薪と電気・ガス代との比較

大阪豊能で薪ストーブの薪を造っている方とお会いしました。

大阪梅田だから約30分。建設予定地から、車で5分。

このあたりの山には、ナラやサクラといった広葉樹が多くて、薪ストーブの薪としてナラが豊富にあるんです。

入ってびっくり。
乾燥させてるナラの木がいっぱい。

山をいくつももっているらしく、、ナラはあまり余るほどあるらしい。
o0420031512580057858
木って切りたてのころって、水分がたくさん入っているので、乾燥させないと使えないんです。
ですので、写真のように、積重ねて、約1年天然乾燥させているんです。

ナラの木が一番炎が綺麗なんですって。

ネットで見つけたナラの炎
o0420028112580062008

すばらしい。

ここで買うと一束350円なんです。ネットで調べても最低でも500円~800円はしていたので、かなりお得。

一日一束くらいは必要なので、一ヶ月は350×30=10500円 

一般家庭の真冬の家庭平均電気代が1万5千円~2万円。
暖房は薪ストーブとして、あと電気を使うとなると、照明・コンセントの使用かな。
5千円もいかないので、暖房は電気とくらべて、薪ストーブの方がランニングコストが掛からない。

薪の購入も大阪近辺なら車で30分なので、苦なく購入できる。(配達もしてくれるみたいです。(+100円))
しかも、薪ストーブに入るくらいにカットしているので、薪を割る作業もいらない。
乾燥させる手間も場所もいらない。

大阪・神戸などの阪神間でも気軽に薪ストーブを導入できますね。

住んでいる地域の木を燃やして暖をとる。
住んでいる人も薪を売る人も潤う。

木は二酸化炭素を吸収し光合成をし、排気する際も木が吸収してくれる。
ですので、自然にもやさしい。

原発に頼らなければならないこの日本の中で、このように自然な形で、皆が潤う、地産地消ができればいいことだよね。

薪ストーブお勧めですよ。 
o0420031512580081186
ナラを使って、きのこの栽培もされており、ちょっと見せてもらいました。

きのこの栽培は温度・湿度調整がむずかしいので、室内でするものだと思っていたのですが、屋外で栽培できるんですね。 勉強不足でした。

生えてるのがあったので、袋に詰めてくださいました。

優しさには癒されます。
o0420031512580085072

人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!