御津の家

■設計主旨
北は山地、南は瀬戸内海に面した自然豊かな兵庫県たつの市。
広大な田園風景の広がるこの地に、小さな三人のお子さんを含む家族五人の住まいを計画しました。
土地は施主がお祖父様から譲り受けた畑付きの374平米。
施主にとって思い出深い祖父母の家の面影を残しつつ、現代の生活様式にも合う「新古折衷」を意識しました。
最小限の室数で全体的にコンパクトながら、ロフトや読書空間等共用部分を充実させ、家族のふれあう時間が自然に生まれる造りに。
子ども達も元気に走り回れる回遊性のある間取りと、風や光に親しめるデザイ
ンで小ささを忘れさせます。緑や月見台では、自然の豊かさを深く味わえます。各々違う眺めを楽しめる、窓付きの腰掛けも所々に設けました。
素材は土と木を中心に、美しい風景の中に昔から在るかのような佇まいを目指しました。
ご家族揃って初めての本格的な田舎暮らしが、快適で愛おしいものになればと願っています。

建築地   兵庫県たつの市
家族構成  ご夫婦、子供3人
用途地域  市街化調整区域
構造規模  木造在来軸組2階建て
敷地面積  374.33㎡(113.23坪)
延床面積  107.65㎡(32.56坪) 『1階86.12㎡(26.05坪)2階21.53㎡(6.51坪)』
施工    山下木造建築店
<主な仕上げ>
構造材   三重県熊野材
造作材   三重県熊野材
床材    三重県熊野材 杉赤勝ち210mm幅、30mm厚
屋根    ガルバリウム鋼板縦はぜ葺き
外壁    そとん壁
内壁    土壁中塗り仕上げ
天井    杉垂木構造現し

➔進行時のブログ