだんと天井が高くなっいくのは当たり前のことなのですが、
その高さが高すぎたり、低すぎたりすると空間が落ち着かないものになるので、室内の空間の心地よい高さにするにあたってそうなったという感じです。

天井だけが目立ちすぎてくどくならないように、床・天井が木なので、木を使う面積を減らしつつシンプルな白を壁を設けています。
写真ではわかりにくいですが、障子も少し白塗装することによって木の存在を柔らかくしてます。

このように、天井を構造表し(登り梁を見せる)仕様にした場合は、壁などの素材はできるだけシンプルに木を減らすようにすることが大切かなと思います。

すっきりとした水平の天井にする場合は造作のもので木の動きをつけるようにしています。

結局は全体をどう調和させるかなのかなと。