スケッチアップで構造骨組を組む

以前までは頭の中で柱や梁を組んで図面を構造伏図を描いていたのですが、最近3Dのスケッチアップで立体的に組み立てて考えるようにしてます。
SnapCrab_NoName_2016-2-3_20-15-19_No-00

実際に建てる時と同じように、土台、1階柱、1階梁、2階柱、小屋梁、垂木の順番で組み立てるのですが、どこに柱が必要で、どこが納まりにくいとか、力が集中しやすいところなども目で見て描きながら理解ができるので便利です。

特に重宝しているのは、外観の全体的なバランスを見ることができる点です。

可能な限り高さ的にも無駄なスペースを設けず、昔のように軒が低く、落ち着いた佇まいにしたいので、梁や柱の高さ、勾配を色々と変化しながら、階高を決めています。

sk1
垂木が連なっている軒裏を見るとテンションが上がります。
屋根の勾配はやっぱりゆるやかに登っているほうがかっこいいし空間に無駄がない。

お施主様にとっても平面図だけで建物をイメージすることは難しので、このようにざっくりと描いたスケッチアップで確認してもらっています。

カテゴリー: BLOG