畳の寝室

寝室は当たり前のことなのですが、寝るところ。
勉強したり、遊んだりする子供室とまた違ってご夫婦共、昼間に寝室にいることは少ない。
おそらく、リビングかダイニングか奥様だとキッチンにいるか。

そう考えると昼の日当たりを期待する位置に置かなくてもいいと思う。
南に面する必要もなく、できれば朝日が入る東に面してるといいかなという具合です。

また、寝るとなると窓が大きいと落ちつかない。
寝室はできるだけ落ち着きのある雰囲気を作ることを心かけています。

少し薄暗い篭れる空間が意識して作っています。

たつの市の御津の家の寝室は
壁・天井を土で包んだ土蔵のような・・・
南東の角に配置させているが、窓は小さく取っています。
東は朝日を少し期待してるのですが、南は主に借景や庭を鑑賞するために設けました。
また、障子を利用し、より篭れる雰囲気を作っています。

畳を利用することによって、床座スタイルとして、天井も低く、重心を下げることでより囲まれた感を出しています。

この南には作りつけの机兼外を眺める腰掛として作りました。

素朴で落ち着いた空間こそよく寝れるんじゃないかと思いますが、いかがですか?

カテゴリー: BLOG