四日市の家 左官屋さんと打ち合わせ

最近何かと遅れ気味でバタバタとさせて頂いていて、ブログ更新もさぼり気味ですが、現場の進行状況を記録としてもまめにUPしていかなければと反省してます。

先日、進行中の四日市の家の現場に行ってきました。

今回、外壁・内壁ともに特徴のある左官仕上げとする予定で、現場で左官屋さんと打ち合わせしてきました。
外壁は石灰、中塗り土、スサ、白セメント、砂など調合して掻き落とししてもらう予定で、どんな感じになるか今からとても楽しみです。

あと中はいつもの中塗り仕上げにするのですが、少し塗り方、仕上げ方を変えてみてもおもしろいのかなと思っています。

現場は着々と進んでました。
天井断熱も防湿シートを連続させるため、配線スペースを確保し、天井下地上で断熱材を入れてくれてました。

勾配天井の断熱は外張り断熱とした上で、内部にも袋入りの断熱を入れました。私にしてはハイスペックです。ケースバイケースですね。

住まいの特徴として、全体的に高さをぐっとおさえて、重心を下げ絞っているので、うまく切り取れて庭に向かってきれい映ることを期待していますが、下地の状態からでもいい感じなのがわかります。
下の写真は玄関の中からポーチを見てるものですが、天井には杉板を張り、すっーと通ってみえる予定で、仕上がるとなんとなく伝わると思うので、また楽しみにしてください。