大きくすることの罠

家づくりでお客さんと間取りの話になるとたいてい面積は大きくなる方向へいってしまいます。

狭いことの恐怖心が大きいのかもしれませんが、
もし・・・を考えるあまりどんどん色んなものが大きくなってきます。

あるあるなので安心してくださいね(笑)
昔の家のように、大きな玄関があって、畳の連続の間が住んでる人数より多かったりで・・・
それが今になってとても問題になってきてるんです。

もしもを想定し、大きくした家が日時が経過すると共に人も少なくなり、想定して余らせて作った以上により使わず余ってしまっているのです。
そしてやっかいなことが、余った部屋があるからものは相変わらず増える一方なんです。

家族がいるスペースは決まった場所にかたまり、それ以外は物置になるといった感じです。
頭が痛い話です・・・

その家をリーフォームするにしても全体の面積が大きいため、莫大なリフォーム費用が発生してしまうのです。
減築するにしても減らすことだけでも費用はかかってくるのです。

ですので、手がだせない状況になってしまうのです。
古民家リフォームはそこが一番ネックになっているところです。

大きくすることで、
・掃除が大変
・コストも掛り、決まった予算があるので質を下げることになる
・モノがあふれかえる
・後に何かしようと持ってもなにかとコストが掛かる
・固定資産税も大きい
・解体時にコストがかかる

実はいいことって一つもないんですよ。

大きくしたくなるお気持は理解してるつもりです。

ガイドブックにもかきましたが、
方法として、
もしも・・・を切り放せない場合は
「多用途にしておくこと」が大事かなと思います。

普段にもしっかり使って、もしもの時にも建具の開閉で利用できるようにしておく
(メインのリビングを少し小さくして付随してサブリビングを設け普段使いし、お客さんが来たら建具を閉めて利用してもらう)
年に1、2度の親戚がくるくらいなので、思い切ってリビングで一日くらい寝よっかなど多少の開き直りも必要です(笑)

あと、固定概念を捨てるこということ。
何畳欲しいではなく、そこに何を置き、何をするスペースがいるか、そのためにどのくらいの空間がいるかを図る。
余はいらないのです。
おそらく、その明確な答えがないために余を造りたくなるってことなんですが、それを曖昧にしておくと思っている以上に代償が大きいです。

予算が合わなければ、限りなく小さくして 空間の質>面積とするべきです。

極端な話、
玄関も靴が脱げればいい大きさ(あとちょっとした収納)
リビングもダイニングと兼用すればいい。
キッチンにカウンターを設けてキッチンとダイニングを一緒にしてテーブルを置かないようにしてもいい。
個室はベットと机を置けるだけのスペースでいい。

などなど、小さくすることは結構簡単にできるんですよ。

カテゴリー: BLOG