国産の木を使う理由

日本の国土の2/3が森林で、世界の先進国をみても、フィンランド、スウェーデンに次いで第3位の森林大国なんです。

「エコの国」として有名なドイツでさえ国土の1/3しか森林面積がないのです。
皆さんご存知でした?

私たちの世代では、生まれた時から緑が身近にあって、森があるのが当たり前なんですよね。

しかし、海外ではそうではありません。
乾燥が激しく、一度植物が途絶えればたちまち砂漠化してしまう場所が多く存在します。
そう考えると、私たちはとても恵まれた環境で育っているのです。

日本の森林は約2500万haあって、そのうち約1300万ha(約5割)が天然林、1000万ha(約4割)が人工林、残りが無立木地、竹林です。

その約4割の人工林は戦後、後の日本の資源として植えられたのです。
木を伐採し、その伐採した場所に苗木を植え、伐採した木は資源として利用して有効に利用してきたのです。
しかし、この豊かな日本の森林が危機的な事態に陥っています。

木は50年~60年くらい月日が経って、家の柱や梁として使うことができます。
戦後に植えられ、多くの人によって育てられた木が使うことができるまでに成長しました。

地産地消で日本の森は需要と供給のバランスを保ってきたのですが、
高度成長期を機会に「商品化としての量産の家づくり」が増え、ピンチヒッターだったはずの輸入木材にシェアを奪われてしまったのです。

せっかく育った日本の木が使われなくなったのです。

では、「放っておいても育つんじゃないの?」と思うかもしれませんが、人の手によって植えられた木は、人が手を入れてあげないとちゃんと育ちません。
山に関わる人たちは、木材が売れないとを育てることさえもできません。

手入れされず、荒れ放題になった人工林はやせ細った木ばかりとなり、根が弱まり、保水力を失ってしまい土砂崩れなどを引き起こす原因にもなっています。

これから数十年後、日本の森はどうなってしまうのでしょうか?
建築に携わる私たちが未来にできることは家づくりに日本の木を使うことなのです。

家づくりに使う木は、気候と向き合って育った国産の木を使うことが一番自然で適正ではないかと思います。
>>家づくりに使う木
>>無垢板のススメ
>>木にもイロイロ「無垢板と合板のちがい」

>>国産の木「杉」について
>>国産の木「桧」について
>>国産の木「松」について


人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

日本の山の現状

日本の林業の歴史、森林の現状

木材関係の人が書くとやらしくなるので、私のほうから。

日本は戦争に敗れ、昭和20年~30年代には、復興等のため、木材需要が急増しました。

というのも、その当時はガス、電気、石油といったものはなく、火を熾すのには木しかなかったのです。

しかし、戦争中の乱伐や自然災害等の理由で供給が十分に追いつかず、木材が不足し、高騰を続けていました。

このため、政府は急速に資源を使えるようにするため、焼け野原にスギやヒノキ、カラマツ、アカマツなど成長が比較的早く、経済的に価値の高い針葉樹を植えました。

その当時の家庭燃料は木炭や薪が中心で木は多く利用されましたが、後に電気・ガス・石油に大きく切り替わっていき、木炭や薪などのエネルギー源として利用されていた木材は、この燃料革命とともに、もはやエネルギー源としては時代に適さないと考えられるようになりました。

木は資源だけでなく、建築用材等にもたくさん使われ、スギやヒノキといった木材の需要は急激に伸びましが、、木材輸入の自由化が段階的にスタートし、昭和39年に木材輸入は全面自由化となりました。

国産材の価格が高騰する一方で外材(外国産の木材)の輸入が本格的に始まったのです。

外材は国産材と比べて安く、かつ大量のロットで安定的に供給(一度にまとまった量を)供給できるというメリットがあるため、需要が高まり、輸入量が 年々増大していきました。しかも、昭和50年代には、変動相場制になり、1ドル=360円の時代は終わました。その後、円高が進み、海外の製品がますます 入手しやすくなったのです。

これらの影響で、昭和55年頃をピークに国産材の価格は落ち続け、日本の林業経営は苦しくなっていきました。昭和30年には木材の自給率が9割以上であったものが、今では2割まで落ち込んでいます。

日本は国土面積の67%を森林が占める世界有数の森林大国ですが、供給されている木材の8割は外国からの輸入に頼っているといういびつな現状になっています。

そんなに木が有り余っているのになぜ輸入しなければいけないか?不思議に思いませんか?

