畳の間のにじり口風の開口部

にじり口とは、わかりやすくいうと茶室のお客さんが利用する小さな出入口。
高さが2尺3寸 約697mmで幅は2尺一寸 約636mm。

にじり口の説明は省略して・・・

畳の間から見える庭を楽しみたい。
座った時から見える切り取った下草の庭を楽しみたい。

そんなときに
にじり口のような、頭が少し出せるくらいの高さ約900~1300mmくらいの開口を設けるのが好きなんです。

そもそも、畳の間は座るとこ。ずっと立っていることはないです。
座った時の目線は板の間と比べると椅子の高さ分は低いのです。
ですので、板間と畳の間の建具の高さ(外建具)は違うのが当然なのです。
和室から外の庭を鑑賞する際は、やはり座った時の目線を意識しないといけません。
意味なく大きくすると見えたくない生活感あるものが見えてしまいますので、雰囲気が台無しになってしまいます。キレイな切り絵のように絞ってあげるのです。

こんな感じです。アップの写真なのでスケール感がわからないかもしれませんので下の写真を見てください。
洋間の開口部よりも低いでしょ。こうしてあげると、和室は雰囲気もでて落ち着きます。
下の写真は御津の家のものですが、これはにじり口よりもくぐり戸のような感じですが・・・
サッシの引違い窓を利用して、片引き込み戸にしています。
全開口した戸の下の腰掛けに座り、そとの景色を感じることができます。

和室は座ることを意識して開口部の高さを決めるといいですよ。

いかがですか?

カテゴリー: BLOG