屋根の形状・向き・勾配の根拠 土壁の家 豊能郡

「ホタルの家」足場がおリました。
P2010139
施主さんと建物を眺めてる写真。平和だなーと改めて思います。

写真では大きい建物のように見えますが、1階30坪であとはロフト(天井1700mm~2300mmあるので2Fですが)なので、それほど大きくありません。

「屋根の形がインパクトあるね」とよく言われるのですが、意匠的にというよりも、必要な高さ、空間取りをするとそうなったんです。

何がいいたいかと言うと意味もなくこんな形になった訳ではないですよーということなんです。(笑)

屋根の計画したときをちょっと振り返ってみます。

この土地の周辺には、360°建物がなく、東西南北それぞれ違う景色があって、それをどのように家に取り込むのか?そのために、屋根を東西に流したほうがいいのか?南北に流したほうがいいのか?

悩みました。

北の方角の山の形が綺麗で、優雅な感じがしたので、家の中からでもこの山や空が見えたらいいなと考えていたんです。
131126_150649

そのためには高いところにガラスがいるので、屋根が下ってくる軒側には高窓を造るのは難しいかなと漠然と考えていたんです。
けらば(軒がない方)側の矢切の部分にFIXガラスを入れるのがいいかなと思っていました。

また、アプローチは西からなので、玄関は平入(軒がある方)の方がなんとなくイメージが沸く。
(昔から妻入り(△側)、平入(軒がある方)って昔から意味のあるもので、建物や用途、地域などによって決められていたみたい。)

そのなこんなで東、西に屋根を流すことに決めました。

高台にある隣接した南面道路が屋根のようなUP、DOWN勾配になっているので、車でそこを通ると、屋根に登って、降りていく感じになるんで、調和してる感じがします。

、屋根の軒を玄関庇と兼用としてすっきりとさせてます。
P2010140

■屋根の勾配

玄関の庇を付けるのはあんまり好きではないので、玄関の庇と軒は兼用と考えていて、軒を玄関の庇の高さにあうように、できるだけ軒は低くしたい、

また、昔の家のように、柿とかその他野菜など、軒にぶら下げて乾かせるよう、手が届くほどの軒の高さにしたい。
軒先から屋根に登って遊ぶってのもいいかなとか想像してました。
a1380_000869

ちょっと間取りの話を挟みます。
LDKは開放感がある少し高い天井が欲しい。その他の洗面・トイレ・浴室・寝室の部屋は高い天井は必要としない。

そのため、洗面、、トイレ・寝室などを東側にまとめて配置し、その上にロフトを設けることにしました。

ロフトの勾配天井の最低寸法を一般男性の身長の高さ1750mmとし、先ほど決めた玄関の軒の高さと線で結んで、勾配を決定しました。その結果3.2寸勾配になりました。

反対側の短い屋根は、ロフトの中心部に棟をもっていき、棟の点と1750mmと設定したロフト桁高の点を結んで、屋根の勾配を決めました。西面の大屋根とは異なる2.2寸勾配になっています。
名称未設定-1
両側で勾配が違うというのも珍しいですが、違和感なくできました。

屋根の形はいろんな要素が混ざってこのような形になったんです。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

土壁 裏返し

外周部から荒壁を塗り、約一週間が経ちました。

引き続き、室内側から外周部で塗った土と同じものを塗っています。これを「裏返し」というんですが。

室内の壁は見え掛かりとなるので、外から塗った時よりも慎重に進めないといけないんです。

貫が入っているところは木が収縮したりとかして、室内の壁がひび割れしちゃう可能性があるんで、昔は貫のところに長いスサを入れて、壁が割れないように工夫をしていました。( 貫伏せ)

現在はより強力な、ガラス繊維のファイバーテープというものを使っています。
さかん屋さんが「こっちのほうがいいよ。」と見せてくれました。
o0360027012785347600o0420031512785348761
これを貫のところに土と一緒に塗りこんで、準備はOK。
o0420031512785352254

写真を見るとキレイに仕上がっているので仕上げのように見えますが、これで完了ではないですよ。

土を乾燥させて割れたところを利用して、今塗った土よりも細かい粒の土でまた塗り重ねていきます。

これだけ多くの土をぬるんだから、調湿性は期待できますよね。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

