障子のススメ

こんにちは、水谷です。

今回ご紹介するのは先人の知恵「障子」。

 

ガラスは壁と比べて熱を伝えやすいので、ガラス面が多くなればなるほど、断熱性は低下します。
しかし、窓は風通しや日射など、周囲の自然環境を取り入れるためには不可欠なもので、少なくしたり、小さくしたりでいないものです。

そこで、ガラスの性能をより高い「Low-eガラス」を使うことは標準として、さらに断熱性能をあげる有効な手段として、昔からある「障子」が使えるのです。

例えば、冬の場合、外部の冷たい風が窓から室内に入るのを遮ったり、暖房した温かい空気を逃さない役割をしてくれるのです。

夏の場合は、強い日射を緩和してくれるのです。

夏の暑さの原因となる「日射し」を断つことは、とても重要で、障子以外にも「軒」(のき)や「庇」(ひさし)、「簾」(すだれ)などがその役目を果たしてくれます。

障子がちょっと和のイメージが強すぎて嫌という方は、断熱性が高く、見た目がシンプルなハニカムスクリーンがお勧めです。ハニカムブラインドはまた別の機会にご紹介します

ちなみに私は「雪見障子」と言って、障子が上下に開くようになっており、開いたところにガラスが入っていてるタイプの障子が障子が好きです。

炬燵(こたつ)に入りながら、外の庭の雪を見られるので「雪見障子」と呼ぶのです。

夕日越しの障子の風合いもいいですよね。

下の写真はshun_sさんからお借りしたものなのですが、情緒あふれるいい写真ですよね。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

京町家から学ぶ「通り庭」のススメ

今回は、私がよく取り入れる「通り庭」をご紹介します

「通り庭」って、ご存じですか?

通り庭は、京都の町家で見ることができ、玄関から裏庭までの土間の部分のことをさします。(間取り図参照)

京都の町家は、「ウナギの寝床」と表現されるように、敷地の幅が狭く奥行きが長いため、そのまま縦長に建物を造ってしまうと、それぞれの部屋に満遍なく光や風を取り込むことができないのです

そのため、どの部屋にも光や風が奥まで入り込めるようにするために、「中庭」や「通り庭」が造られたのです。

通り庭の一部には台所があるのですが、(間取り図参照)
当時は石釜で木を燃やして火をおこしていたため、台所を土間がある通り庭に設けていたのです。

また、台所の上部には、火袋といわれる吹き抜けがあって、天井にある天窓から煙を外に逃がしていました。
そういえば、私のおばあちゃんの家も台所は土間にありました。

当時は今のように冷暖房や換気設備がないので、
建物を工夫する知恵で、自然の力をうまく取り入れることで快適に暮らしていたのです。

■知恵で作られた通り庭

靴を脱がずに通り抜けできるため、人の出入りや商品の搬入などがスムーズにできる。

風の通り道としての役割があり、新鮮な空気を出し入れができる。

室内の奥まで光を採り入れることができる。

といったメリットは現在の家でも充分取り入れることができますよね。

今省エネやエコといったことをよく耳にすると思うのですが、暑さや寒さをがまんしたり、省エネ器具に頼らなくても、建物の工夫でできることもあるのです。

キッチンを土間にというのは、今ではちょっと難しいですが、通り庭のような半外部的な土間やアプローチは有効だと思います。

また、少し距離の長い通り庭や玄関アプローチの足元に咲く四季の花を眺めながら帰宅するのも趣があっていいと思うのですが。

すこし心に余裕もてる空間はいかがです?

図面及び上部写真は京都町家資料館さんから転載したものです。

「通り庭、玄関アプローチ」施工例


人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!