はじめに

14

FROH(フロー)一級建築士事務所のホームページにお越し頂きありがとうございます。

新築、リフォム、リノベーション、「住む」ために、必要なこと全般を手がけている一級建築士事務所です。

マイホームは家族にとって、とても大切で大きな買い物です。
そのため、失敗はしたくない。

でも、いざ取り組もうとして、いろんな雑誌を見ても益々わからなくなり不安になります。
いくら自分たちで悩んでいても不安が増えるだけ。何ら解決できるわけではありません。

建築士の私が言うのも何ですが、やはり建築士の協力なしでは、いい家づくりはできないと思います。
私が建築士として『住宅』を手掛けてきた経験から、いい家づくりにするためには、何が必要か一言で答えるならば、

施主と建築士が共感しながら家づくりを楽しむこと。この一言に尽きると思います。

そのためには、お互いに家づくりの考え方や趣向が似通っていて、共感し合える建築士を見つけることが大切です。
その出会いさえあれば、あとは理想の家に向かって共に楽しく取り組めばおのずといい家になります。

ですので、フロー一建築士事務所の家づくりをじっくり見てもらいたい。共感してもらったうえで取り組みたいと思っています。

居心地のいい家づくり

仕事や子育てに追われる中、気がつけば、四季を感じることも、自然に触れる機会も少なくなってきています。
だけど、人もやはり自然の一部なので、人は人工的な物から心地良さを得ることはできず、人工物に囲まれていると、五感や感性、身体的な機能を鈍化させてしまいます。

だからせめて、一所懸命働いて帰宅した時、休日くらいは、自然を感じれる空間でゆっくりくつろいで欲しい。
そういった想いも含め、家が心の拠りどころになるような家造りを心がけて設計しています。

まずはじめに

IMG_4954

これまでの家づくりは敷地に目一杯、上に横に可能な限り建物を建てる。

「敷地に対してどれだけ大きい家が建てられるか」
そういう家づくりがほとんどだったと思います。

大きくて、質のいい家づくりができればいいのですが、家づくりの予算は限られています。

そのため、「少しでも広い家する」か「小さくして住まいの質を上げるか」どちらかの選択になるのです。
そもそも、家づくりにおいて、固定概念から引きずっている無駄といえるところはたくさんあるように思います。
無駄なスペースはとことん取り除いて、小さくして余った予算を体にいい素材に回したり、断熱性を上げたり、目に優しい植栽、いい家具を揃えたりすることに費用を掛けて欲しいです。
たとえば、1坪省けるだけで、メンテナンス費に多くの費用が掛かる外壁を塗装吹き付けから自然素材の左官仕上げに変えたり、アルミサッシを木製建具に変えたり、断熱性能も1ランク上のものも利用できます。

不必要に広さを求めるよりも、質を上げ、生活を豊かにすることに予算を掛けて、凝縮した自然豊かな家づくりはいかがですか。

・小さな家にするためのコツ
・小さな家をススメル理由
・小さな家をススメル理由2
・小さな家をススメル理由3
・広い家イコールゆとり空間ではない

いい家づくりにするために

kokusan

67315833_624.v1421205494

木は無垢板はもちろんのこと、国産のものを使います。
それは、日本の気候にあった素材を使うごく当たり前のことで、耐久性、居心地の良さ、環境すべてに置いて一番いい選択だからです。

・家に国産の木を使う理由
・フローリングに杉30mmを使う理由
・家づくりに使う木
・日本の山の現状
・木にもイロイロ「無垢板と合板のちがい」

shizen
f7dc17ca774d7eb126ccd6710165045b1
壁や天井には土壁や珪藻土など、調湿する素材を使います。
外壁にも火山灰からできた着色していない『そとん壁』利用し、風土にあった自然素材を選んでいます。