土壁 荒壁の動画

土を塗っている動画を少し撮ったので、UPしておきます。
下の動画は土にスサを混ぜ、土をポンプを通して、ホースで流すために、水を加え、硬さを調節しているところです。

いとも簡単に塗ってる様がかっこいい。
鏝板にいとも簡単に土をのせていますが、かなり重たくて、私の場合左手一本では持つことさえできないですよ。

左官の仕事って、豪快かつ繊細。

人の手でしたとは思えないくらい、壁の表面が平滑に。

一人前になるためには最低10年はかかるそうです。
年月かけて修行をし、人ができないことをいとも簡単にしてしまう。

かっこいい。

ホースからでてくる土をみてると、スッキリした感があって、癒されます。

ついでに建物横の里道から外観を撮ってみました。

現地に行くと妙見山の通り道みたいで、よく声をかけられます。

いつオープンするんですか?パン屋ですか?カフェですか?旅館ですか?

と住宅とは思えないらしいです。

あと、
ここを設計した人は?と聞かれ、「私なんですが」、と答えるとびっくりされます。
わからないらしいです。

服装がゆるすぎるんでしょうか?顔が栄えないんでしょうか?
コメントをする

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

土壁の値段

竹小舞完成です。

最近よく「土壁ってなんぼするの?」と聞かれるんで、ちょっと紹介を。
o0420031512771907663

竹小舞ですが、3300/㎡円といったところでしょうか。
あと、荒壁で、2750/㎡ 中塗り 3200円/㎡  仕上げ材は今回は中塗りで仕上げとするのでなし。

ですので、土壁に掛かる費用は9250円/㎡となります。土運賃別9000円×3台くらいかな。

30坪(壁面積)の家ならば、100㎡×9250円/㎡=925000円

内部の壁をオール珪藻土にしてる自然派のお家って結構ありますよね。

内部の壁を全て珪藻土にした場合
1900円(材工)+3500円=5400円/㎡

この数字をみると、家の内部を全部左官仕上げにするのであれば、
プラス(9250-5400)円/㎡×100㎡=385000円だして土壁にしたしまったほうが得な気がします。

60mmの土壁のほうが、プラスターボード+珪藻土よりも、当然調湿性、蓄熱性が高いので、
ランニングコストである冷暖房費で40万の差は軽くペイできそうな気がします。

夜の竹小舞もなんだか、風情がありましたの写真を。
o0420031512771870922

いよいよ、今週末から荒壁を塗っていきます。

荒壁は仕上げじゃないので、私にもできそうなので、やらせてもらお。
土あそびをしに行くつもりなので、戦力にはなりませんが・・・
o0420031512771870923
竹小舞からニョキッとでてる給水管がなんか面白い。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

土壁の付加断熱

現在計画中のお家で、昔ながらの竹を編んで、土を塗る土壁造をするのですが、

前にもお話しました、土壁は蓄熱性(保温性)と調湿性に期待しているが、断熱材としてはちょっと無理があります。(土壁熱伝導率0.69W/m・kで一般的な繊維系断熱材の1/10以下の断熱性)

そのため、付加断熱という形で、土壁の外に断熱材をいれるように考えているのですが、何にしようか迷っています。

施工性、断熱性、コストを考えて何がベターなのか。

土壁の外側に付加させるため、あまり厚さが大きいものを選ぶと施工性が悪くなる。

そのため、薄くしたいのですが、
熱抵抗値=厚さ/熱伝導率となるので、

計算式から、厚さに比例し、熱伝導率に反比例するため、今回は厚さを厚くできないので、熱伝導率が低いものを選ぶしかない。

そうすればグラスウールなどの繊維系の断熱材だと密度を上げると熱伝導率が下がります。

床・屋根・ガラスの仕様を検討した上で、
壁の付加断熱の熱抵抗値0.972㎡・k/w以上にしようと考えています。(省エネ等級3~4)

グラスウール16K(密度16kg/m3) 熱伝導率 0.045W/(m・k)
グラスウール32K(密度32kg/m3) 熱伝導率 0.038W/(m・k) 

厚さ40mmを考えているので、
0.04m/0.045w/m・k=0.888㎡・k/w <0.972 NG 0.04m/0.038w/m・k=1.052㎡・k/w >0.972 OK

グラスウールなら密度32k以上のものを使わないといけませんね。

発泡系のものだと、熱伝導率がもう少し低いから厚みも薄く出来そうだけど、施工性はどうだろう?

