キッチンとダイニングを一体にする

前からこのブログを書きたかったのですがしばらく書けずにうっかり忘れてました。 写真を見てもらうと、わかりやすいのでまずは写真を。 御津の家 この住まいはご夫婦、お子様3人の計5人の住まいです。 核家族としては多い方だと思 … 続きを読む

土間の必要性

04

土間という存在。 昔の家は農機具や漁具などを気軽に置けたり、調理で竈などで火を利用したこともあり、土間の存在はとても大きかったのかなと思います。 現在の一般的な家の土間といえば、玄関土間だけが存続しています。 玄関の靴を … 続きを読む

格子のススメ

昔の家、特に京都の町家によく見ることができる格子。 窓先に取りつけたり、装飾的な効果もあるため欄間や襖、障子等の内部建具にも付けられていました。 でも、最近ではあまり見かけなくなりました。 なんでだろ??手間暇がかかるか … 続きを読む

坪庭のススメ

以前に休日に訪れた長屋の中にある坪庭の写真です。 干し柿ともみじの色合いがとてもいい感じでした。 やっぱり自然の色に勝るものはないですね。 坪庭は最近あまり見かけなくなりましたよね。 日本では特に京都で、何百年前から町屋 … 続きを読む

柔軟な家づくり「動く収納壁」

以前、長く快適に暮らすためには、「構造骨組みを頑丈にすること」や「室内環境を快適にすること」とお話しました。 そういったハード面はとても重要なことなのですが、それ以外にも、家族構成の変化や子供の成長に、順応できることも必 … 続きを読む

機能美

こんにちは、水谷です。 建物の話をしていると、よく、「昔の物や和風好き」と思われがちなんですが、実はそうでもないんです。 北欧の建物も好きですし、フランスにあるような白壁のカフェとかにもよく行きます。 みなさんも、おしゃ … 続きを読む

自分らしい家

もし私が自邸を建てるなら、どんな家がいいのかちょっと考えてみました。 私は、昔から建築家の増沢洵さんの自邸の9坪ハウス(9坪といっても建坪で1階が9坪、2階が吹き抜けを除いて6坪の計15坪の家です。)に憧れていました。 … 続きを読む

通り庭・アプローチ施工例

私が手掛けた、「通り庭」「玄関アプローチ」の写真をお見せしたいと思います。 「茶室のある住まい」 通り庭 下の写真はご夫婦、子供2人の家族4人、2階建て54坪の住まいです。お施主さんが趣味でお茶の先生をしていてることもあ … 続きを読む

障子のススメ

こんにちは、水谷です。 今回ご紹介するのは先人の知恵「障子」。   ガラスは壁と比べて熱を伝えやすいので、ガラス面が多くなればなるほど、断熱性は低下します。 しかし、窓は風通しや日射など、周囲の自然環境を取り入れるために … 続きを読む

京町家から学ぶ「通り庭」のススメ

今回は、私がよく取り入れる「通り庭」をご紹介します 「通り庭」って、ご存じですか? 通り庭は、京都の町家で見ることができ、玄関から裏庭までの土間の部分のことをさします。(間取り図参照) 京都の町家は、「ウナギの寝床」と表 … 続きを読む