地味だけど苦労する敷地図面

当然家を建てるにあたって、敷地がどこからどこまでが自分の敷地なのか、長さや面積がいくらなのかをシビヤに把握し、図面に落とし込むことは必須なのですが、 家を計画する初の段階ではあいまいなところがけっこうが多いです。はじめか … 続きを読む

スケッチアップで確認

計画する際にはスケッチアップで空間を確認しています。 柱や梁などの構造骨組も描いていますので、描きながらどこに力がかかりそうかが何となく把握できるのでプラン段階からも構造を確認できます。 負担が大きい柱や梁はないか3Dな … 続きを読む