現在、山を管理する費用も回収できず、林業はすっかり衰退してしまいました。

現在、日本の森林は充分な手入れがなされず、荒廃が目立つようになりました。

そもそも木を切ることが環境破壊だと思っている方多いと思います。

それは少し違うんですよ。

山は育てないと育ちません。

育てるということは、人が手を入れてやる必要があるのです。

そのためにも、木を燃料や家などに使ってあげないといけないのです。

そして、その切った場所に新しい芽を植えて、育てていくのです。

森林を伐採し、植えて、育てる、そして伐採するというサイクルを回すためには、国産材を積極的に利用し、需要を高め、資金を山に還元する必要があります。

人と同じで、木もいい環境のなかで、手間暇かけて育ててあげなければいけないのです。

山は産業してだけでなく、台風等の被害や土砂災害をせきとめてくれます。

以前にも話しましたが、二酸化炭素を吸収し、酸素を供給してくれます。

山は私たちが生きる上で、欠かせないものなのです。



林業で働く人たちは危険な仕事にも関わらず、「仕事」してのくくりに留まらず、日本の国の責務として取り組んでいるのです。

みなさん、危険を顧みず、責務として取り組めますか?

なかなかできることではないと私は思います。

かといって、みなさんに同情で国産の木を使ってもらいたいという訳ではありません。

これらは林業、そして家を扱う建築士、工務店の責務だと思います。

そのあたりは長くなりそうなので、次回に。

ちょっと主観的で感情的な文章になってしまいましたが、書きなおす体力残っていませんので、勘弁して下さい。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

日本三大美林「吉野の山へ」レポート

こんにちは、水谷です。

今日は昔からの友人建築家Kくんと「日本三大美林」のひとつ奈良県吉野川上村に行ってきました。

やっぱり山や木を見るとホントに癒されます。

マニアックな話にならないようにレポートしますね。

まずは原木市場に行って来ました。

原木市場とは、「魚市場で魚屋さんやお寿司屋さんが魚を買い付けに行くのと同じで、木を加工して売る人「製材屋さん」などが買い付けに来るところです。

原木市場は前日だったので、セリをみることはできませんでしたが、原木を見ることができました。

下の写真は250年の杉の原木です。

直径が1mくらいはあるでしょうか?かなり大きいです。

年輪がすごく細かいのが吉野の特徴で、年輪が密になっているほど強い木なのです。

これ家に使うと丈夫な家ができますよ。

家の柱や梁にとても大きな木を使うと、部屋がせまくなったり、圧迫感がでてしまうことがあります。

そんなときに、吉野の木を使うと、断面の小さい柱や梁でも頑丈でスマートな骨組みの家づくりをすることができます。

次に製材所にお邪魔しました。すごい数の木がありました。

宝の山です。

一本くらいくれないかな?

吉野の木はほかの産地に比べ、大変丁寧に木を育てていて、色や木肌がとてもきれいなので昔から高級材として林業を支えてきました。

これだけたくさん木があれば選びたい放題です。

町で買うよりも直接産地で買えば、高くないので、おススメです。

続いて、原木市場で置いてあった250年の木の山に行ってきました。

実際に育っている木を見ると迫力が違います。

50mくらいの高さでしょうか、迫力に圧倒されました。

今回ご案内してくれた方が、

「木を切り倒す際には、谷に倒すと危険なので、山側に倒さないといけなく、そのうえ、他の木と木の間に倒さないと、ぶつかって割れてしまって製品にならなくなるので、伐採技術は非常にむずかしいと教えてくれました。

まさに、職人技術。

今ではその技術を持っている人が少なくなっていて、後継者もほとんでいないみたいです。

だれか、若い人どうですか?

