塗り壁は既調合品よりもオリジナルな塗り壁を職人さんに

またまた左官屋さんのところへ行ってきました。
今回はお施主さまと一緒に色んな塗り壁を見学させてもらいました。

私も既成品の塗り壁ではなく、好きな質感、色の外壁材を使ってみたいので見本を作ってもらいました。

白セメント、砂、石灰、色粉に藁すさを混ぜて、掻き落としの仕上げを作ってもらいました。
材料自体はそれほど費用がかかるわけではないので、既成品よりは材料費が安くなります。
私はその分左官屋さんの塗る技術に時間を費やして欲しいなと思っています。
色粉を混ぜて砂や土のような雰囲気に似たものもみせてもらいました。
それなら土を塗ればいいのではと思うのですが、外壁なのでできるだけ雨に強いものでその上リーズナブルにと考えてますのでセメント系を選びました。

あと、今回注目したのが、中塗りの「糊ごね」
私はよく室内に中塗り仕上げをするのですが、中塗りは中塗り土、山砂、藁に水を混ぜて塗るのですが、糊ごねは水は使わず、ふのりを使います。
中塗りと何が違うかというと、より土の表情に近い色合いがでるのと、糊を入れるので、ぼろぼろと取れることがなくとても固いです。

個人的な感想としては、中塗りよりも少し細かい割れ模様があって表情が面白いなと思いました。
ふのりを作る工程もあり、なかなか手間がかかりますが、これは使いたいです。
よく土間に玉砂利洗い出しを採用するのですが、それも色んな地域のいろんな形、色、大きさの石があって、それぞれ違った表情になるのが面白いです。
上の写真は藁を入れた土をずっと寝かしてもので、すごい粘り気のあるものでした。
黄色い袋には、淡路の黄土。キレイな黄色の土でした。
左官屋さんの仕事は土をねかしたり、混ぜたり、のりを作ったりで、料理のだしをとるのに似てると言ってました。
現在、塗り壁といったらメーカーの既調合品が主流で、袋を開けて水を混ぜて塗るだけの塗り壁が多いのだけど、昔からある左官の仕事はこの調合することも重要な仕事でこれがなくなるのは技術の衰退だなと思います。

既成品のよいところはどの左官屋さんでも同じような表情の壁ができるというところかなと思いますが、私は、お施主様の趣味やその地域の風土に合わせたり、気温湿度によって足したり引いたりして経験値からくる左官屋さんが調合した昔ながらの左官がいいなと思います。
左官屋さんの個性ある技術もみてもらいたいし。