小さな家をススメル理由2

小さな家にすることによって、日当たりや風通しが良くなる。

敷地が北側の道路一方しか開けておらず、残りの三方は隣の家が境界線にびっちりと建てられていることは、都会でよくある光景です。
敷地いっぱいに家を建てようと思うと、日当たりは、直射日光が入らない北側しか期待できません。

そのため、その土地はあきらめ、日照条件のよい、南側や東側に開けている土地を探そうとしますが、好条件の土地は高価で手がでません。

小さい家にすると、敷地一杯に家を建てなくて済み、土地の条件に縛られることなく、日当たりがいい家づくりができます。
また、家の隅々まで、光や風を通すこともできます。
⇒風を通す
仮に冷(暖)房をかけても、すくに、小さいので家全体がすぐに涼しく(暖かく)なります。
また、光熱費も大きい家に比べると当然安くなります。

小さくするだけでも省エネになるのです。

>>小さな家をススメル理由3

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!