漆喰・珪藻土の塗り方動画

こんにちは、水谷です。

漆喰珪藻土のお話をさせて頂きました。

youtubeを見てみると、漆喰や珪藻を塗っている動画があったので、ご紹介します。

左官屋さんが鏝(こて)で漆喰を塗ってる動画です。
鏝でしっかり押えて塗ると、光沢が増して、綺麗な表情になります。

動画を見ていると、自分でもできそうな感じしませんか?
何回か塗り体験したことがあるのですが、すごいむずかしいですよ。

同じ力でまっすぐに鏝を動かさないといけないみたいで、これがなかなかできないんです。
簡単そうに塗っている左官屋さんの姿はまさしく「職人技」ですね。

動画の途中の「電話~」って声が庶民的でいい感じです。

漆喰のメンテナンスの動画です。

先ほど見た漆喰の動画の様につるっとした壁ではなく、この動画は、ラフに塗った壁にしてあるので、上から塗り足しても違和感なく、メンテナンスすることができます。
ちょっとしたキズやシミなら、塗り足さなくてもサンドペーパーで削れば綺麗になりますよ。

この動画はお父さんとお子さんが一緒に塗ってる様がかわいいです。

珪藻土はDIY製品もあるので、家族でも気軽に塗れます。
漆喰はちがって、雑に塗ってもけっこう味のある壁に仕上がります。

自分たちの家の壁を家族で塗れば、より一層愛着わきますね。
一度挑戦してみませんか?

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

珪藻土(けいそうど)

■珪藻土(けいそうど

最近、室内に珪藻土が使われていることが多くなってきました。DIY製品も販売されていて、住まい手自ら塗ることもあるみたいです。

「珪藻土」は、海や湖などに生息していた植物性プランクトンの死骸が水底に沈んで、堆積してできたもで、みなさんの身近なところで言えば、煮炊きに使われる「七輪」(しちりん)が珪藻土から造られています。

煮炊きに使われている七輪から想像してみても、耐火性断熱性保温性が高いことがわかりますよね。

珪藻土 は写真のように無数の孔が空いている(多孔質)であるので、吸水性や保湿性が高く、遮音性も高いです。

これらの性質から、室内の壁には適した素材なのです。

また、結露 もしにくいため、カビやダニの発生を防いでくれます。

珪藻土は土壁と違って、粘り気がなく、乾燥しても固まらないので、セメントやせっこうなどの「凝固材」を混ぜて使わなければいけません。

合成樹脂を凝固材として使っている珪藻土もあり、樹脂は珪藻土の孔を塞いでしまい、本来の効果が発揮されないこともあるので、注意が必要です。

質感はすこし凹凸があるため陰影できるので、つるっとした漆喰とはまた違った表情をしています。

色土や顔料を混ぜて、いろんな色の壁にすることもでき、また、塗った上に、くしで線を入れたり、左官屋さんが塗っているこてで模様をつけたりして様々な表情も楽しむこともできます。

柱、梁、天井は杉無垢板、壁は珪藻土。

自然素材を使った室内は、空気もきれいなので、居心地がいいですよ。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!