7年目の住まい「杉の変化」

こんにちは、水谷です。

前回は、7年前にリフォームした住まいの「桧の変化」 をお伝えしましたが、壁や床にも使っているので、「杉の変化」も見て頂こうと思います。

リビングの壁一面に杉を使っています。桧と比べると、元々色が濃い茶色しているので、変化がわかりにくいですが、艶(つや)がでてとても綺麗でした。

壁に無垢板を使うと、時計や写真を画鋲で吊るすことができるのもいいですよね。

今回は自然な風合いの壁ですが、節の無い杉を使って、すっきりとした表情の壁にしても、面白いかもしれません。

杉の床をズームで撮った写真です。リフォームしたての時よりも、色が少し濃くなって、落ち着いた表情になっていました。今までに一回もワックスを掛けていないと仰っていましたが、杉の床には艶がでていて綺麗でした。

おそらく、杉そのものの油分が表面にでているのだと思います。

杉は、落ち着きのある色合いですので、壁や天井の白壁とよく馴染んでいました。

上の写真は玄関の「下駄箱の天板」をズームで撮ったもので、素材は を使っています。

写真では杉と似てるように思いますが、実際見ると明らかに、色や艶の表情が違うのがわかります。

いろんな木を使うとそれぞれ違った表情や変化を楽しむことができるので、面白いです。

今回、7年経過した住まいのを見て、無垢板は、その家庭に馴染んで、住む人が生活しやすいように日々変化してる感じがしました。

合板のフローリングよりも値段は高いですが、長年暮らしていくこと考えると、費用対効果は無垢板のフローリングのほうがいいと思います。

家づくりを考えるときに、値段だけを比較するのではなく、長く快適に暮らしていくために、「何を選べばいいのか」視野を広めて考えることで、いい家づくりができますよ。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

森から始める家づくりレポート(森編)

こんにちは、水谷です。
先日、家づくりに使う木を見にへ行ってきました。

この日は、空一面の青空で、日射しも程良く、とてもすがすがしい天気でした。

実は、この森私の田舎から40分位のところにあるんです。田舎の家はもうないので立ち寄ってはいませんが、幼い当時の田舎と同じ匂いがして、とても懐かしく居心地もよかったです。

家づくりに取り組むときには必ず、柱や梁などの骨組みになる木を森に見に行くようにしています。

「木を選ぶ」という目的もあるのですが、「どこの森で育った木を使うのか」を知ることて、より一層住まいに愛着が持てるのです。

みなさん田植え体験やイチゴ狩りなどに参加されたことありますか?

お米やイチゴなど、自分で採ったものを食べたら、いつもよりおいしく感じますよね。

また、何年か後に近所のスーパーでその産地のお米を見ると、親近感が湧いて思わず買ったりするものです。

家づくりに使う木も、ずっと共に暮らしていくものなので、やはり愛着を持って頂けたらなぁと思うのです。

それと、いつも感じることなのですが、身近な森の木を使えば、この新鮮な空気や田舎の雰囲気を、そのまま、都会に暮らすお客さんの家に届けれるような気がします。

 

上下の写真は、なかなか都会では見られない光景です。チェーンソーで、一本一本と木を倒して、運搬用の機械に積んで、平地まで運びます。そのあと、トラックで製材所に運ばれて、柱や梁に加工されて私たちの町にやってきます。

森で作業する人たちが、50年~100年丹念込めて育てた木を、都会に送り届けるときの心情は、娘を都会に嫁がせるような感じなんでしょうね。

山の仕事は常に危険と隣り合わせで、真剣な顔つきで、作業されてる姿をみると、建築士として、木の一本一本を大事に設計しないといけないといつも思います。

職人さんはやっぱりかっこいいですね。休憩時の方言まじりの会話がほのぼのしていて、いい感じでした。

家づくりのほとんどは、すでに柱や梁になった状態から木に触れると思うのですが、何世代も受け継ぎ、木を育て、そして伐採するといった森での仕事があってこそいい家づくりはできるのです。

森に行って実際に使う木や、そこで働く人と話をすると、家づくりはより楽しく取り組むことができますよ!

