吉野の製材所に行ってきました

今日、吉野の製材所に行く予定にしてたのですが、朝早くに「こっちはかなり雪降ってますよ」と電話。

大阪は寒かったものの、雪は降っておらず、まあ大丈夫だろうと車を進めたのですが・・・

吉野はこの冬一番の大雪。チェーンもなく、スタッドレスもはいていない車だったけど、行けるところまで行くことに。

ところで、雪山はほんと美しかった。

あっという間に製材所到着。結構いけるもんだな。

ここの製材所は決して大きくはなけど、とても誠実。
担当の若い青年は親切で、やる気に満ちてる感じがいつも清々しい。

ここは、主に無垢板のフローリングを扱っているのですが、吉野ならではの艶があってとても綺麗。
しかも木の乾燥がしっかり出来ています。

乾燥?

木は伐採した際はとても多くの水分を含んでいて、その水分を含んだままでは、家づくりに使うことはできません。
生活の場の環境に適合するように、製材した木を乾燥機にかけて乾燥させる必要があるのです。

乾燥がしっかりできていないと、生活した際に、板が収縮し、動いてしまいます。

ましてや、床暖房をするとなれば、部屋は過乾燥になるため、普通よりもさらに乾燥された板が必要になってきます。

ここの材は厚さ30mmの杉のフローリングで含水率12%。かなり優秀なんです。
床暖房のフローリングとして充分使えます。

桧も綺麗でした。