復興支援・住宅エコポイント

エコポイント復活です。 といっても、ちょっと違う形です。 補助を受けれる内容は主に省エネ・バリアフリー・耐震で前とあまり変わっていません。 詳しくは、新築・リフォーム。 ポイントについては、下記のようになっています。 発 … 続きを読む

簡単に木の家を暖かくする方法

寒いのが苦手ではないですか? 昔の家は今の家と比べると、 断熱材自体全く入っていない 外部に面する壁が隙間が多いため冷気がよく入る ガラスも一重のため外部の冷たい熱を室内に伝わりやすい。 それでは寒いのは当然です。 断熱 … 続きを読む

庇って大事

夏、高い外気温を室内に伝えないようにするためには屋根、壁の断熱性能を上げることが有効なのですが、それだけではなく、きつい日射による熱が、窓ガラスを素通りして、室内の床や壁などを熱して室温を上げてしまいます。 この日射によ … 続きを読む

暑さ対策「ブラインド、ルーバー」

夏のきつい日射し対策として、南の窓は庇が有効とお話しましたが、東や西の窓は庇だけでは日射しは防げないんです。 太陽は半円を描くように東から昇って、南へ向かい、そして西へ沈みます。 想像できるかな? 南に太陽があるときは、 … 続きを読む

結露

こんにちは、水谷です。 前回は、断熱・気密をしっかりすることで、「夏涼しく、冬暖かくなる」とお話しました。 じつは、室内環境以外にも、断熱・気密をしなければいけない理由があるのです。 それは「結露」です。 そもそも結露と … 続きを読む

(続)断熱・気密のはなし

こんにちは、水谷です。 今回は以前お話した「家の中は夏暑く、冬寒いのはなぜ」「断熱・気密は高いほうがいいの?」の続きを書きますね。 そもそも、断熱・気密とは何か? 夏と冬を一緒に考えるとちょっと分かりにくくなるので、今回 … 続きを読む

断熱・気密は高いほうがいいの?

「断熱・気密のきちんとした家」どういうイメージをお持ちですか? たぶん、自然志向が強い人ほど、「気密」という言葉から「窓を閉め切って、クーラーやストーブに依存する、閉鎖的な家」だと思うのではないでしょうか? 私もはじめは … 続きを読む

家の中は「夏暑く、冬寒い」のはなぜ?

家の中は「夏暑く、冬寒い」とよく耳にしますが、それはなぜなのでしょうか? それは、建物の性能に問題があるのです。 日本は四季の変化に富んだ国であり、だからこそ、花見や紅葉刈り、雪まつりといった奥ゆかしい文化が生まれてきま … 続きを読む

2 / 212