250年の50mの木は何百万円の値段がついているものもあるので、倒して割れてしまうと大変です。

私ならビビってしまって切ることを躊躇してしまうでしょうね。

覚悟がいります。

最後にフローリングや家の柱、梁を加工している製材所を見学しました。

今は、機械化されて品質も安定しています。


おみあげに、杉のフローリングのサンプルを頂きました。

厚さ30mmです。,/p>

みなさんがよく目にするフローリングよりもかなり厚いものです。

私もよく使うのですが、足触りがとてもよくて、温かいです。

一軒家だけでなく、今ではマンションにもよく使われいます。

原爆市場、山、製材所と今回見学しましたがとても面白かったです。

家づくりをする際にこのような過程を見ることは、いいことです。

みなさんも家づくりをする際に見学すると楽しいですよ。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

森から始まる家づくりレポート3(上棟編)

こんにちは、水谷です。

前回 は、森で切られた木を家づくりに使えるように、製材するところまで、見て頂きました。

次の段階は大工さんにバトンタッチで、家の骨組みを造る作業になります。

柱と梁など、骨組み同士を接合させるために下の「梁の写真」のように、木の端部に凹凸を造ります。

この凹凸の部分のことを仕口・継ぎ手というのですが、家を頑丈にするためには、この部分の作業はけっこう重要で、大工さんが木の目を見ながら丁寧に手作業で加工します。

現在では、手間と費用の問題から、工場の自動機械で加工(プレカット)でするケースが多くなってきました。

私もプレカットを利用することが多いですね。

下の写真は「ノミ」と呼ばれる大工さんの道具で仕口や継ぎ手などを造る際に使われます。

ノミは仕口や継ぎ手の形や木の大きさ、硬さなどによって使い分けされていて、下写真に載っているもの以外にもたくさんの種類があります。

大工さんの道具箱のなかにはたくさんいろんな種類の道具が入っていて、見せてもらうとけっこう面白いです。

仕口や継ぎ手の加工が終わると、いよいよ骨組みを組み立てる作業が始まります。
レッカー車で木を吊って、大工さんが、先ほど加工した仕口や継ぎ手をカケヤ(樫(かし)などで作った大形の槌(つち))を使ってはめ込んでいきます。


下の写真の大工さんが右手に持っているの道具がカケヤです。ハンマーみたいなものです。

骨組みを組み立てる際にはたくさんの大工さんが来て、手際良く2~3日で全体を組み終えます。

骨組みの上を立つだけでも怖そうですが、大工さんは重い柱や梁を担ぎながら骨組みを歩いたり、骨組みに立って、カケヤを力いっぱい振り上げたりしている姿をみると、すごいなぁと思います。

私も骨組みに登ったことはあるのですが、手を置くところもないので本当に怖いですよ。

骨組みの一番高い所にある梁の事を棟というのですが、棟を組み終えると骨組みは完了です。

そのあと、上棟式(大工さんたちが怪我もせず、いい家づくりをしてもらうためにお客さんがもてなす行事)です。

この時に、大工さんに家づくりや木の話を聞くと面白いし、勉強になりますよ。

3回に分けて森での作業から家の骨組みができるまでをご紹介しました。

これで家は完成ではないですが、ご紹介しただけでも

「50年~100年の間、木を育てる人たち」



「木を伐採し、平地に運ぶ人たち」

「丸太から家に使えるように製材する人たち」

「家を組み立てる人たち」

数えきれない人たちが携わっています。

木の家づくりは、これらの人たちが繋がってできるものなのです。

おそらく、木の家が温かく、落ち着くのは「関わった人たちのぬくもり」が感じれるからではないかと、私は思います。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

年輪って?