コストで考えるとやはりグラスウールなどの繊維系かな。

土壁と断熱材の間の結露についても考えないといけませんね。
何がいいかもう少し検討します。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

築90年「土壁の焼鳥屋」

先日、大阪で築90年の長屋の焼鳥屋に行ってきました。

建物を見る楽しみとおいしいものを食べられる楽しみ。

こんな幸せなことはありません。

日本人は特に、昔から食と住とは、すごく密着していて、桜や紅葉など綺麗なロケーションで、食事をしたり、お酒を飲んだりすることが好きですよね。

居心地の良い空間で、食事をすればなんだか気分がいいです。
(ここの店は料理だけでもおいしいです)

家においてもそうで、奇抜な空間よりも、落ち着いた居心地の良い空間のほうが、食は進みます。

料理に自信のない方は、発想を変え、シチュエーションでごまかしてみてはどうでしょか(笑)

ちょっと脱線しました。ここの店は、土壁にカマド、土間など、昔ながらのアイテムがたくさんで、京都のおばーちゃん家にいるみたいでいい気分でした。

料理もこだわりがあって、特に鳥の刺身が美味しかったです。

写真一番左が肝。これ特におススメ。

想像通り、中庭もありました。長屋は縦長の建物なので、部屋全体に光や風を入れるためには中庭は必須です。

ここの中庭は2坪くらいの大きさで、夜でかなり蒸し暑かったので、、光と風を感じることはできませんでしたが、いい雰囲気を漂わしていました。

蚊取り線香のにおいがして、少年時代の思い出がよみがえりそうで、団扇を扇ぎながら、スイカを食べれば、いい絵が取れそうです。

トイレの洗面ボールには釜を使っていました。斬新ですね。
なんともオシャレ。写真撮り忘れたので、次回撮りますね。

その周辺にも長屋のカフェや洋服屋がありその一部の町だけが昔にタイムスリップした街並みになっています。

あまりよく見てないので、また探索にいこーと思います。

大阪でも昔ながらの空間を楽しめるところがあるのって、いいですよね。

一度行ってみてください。

ちなみにこの店、オーナーが自ら改装したみたいです。

いいセンスしてますね。

イミテーションをつけて飾ろうとしてしまいがちですが、うまく建物の歴史を継承したものになっています。

ホントお勧めですよ。

可真人(カマド)
大阪府大阪市北区浮田1-5-23

大阪駅から谷町線中崎町駅 一番出口 徒歩5分です。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

土壁のススメ

こんにちは、水谷です。

今回ご紹介するのが昔懐かしい土壁

写真のように、土壁は壁の中に竹を編み込んで、そこに土を塗り込んで造るんです。
今では、こんな手の込んだ作業は、なかなかみることはありませんよね。

ところで、皆さんの生まれ故郷はどこですか?
地域によっては、まだまだたくさん土壁の家が多く残る所もあると思います。

夏休みに故郷へ帰省し、ひんやりと澄んだ空気に触れ、心地良く感じたことはありませんか?
「エアコンの風」とは一味も二味も違った、凛とした清涼感、それこそ、まさに「土壁」のなせる技なのです。

なぜ、土壁は涼しいかというと、土が空気中にある湿気を調湿してくれるからです。

軽石を想像してもらえば、わかりやすいと思います。
軽石に水滴をつけると一瞬のうちに水を吸い取りますよね。
それが、石や土は吸湿(放湿)作用があるからです。

 

夏の場合は、土が湿度を吸ってくれるので、室温が一定だとしても、室内の湿度が下がるため、涼しく感じるのです。

逆に冬の場合は、土が湿気を放湿してくれるため、室内が乾燥せずに快適に過ごせるのです。

土壁の家は年間通じて40~60%の湿度に保たれるので、人が心地良く、快適に生活できる湿度なのです。

そう、土壁の家は、高温多湿な日本の夏にとって最適な家なのです。

一方、冬の土壁の家は、昔の民家のイメージから寒いと思われがちですが、現在の断熱材を付加することで、暖かく、また、土壁は蓄熱作用がありますので、一度暖められた室内はなかなか冷めることがありません。

「土」ってすごく良くできていますよね。

快適に過ごすためにやっぱり自然のものを使うのが一番ですよ。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!