広がりを持たせる設計手法 視界を抜く

10463743_692579834129413_1834332887284594686_o
空間は同じ大きさでも、「抜け」つまり外部を取り込むか取り込まないかで室内の空間はかなり変わってきます。
それも奥行きがあればあるほど、「抜け」は引き立っていきます。

写真のとおり、玄関アプローチにおいても、アプローチの奥は壁ではなく、抜くことでさらに遠くのほうへ広がっていきます。
行き着く先に緑を設けるとさらに開放性が増します。

さらにアプローチの両サイドを閉鎖的にし、トンネルのように視界を前方だけにすると、目線は自然と行き着く先の植栽の方に目がいきます。
10344337_669179926469404_1856206509108780850_o
日常で、意識的に植栽を見ることって案外少ないような気がします。私は歩きながら考えごとをしてることが多いせいでしょうか・・・
自然と視界に入ってきてキレイだなと思うことが多いような気がするので、壁、抜け(開口)をコントロールし自然に植栽のほうへ目が向くよう演出できればと思ってます。

今回の西宮の家でも長めの直線的な屋根付のアプローチを利用し、その行き着き先は植栽が見えるようにしてます。
完成時にこのあたりも見てもらえると面白いと思います。

室内においても玄関廊下が長い場合、行き止まり壁にはせず、抜くことで外部を取り込め広がりが生まれます。

今回最初のプランは↓こちら。
SnapCrab_NoName_2015-4-27_11-10-48_No-00
ホールやダイニングから玄関へ向かうときに、トイレの壁で遮断されるので、なんとなく面白くないです。

訂正した案が↓こちら。
SnapCrab_NoName_2015-4-27_11-11-10_No-00
玄関廊下の行き着く先は、FIX地窓、北東庭。
間反対の南西のLDKにいても、北東側の庭を眺めることができます。
せっかく庭を造る、植栽を入れるのであれば、外から眺めるだけでなく、中からも楽しみたいです。
欲を言えば、同じ場所の庭でも外から見える表情と中からみえる表情が違うものになればなお、楽しみも増えるかなと思います。

開口部をただ大きく造ればいいってものでもなく、ほどよく壁があってほどよく抜くことが大事です。
抜いても、庭も大きくとれないからと思いがいですが、ほんのわずかな隙間に下草を植えるだけでも、開口部を設けるだけでも効果はあります。
10382589_669180069802723_325929351325969613_o

抜きを演出することも面白い手段のひとつです。
意識的に絞れるだけ絞って(たとえば天井高を極端に低くする、巾を狭くする)、出口には抜きを設ける。
抜けたときの爽快感はいいものです。

玄関、玄関廊下などは天井を高くする必要もなく、広くする必要もない。
ですので、できるだけ天井は絞るようにしてます。
しかしその行き着く先には開放感の欲しいLDKが待っているのです。
LDKを引き立たすための前ふりが玄関だと私は思ってます。

今回の西宮の家も抜けをあらゆるところでさりげなく利用してます。そのあたり注目してください。