家具は家にとって大事

今日は同じように国産材を使った家造りをされているMUKさんの新築完成見学会に行ってきました。

ここに住んだら楽しいだろうなと思える、設計士さんの想いがこもったいいお家でした。
とてもいい刺激を受けました。
o0420031512925786840
あと家具がよかった。家具が家を引き立てていて、ちょっと贅沢でおしゃれな空間になってました。
最近感じることなのですが、家具ってとても大事だなと思います。
家がとても引き締まります。

構造材や床材には杉や桧のような針葉樹と違った、広葉樹の家具を入れると木目も色合いも違うので、華やかになり、また後の色合いも楽しみの一つになります。

見た目の華やかさだけでなく、何を入れるかを考慮した使い勝手のよい収納、空間にあった形、コンパクトにまとめることによっての無駄のない有効なスペース利用、TVボードなどは腰掛けとしての利用も兼ねた多用途利用など、メリットはとても多いことがわかりました。

今回見学させて頂いたお家はキッチン、キッチン前の配膳台、食器棚が家具として造られていました。
o0420031512925788173o0420031512925790088
部屋の壁や枠(幅木)のラインに沿って家具を造ってらっしゃるので、空間の統一感があり、キッチン配膳台、食器棚も同じデザインなのでいい感じでした。

キッチンといえばシステムキッチンを選ぶことが主流だと思いますが、家具として造ると、食器棚と配膳台との統一感もでます。
o0420031512925788174
また無機質感がないので、食材がより新鮮にみえるような気もするし、料理の造り甲斐もありそう。まな板の木もまたいい。

木のキッチンって高そうに思うかもしれませんけど、仕様がちょっといいシステムキッチンと比べると変わりません。70万~100万くらいでできたりします。

今回のキッチンの天板はステンレスですが、システムキッチンでもよくあるヘアライン仕上げではなく、汚れが目立ちにくいバイブレーション仕上げ。

このステンの質感結構かっこいい。
o0420031512925791905
引き出しなのの金物もいいものを使っているので、長持ちしそう。見た目のこっちの方がいい感じがします。

今回見させて頂いた家具はoguma さんが製作したもの。
ogumaさんの大橋くんとはフットサル仲間でもあります(^-^)

今度製作所見に行こーと思います。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!

カテゴリー: BLOG