・珪藻土(けいそうど)
・漆喰(しっくい)
・そとん壁
・土壁のススメ

mukasi
P1020294
日本の建物の歴史は寺院や城を見てもわかる通り、とても繊細で丁寧な仕事しています。今と違って当時は便利なものや設備が整ってなかった時代だからこそ、「住む」ためにあらゆる人の知恵が絞られたのです。昔のいいものを今の時代にうまく取り入れることで、さらにいいものにし、継承したいと思います。
一番効果的と考えているのが土壁です。昔のまま利用するのではなく、現代の断熱と融合させることで、土の調湿性、蓄熱性がより活き、夏涼しく、冬暖かい家ができます。

・塗り壁はやっぱり夏・冬に快適な土壁(蓄熱性)
・土壁で夏の湿気を取り除け!!
・土壁利用でどこでも外壁に木が張れる (準防火地域、22条地域)
・土壁 荒壁の動画
・土壁の家は寒い?
・土の土間 三和土(タタキ)は省エネ
・簡単に利用できる土壁 木摺り下地
・木づり下地の上から土壁

その他にも、障子や格子、畳、木製建具も現在のものと調和させながら積極的に取り入れています。
008+_R
・障子のススメ
・格子のススメ
・通り庭・アプローチ施工例
・木製建具の大切さ
・京町家から学ぶ「通り庭」のススメ

hikari
家を明るくすることはもちろん、可能な限り冷暖房器具を当てにせず、自然の光、風を計画的に取り入れるようにしています。

・エアコンなんてイヤ 自然の風を通す
・夏と冬の日射をシュミレーションしてみた。兵庫県西宮市
・風を取り込む ウインドーキャッチャー 西宮市の家

dannetu
02
夏涼しく、冬暖かくするためには、断熱・気密は不可欠です。毎月の光熱費にも関わってくることなので、イニシャルコストとランニングコストのバランスを考え、断熱材・ガラスの性能にはこだわっています。
省エネ4等級は最低限確保するようにしています。
性能を数値化して、お施主さんに安心してもらえる提案をさせて頂いています。

・家造りの優先順位 パッシブデザイン
・Ua値・ηc値を出してみる 兵庫県西宮の家
・結露計算しました 西宮の家
・ハニカム構造・断熱ブラインドのススメ

hirogari2
IMG_4768
無駄を省いた小さな家を造っても、圧迫感のある空間になれば意味がありません。
空間は二次元だけでなく、立体的な広がり、つながり、明るさ、視覚、心理などあらゆる要素が絡み合って造られるもので、そのあらゆる要素を考慮し工夫することでな広がりのある空間を造っています。

・広がりを持たせる設計手法 視界を抜く
・LDKを開放的で居心地の良い空間にするために 高さを考える
・引き戸を解放させてワンルームとして利用できる家

kuturogi
44

お陽さまの暖かさ、そよ風の気持ちよさ、どこまでもも続く空。
室内でもは味わえない五感に響く空間でくつろぐことはこの上ない癒しになります。
座れたり、寝転んだりしながら庭の花や借景を眺めることができたら至福の時を過ごせます。
贅沢ではありますが、利便性を削ってでも心安まる空間を造りたいと思っています。

・やっぱり縁が欲しい。
・中庭に面した縁側(鰻の寝床) 西宮
・肘掛け手すり

muda
04
用途としてない廊下や見栄だけの玄関、利用のない小屋裏など、無駄なスペースは取り除くようにしています。

・必要なところに必要最低限の奥行きの収納を。
・屋根の勾配を1~2寸の低勾配をよく利用する理由
・パントリー収納は小さくても必ず設けること

niwa

外からだけでなく、家の中から庭の様子がちらほらと覗けるような仕掛けを建物の計画時からいつも心掛けて開口部を決めています。
敷地にどれだけ余裕がなくても昔の『坪庭』のように、少しのスペースに緑をいれるだけでやわらかい空間になります。
ぜひ取り入れて欲しい

・通り庭・アプローチ施工例
・雑木の庭 一日植木職人