構造現しの天井は断熱材がない?

こんにちは水谷です。

「中庭のある家」が上棟しました。
今回は二階の小屋組みが仕上げとして見えるようになっています。
Evernote-Camera-Roll-20130118-173049
水平の天井を張らないと安くなりますか?
断熱材は入れれないですよね?

とご質問をうけることがあるのですが、
ただただ、水平の天井を張っていないというわけではないんです。

2重に天井を張っていたりするんです。

上の写真のように、梁を斜めに架けて、30mmの杉の板を上から張っています。
それが2階の天井になるんですが、
Evernote-Camera-Roll-20130118-173150
これで屋根を架けて終わりではないんです。
この上に断熱材を入れるんです。
o0420031512383154750
断熱材の下には結露防止のために防湿シートを入れています。結露の話は長くなるのでまた今度。

今回の断熱材はA種押出法ポリスチレンフォーム3種のスタイロエース65mmを入れています。
下の表をみればわかるとおり、1.2.3種と数字が上がるにつれて、熱伝導率が低くなっています。
熱伝導率というのは、熱の伝わりやすさを示す数値ですので、低いほうが断熱性能が高くなります
o0420013112392212000
また、断熱材の厚さが暑いほど断熱性能が上がります。

熱抵抗(R)(m2・ K/W )
材料の厚み(d)(m)÷材料の熱伝導率(λ)( W/ m・ K )で計算できるので、

例えば、スタイロエース – Ⅱ 厚さ 65mm の熱抵抗は、
R= 0.065 (m)÷ 0.028 ( W/m ・ K )≒ 2.32 (m2・ K/W )となります。
o0420022812392217982
この数値は以前お話した 、室内の快適さを表すQ値を求めるのに使います。
この数値を求めれば、どのくらい冬暖かく、夏寒いのかが建てる前からわかるんですよ。

話がそれましたが、断熱材を敷並べたあとにまた、斜め材(垂木)を並べるんです。
そのあとは、またまた、この上に板を張って、防水シート後屋根が架かります。

けっこう手が凝ってるでしょ?
o0420031512383249724o0420031512383249726
屋根は特に夏に尋常ではないくらい温度があがるので、その熱が室内に入らないようにしったり断熱してあげる必要があるんです。

2階の水平の天井の上に断熱材を敷並べる一般的なやりかたでは、
屋根からの熱を家の中に入ってから断熱することになるので、小屋裏はとても熱くなります。

ですので、小屋裏の換気が必要になってくるんです。
今回は家の外側に断熱材を入れているので、家の中への影響がなく遮熱できます。
o0320024012392234822
勾配天井は開放感もあり、なかなかいいもんです。
また、構造の梁が見えるって何かと安心感があります。

今回のように家って隠れてしまうところに重要要素が盛りだくさんです。

このあたりをしっかり伝えていきたいと思います。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

中庭のある家 本体最終打ち合わせ

こんにちは、水谷です。

「中庭のある家」15回目の打ち合わせ。

もう基礎工事完了で、来週から上棟するので、外構工事、タイルの種類、照明器具・玄関ドア等を残して、全て決定しました。

打ち合わせを繰り返すことでの気づきとして、
お客さんにとって、平面図や立面図、姿図などを頭の中で立体に描くのはやはり、容易なことではないのがわかりました。

家づくりは当然、建てる前に打ち合わせをして決めていきます。
ですので、わかりにくく、不安は多いのと思います。

完成した姿が、もう少しわかりやすいようにしようと思いました。

それにしても、今回もたくさん書きました。まだ書かなくてはいけないところありますが。
o0420031512377762548
工事途中であたふたしないように、急な変更で建物に支障がでないように。

なんでも、事前に決めとくことが間違いのない、無駄な手間を掛けない秘訣だと思います。

さあ、完成まで楽しみです。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

解体から建物の位置検討まで。

こんにちは、水谷です。

「中庭のある家」着工したんですが、ブログにUPしていなかったので。

お客さんは以前にお住まいの地域で、好条件の土地を探していたのですが、なかなか見つからず、

やっと、今年6月に南・西が開けた角地の土地が見つかったんです。

既存建物を壊し、更地に。

建物を壊す際はいつも気が引けます。

写真ではまだまだ綺麗で住めそうに見えますが、柱は結露して腐っているし、断熱材も垂れ下がってます。

前の持ち主さんはこの住まいを昭和50年に建てられたそうで、築40年で取り壊し。
40年で寿命なんて短すぎます。

おそらくこの家をリフォームしてもあまり期待できるものにはならないかもしれません。

やはり、一度建てたら、メンテナンスを繰り返し、次の世代まで継承できる住まいを目指したいものです。
そのためには、建てる際に耐久性、フレキシブル性、快適性、を充実させておく必要があります。