次回に続きます。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

7年目の住まい「桧の変化」

先日、七年前にリフォームさせて頂いた、お家に伺いました。

無垢板 のフローリングの変化があまりにも綺麗だったので、みなさんにも見て頂こうと思います。

ご夫婦と小さなお子さんの3人住まいで、ご夫婦は共働きで、奥さんも、なかなか掃除をする暇がないくらいとても忙しい方なんです。

フローリングのワックス も完成時に一度塗ったきりで、それ以降全く塗られてないし、掃除と言っても、掃除機でほこりを吸い取るくらいみたいです。

そんな話を聞いていたので、どんな感じになっているのか少し心配で訪問させて頂いたのですが、掃除をあまりされてないとは全く感じさせない綺麗さでした。

下の写真は の床をアップで撮ったものですが、ワックスを7年前に塗ったきりとは思えない艶です。

お話を聞いてみると、よくご近所のお子さんが遊びに来るそうで、走り回ったり、寝そべったりすることが多いとか。だから、自然とフローリングが磨かれて、こんなに艶がでたのだと思いました。

また、無垢のフローリングは静電気がなくホコリが浮くので、掃除しやすいと仰っていました。

下のフローリングの写真はリフォーム時に張り終えた時のもので、7年生活した上の写真と比べると、まるで別ものような色に変化しています。以前お話した、「桧の黄金色」とはまさしくこれのことです。やはり自然に変化した色は、人工的な色よりも美しいです。

下の写真、お子さんがお母さんに書いた絵。

ちょっとかわいすぎますね。なんか「かあちゃん」という文字にじ~んときちゃいます。けっこうお母さんに似てます。この子将来画家になるかも(笑)

この住まいは予算の関係でフローリングや壁のクロスを替えたり、照明器具を入れ替えたりするだけの小規模なリフォームでした。

また、後日建築士の仕事については書こうと思っているのですが、建築士はなにも「特別な家」だけを設計する訳ではなく、こういったフローリングを張り替える小規模な工事もしていて、フローリングなど素材の選択や照明など、ご予算に合わせた提案をさせて頂いています。

身近にいる建築士をもっと活用することで、「自分らしい家づくり」はできると思いますよ。

この住まい、杉のフローリングも使っているので、次回は杉の変化をお見せしますね。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

木の節って何?

今回は木の節の話をさせて頂きます。
ちょっとマニアックな話ですので、雑学と思って読んでください。

みなさんのよく目にする木製品は節のないものが多いんじゃないですか?

そもそも節って何?

節は写真の茶色の点の部分のことなのですが、この点は、「枝」の跡なんです。

樹木は枝を張って葉っぱを茂らせて初めて、太陽の光を集めることができ、生きていくことができるので、枝のない木などないのです。

となると…節のない木って??どういうこと???

じつは、節の無い木は、ただ「表面に節がない」ということなんです。

昔は柱を隠さずに家を造る(真壁工法)ことが主であったため、見た目に美しい節のない木が良く使われたため、そのニーズに応えるための山側が意識して
節のないの木をつくったのです。

では、どうやって無節の木をつくるのでしょうか?

まず、1本の木から柱をとるためには、丸い丸太を四角く製材する必要があります。

例えば、4寸角(12cm四方)の柱をとるためには、最低でも直径17cmの丸太が必要です。

図の四角の部分が柱だとすれば、この表面に節が出ないように育てればいいわけですね。
(ちなみに、切り落とした枝がもう一度生えてくることはありません。)

なるほどねって感じですよね。

ですから、節の無い木は節のある木と比べて手間ひまがかかっているです。

節のあるなしは見た目だけの問題で、家の強度には関係ないので、魅せるところに節の無い木をそれ以外は節のある木を使い分けれることによって、密度のあるいい木の家ができちゃうんです。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!