やっぱり中塗り仕上げ 御津の家 現場確認

今日、兵庫県たつの市御津の家現場確認してきました。
内部の土壁中塗り仕上げが完了してました。
この左官屋さん私が工務店で勤めてる時の現場監督時代からのお付き合いで、現場でのあまりにも美しい鏝の動きと仕上がりを見て、感動したのを昨日のことのように思い出します。
独立しても、色んな工務店さんに工事してもらっても、遠方でもいつも左官屋さんは引っ張ってきてるんですが、今回仕上がりを見て改めて感動しました。
もうすぐ引退するからって言われてるんですが、この技術は継承してほしいなと思います。
鏝で押さえて仕上げてるって思えないほど、むらがない。
日本古来からの家づくりの技術って、大工さんもそうだけど、仕事の苦労の跡を残さない、「見えない美」がかっこいいなと思います。
今は調合された既成品の塗り材料を塗るだけが増えてるなか、土壁の中塗り仕上げは中塗りの土、藁、砂、水を現場で気候に合わせて、長年の感で調合してくれてます。
土壁のような色の塗り壁も使ったことありますが、やっぱり一番自然な風合いになるのは中塗り仕上げだなと思いました。
少し脆いですが、そこが気にならなければ土壁はちょーお勧めです。

下の写真は寝室で、床は畳、壁、天井共に土壁の中塗り仕上げです。土に囲まれた空間は落ち着きのある雰囲気になってます。気持ち良く寝れるんじゃないかなと思います。
開口部廻りの塗りはちょっと難しい納まりになっているのですがとてもキレイに塗ってくれてました。

そして仕上がりが進むにつれて、大工さんの丁寧な仕事が際立ってきています。

今日現場に来て、本当にいい家になったなと思いました。
自画自賛してるわけではないです。職人さんの技術はやっぱり凄いなと思った一日でした。

2/18.19完成見学会します。
土壁の仕上げや大工さんの仕事を見るだけでも価値があると思います。
是非お気軽にご参加ください。