たぶんこれらをお客さんが判断し、見極めることは難しいかもしれません。
できたとしても住んだ後に後悔というかたちで、感じるんでしょう。

家買う際は、わかりやすい見た目で判断してしまうのは必然てきだと思います。
目に見えにくい部分を理解し判断するのは簡単ではありません。

お客さんに目に見えない重要箇所への必要性をわかりやすく説明して、納得してもらい、「長く住む」ために適材適所な予算計画を立てることがいい家づくりの秘訣になります。

やはり信頼関係でしょうね。

さてさて、話をもどします。
写真で見てわかるとおり、高低差があるため石積みの擁壁があります。

今回カーポートを造るために、土地の一部を削り、また擁壁を作ることになります。

更地になったあとは、敷地のどのあたりに建物を建てるのかを現場で確認します。

中途半端な位置に、建物を建ててしまうと、デッドスペースができてしまうもので、慎重に検討。今回は西・北は庭としてはあまり適していないため、できるかぎり北・西によせて、東・南に庭として利用できるスペースを作るようにしました。

写真の黄色い糸が見えますか?これが基準のラインです。

あと、高さの基準(設計GL)も現状地盤、道路との高低差、隣地との高低差を考慮し、決定します。

この高さは、けっこう重要なんですよ。

右端に写っているのは怪しい感じがしますが、私です。

ぼーとしてそうに見えますが、敷地を見ながらカーポートの高さ、アプローチの高さ、玄関の高さ、庭の高さを検討しています。

さあ、この作業が終わると、擁壁工事、建物の基礎工事に入ります。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

中庭のある家 9回目の打ち合わせです。

現在新築工事に向けて9回目の打ち合わせを行いました。

もう大詰めです。

奥様が建築好きで、毎回たくさんの本を持ってきて、念入りに打ち合わせをしてます。

不思議なことに打ち合わせをすればするほど、お客さんと私の道は一つとなり目指す家づくりは一致していきます。

今回とても面白い取り組みをしています。

言葉ではわかりにくいですが、

中庭を設けているのですが、それをキッチン ダイニング 中庭 リビング と続きで配置させ、中庭を室内に取り込むでいます。


中庭に出入りできるダイニングとリビングの開口部はアルミサッシではなく木製とし、
その開口部はすべて収納(引き込む)できるようにしています。

開口部をすべて収納してしまうとキッチン・ダイニング・中庭・リビングが壁がない大きな空間と変心します。

晴れの日だと、中庭で食事が普通に楽しめます。

中庭の上は風や光を取り入れるために簀子状のバルコニーになっていて、その上に屋根が架かっているので雨も比較的入りにくくなっています。

開口部をすべて開け、窓自体の存在も隠してしまう。
日当たりのいい南面で、壁もない窓もないの庭をあいだに挟んだ大きな空間を一体に使う。

普段の生活で中庭で食事が楽しめるのが醍醐味です。

とても贅沢な空間です。

中庭もデッキにしてますので、寝転んでもいいしそこで読書しても気持ちよさそう。
都会で普通に自然と共生できる。

庭の木などを室内から鑑賞できるだけではなく、家の一部として中庭を使えるように建物を計画することで、普段の生活で遮断することなく、自然を感じれることが可能です。

いかがでしょうか?

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

京町家から学ぶ「通り庭」のススメ

今回は、私がよく取り入れる「通り庭」をご紹介します

「通り庭」って、ご存じですか?

通り庭は、京都の町家で見ることができ、玄関から裏庭までの土間の部分のことをさします。(間取り図参照)

京都の町家は、「ウナギの寝床」と表現されるように、敷地の幅が狭く奥行きが長いため、そのまま縦長に建物を造ってしまうと、それぞれの部屋に満遍なく光や風を取り込むことができないのです

そのため、どの部屋にも光や風が奥まで入り込めるようにするために、「中庭」や「通り庭」が造られたのです。

通り庭の一部には台所があるのですが、(間取り図参照)
当時は石釜で木を燃やして火をおこしていたため、台所を土間がある通り庭に設けていたのです。

また、台所の上部には、火袋といわれる吹き抜けがあって、天井にある天窓から煙を外に逃がしていました。
そういえば、私のおばあちゃんの家も台所は土間にありました。

当時は今のように冷暖房や換気設備がないので、
建物を工夫する知恵で、自然の力をうまく取り入れることで快適に暮らしていたのです。

■知恵で作られた通り庭

靴を脱がずに通り抜けできるため、人の出入りや商品の搬入などがスムーズにできる。

風の通り道としての役割があり、新鮮な空気を出し入れができる。

室内の奥まで光を採り入れることができる。

といったメリットは現在の家でも充分取り入れることができますよね。

今省エネやエコといったことをよく耳にすると思うのですが、暑さや寒さをがまんしたり、省エネ器具に頼らなくても、建物の工夫でできることもあるのです。

キッチンを土間にというのは、今ではちょっと難しいですが、通り庭のような半外部的な土間やアプローチは有効だと思います。

また、少し距離の長い通り庭や玄関アプローチの足元に咲く四季の花を眺めながら帰宅するのも趣があっていいと思うのですが。

すこし心に余裕もてる空間はいかがです?

図面及び上部写真は京都町家資料館さんから転載したものです。

「通り庭、玄関アプローチ」施工例


人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!