自然熱利用パッシブソーラー「そよ風」

昨日は京都まで、自然熱を利用するパッシブソーラー「そよ風」の施工現場を見学しました。

「そよ風」って?
冬の場合、軒先から空気を集熱して、棟付近まで上昇させ、ダクトを通じて床下の蓄熱コンクリートに流し、冷えた夜に暖かい空気が室内に放熱される仕組みです。
夏の場合は集熱した熱を給湯器に利用したり、屋根面を換気しながら暖かい空気を放出することで熱がこもらないようにする仕組みです。
動力を利用して、機械的に利用するソーラではないので、より自然に優しく省エネです。

winter_noonsummer_circle
太陽エネルギーを利用して、暖房、熱利用、換気をする。
土壁の家に組み込ませて、使えそう。

夏は土の吸湿・通風。
冬は太陽熱利用し、床下のコンクリート・壁の土で蓄熱させて寒い夜に暖かい空気が流れるように。

ゼロエネルギー。

いい試みかも。

見学会のあとは、懇親会に出席して色んな方のお話が聞けて勉強になりました。

カテゴリー: BLOG