木の年輪ってご存じですか?

写真にあるように、輪が何重にもなっているのを年輪っていうのですが、年輪は1年ごとにつくられいるので、どのくらい成長してきたか見て分かるんです。

それって、「なぜかわかるようになってるの?」と思いませんか

実は、いたってシンプルな答えで「季節ごとの育ち方が違う」からなんです。

木は春から夏にかけては、強い陽射しを浴びるので、盛んに成長し、どんどん太くなります。

一方、秋から冬にかけての寒い季節は、木は活動を停止し、ほとんど成長しないです。

この、勢いよく生長する時期につくられた細胞と、成長の遅い時期につくられた細胞が違うため色が変わるのです。

ちなみに、春から夏にかけての細胞がうすい色の部分で、「春目」っていって、秋から冬にかけての細胞が濃い部分で冬目といいます。

この差がはっきりしていて、1年1年の生長を読みとることができるものを、年輪というのです。

つまり、季節のある国の樹木にしか、年輪はないのです。

ですので、四季のない熱帯林などでは、年輪がみられない樹木もたくさんあるみたいですよ。

また、年輪は木の年齢だけでなく、受けた虫の害、病気、山火事に大雪など、さまざまな環境の変化に対応しながら、成長してきたことがわかるんです。

ちょっと奥深くないですか?

ちなみに写真は奈良県吉野の木です。

吉野の木は昔から、木を密に植えて、わざと成長を遅らせて年輪が密になるように育ててるんです。

なぜ成長を遅らせてるかというと、年輪が密になると、強度が高くなるので、建物の構造骨組みには、とてもいい材料になるんです。

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

木にもイロイロ「無垢板と合板のちがい」

みなさんのお家でも木のものが身近にあると思うのですが、木と思っていても、見ためだけのものが意外と多いんですよね。

中でも、無垢板と合板の違いがわからないという事を耳にすることが多いので、今日はこのテーマで。

 

写真はフローリングですが、左側が「合板」で、右が「無垢板」です。

断面を見ると、無垢の木には「年輪」が見えるのに対し、合板は5枚の板が貼り合わせられているのが、わかると思います。

無垢板は山から伐採されて、家のフローリングになっても、「木」が本来もつ機能が失われないので、次のような効果を得ることができるんです。

▼調湿効果

無垢板のフローリングは、以前お話した土壁と同じく、湿気の多い時は水分を吸収して膨張し、乾燥している時には水分を放出して収縮します。

無垢の木が伸縮すると言われているのはこのためなんです。
膨張と収縮を繰り返すことによって、室内の湿度が調整され、快適な状態を保ってくれるのです。

▼安心な素材

無垢のフローリングには合板フローリングに使われているような接着剤が使われていませんので、安心して使うことができます。特に幼いお子様がいるご家庭や、化学物質過敏症の方には安心です。

▼無垢材の断熱性

無垢のフローリングは、合板フローリングに比べ、木の繊維に多くの空気を含んでいるため、断熱性や保温性が高く、夏にはひんやり、冬には暖かく感じます。

そのためスリッパを履かなくても、素足で歩いても快適に過ごせるんです。
また、暖房器具を利用して、いったん室内が暖まると、無垢のフローリングは温かさが冷めにくいので、快適に過ごせます。

冷房を利用した場合は同じようにも快適に過ごせます。


▼経年変化

前にお話しましたが、無垢フローリングは、月日が経てば経つほど艶がでて、味わい深い色に変化するめ、経年変化を楽しむことができます。

▼その他の効果

木の多い所へハイキングに行ったり、散策したりした時に爽快感を感じたことないですか?

木がもつ、本来木が外敵から身を守るために作り出す、フィトンチッドという物質がリフレッシュや消臭、殺菌に効果を発揮するんです。

以上をみると、やはり無垢板を使う方がいいですよね。