家づくりを始める前にして欲しいこと

家づくりを取り組む際に「住まいのカルテ」というものをお渡しして、ご希望を書いてもらうようにしてます。
その中で「家づくりでこだわらない点を5つあげてください」という項目があります。
DSCN3743
この項目に対して何書いていいかわからないと大抵の方は仰ります。
今から希望をもって家づくりを取り組むのに、やりたいことは考えていてもどっちでもいい部分を考える発想に至らないで何書いていいかわからないのは当然のことです。
しかし、この5つのこだわらない点が家づくりを進めていく中で最も大事になってくるのです。

予算や土地に限りがある以上、溢れるばかりの希望をすべて満たすことは難しいのです。
予算や大きさなどを想定して、希望を持てるのであればいいのですが、家づくりの経験がない皆さんには至難の技なんです。
希望だけで事を進めていくと、無理やり押し込んだそれなりの家づくりしかできません。
ですから取り組む前の今に一歩引いてものを考えておく必要があるのです。

私が勧めるこだわらないところは「大きさ」です
以前から「小さい家いい」とお話ししていますが、「小さい」「大きさ」といった尺にこだわっているのではなく、無駄を徹底的に省くということなんです。
「断捨離(だんしゃり)」という言葉はご存知でしょうか。
「必要のないものを断ち、捨てて、執着することから離れる」という意味を表す整理法の一つです。

それは家を倉庫化しないといことだけでなく、ライフスタイルの価値観をどこに置くかを整理することも必要なことだと思います。
家づくりを機に家族だけでなく個人としての目指すライフスタイルに一歩でも近づけるチャンスの時だと思うのです。

■こだわらないところ
・納戸は大きいものを入れるための1帖分だけにする。あとの収納は必要なところに最小限の大きさにする。
・寝室は2つベットと机が収まる大きさでいい。
・子供室も1つのベットと机が収まる大きさでいい。
・設備類(便器、浴室)は最新のものでなくても使えればいい
・玄関は小さくてもいい(靴や傘などの収納は充
実したい)

■実現したいこと
・無垢板、塗り壁など素材にはこだわりたい
・外壁はメンテを考えていいものを使いたい
・断熱材・サッシは毎月の光熱費を節約したいので性能が高いものを使いたい
・庭に面した開口部は全開口の木製建具を使いたい
・縁や庭などゆとりの空間が欲しい
・家のサイズにぴったりのテーブルやTVボード、座り心地のいい椅子が欲しい

これはもし私が自邸を考えるのであればの一例です。

こだわらないところがあればあるほど、したいことがより充実したものになるのです。
これから家づくり考えてる方へ。

こだわらない点を5つ見つけてください。見つかるといい家づくりに一歩近づきます。
人気ブログランキングへ ← こちらをクリックしてランクアップにご協力下さい!