引き違いサッシを利用して全開口

すばらしい景観をより良く眺めるためには、窓はとても大切だと考えていて、室内からできるだけ無機質なものがうつらないようにと思っているのですが・・・
そのためにも、自然の素材である木製建具を使いたいのですが、コストや性能を考えると、1か所2か所しかつかえない。
アルミサッシを使う選択になるのですが。

あと、建具を全開口すると、この上なく気持ちいいんです。
全開口にするためにも、既成品はない(大きいサッシなら全開口サッシあります)ので、造作で全開口の木製建具を造ることが多いのです。
サッシだと、2枚の建具(引き違い窓)はどちらか一方へ開けることになるので、建具の存在はなくなることはありません。
全開口して建具を収納してしまえば、建物と外の風景との障害が何もない。
とても気持ちいいんですが・・・

今回、納まりを検討しアルミサッシ(引き違い窓)を利用して全開口窓にしてみました。
あと、サッシの枠をできるだけ見えないように工夫しました。


いかがですか?
なかなかでしょ(笑)