小さな家のキッチンは家具のように造る。 

キッチンなどの設備は寿命がせいぜい15年から20年。だから設備にはこだわらず既製品のものを利用する。
今まではそういう考えでした。

しかし、小さい家だとそれではちょっと難しいことが多いんです。
というのも、キッチンありきで考えると、キッチンが空間を支配してしまうのです。
システムキッチンは一般的な長さが2550mmとか2400mmで決まっているのですが、小さい家になると微妙に2400mmを確保できない場合が多く、かといってL型を利用して長さを短縮しても微妙に合わない場合が多いのです。

空間に余裕があるお家なら、それほど影響しませんが・・・
家の間取りによって、キッチンの長さを限定させたり、ガス台とシンクを分離させて配置させたりなど、自由性が欲しいのです。

キッチンのために空間が崩れるのはちょっともったいないと思うんです。
既製品のタンスや食器棚のように、購入する家具で、せっかくの空間が圧迫されて狭苦しい家になってくるのと同じです。
家具もその家に沿ったジャストサイズの家具にすることによって限られた空間は無駄なく使え生きてきます。
キッチンも家具と同じ。

SnapCrab_NoName_2015-4-28_10-51-43_No-00
現在取り組んでいる物件のキッチンの図面を作成中です。

キッチン設備の寿命が15年から20年をどう解決するか。
寿命となる部分はガスコンロと食洗器の機械部分なので、そこを間単に取り替えれできるようにしておく。

キッチンは毎日使うところなので、機能面を充実させる必要もあり、特に引き出しは軽く、無意識に強く締めてもやわらかくしまる金物、頻繁意利用しても大丈夫な耐久性の高い金物を利用し妥協しない。

今回は金物技術の高いドイツのハーフェレー社のものを使う予定にしています。
また後日詳しいお話をします。

家具はいいものは一生ものといわれているように、いい金物をを使うことで、ガスコンロ、食洗器などを何回も取り替えメンテナンスしながらずっと使えます。
そうなると、丸々システムキッチンを入れけるよりもランニングコストは削減できます。

キッチン本体の金額も建具でよく利用するシナを使えば大工さんでも気軽に造れるため、一般的なキッチンと同じくらいでできそうで、結局、あれやこれやオプションをつけたシステムキッチンよりも安くなるのではと思っています。

それなら造りつけのキッチン家具がいい。

キッチンの収納はとても量も種類も多く、主婦の方によって使い勝手が違うので、奥様と相談しながら収納を決めていってます。
毎日料理をされる奥様ですので、細かいことまでよくご存知です(笑)
今回の西宮の家では、シンクとガス台とは分離していて、対面にあり、洗物、カット、調理、配膳しやすいように計画しています。
また、使い勝手の悪い吊戸棚を利用しないように、収納力を高めてます。

楽しみにしてください。